16.4 C
ブリュッセル
6月(日曜日)23、2024
科学技術考古学トルコの考古学者が最古の布片を発見

トルコの考古学者が最古の布片を発見

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

約9年前に現在のトルコの領土に設立されたチャタル・フユク市で、考古学者らが化石化した布片を発見した。

それ以前は、専門家らは、この国の住民は布地の生産に羊毛や亜麻を使用していたと信じていた。 この研究は、この物質が非常に異なる構造を持っていることを示している、とPhys.orgは書いている。

古代都市の発掘調査は 2017 年に終了しました。その後、考古学者はさらにいくつかの古代の資料を発見しました。 その結果、科学者らは彼らの年齢が約8500~8700歳であることを発見した。

  研究 生地の制作は、ノルウェー大学で働くリサ・ベンダー・ヨルゲンセンとベルン大学のアントワネット・ラック・アイヒャーから依頼されました。 約9年前、新石器時代の代表者たちは自分たちの衣服を作るために特別な繊維を使用しました。 これは専門家による材料の分析によって示された結果です。

発掘現場で見つかったこれらのサンプルはオークの繊維から作られていました。 この織物が今日まで生き残っている世界最古のものであることを示していると考えられています。

この繊維は、オーク、ヤナギ、シナノキなどの木と樹皮の間に含まれています。 木材は家を建てるのに使用され、繊維は非常に丈夫で信頼性の高い衣服の製造に使用されました。

研究者らはまた、原住民は亜麻を栽培しておらず、他の都市からリネン素材を持ち込んでいなかったと付け加えた。 彼らは手元にあるリソースのみを使用しました。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-