8.7 C
ブリュッセル
4月の金曜日、19、2024
ニュース中国は友好大使であるパンダをすべて帰国させている...

中国は米国から友好大使のパンダをすべて帰国させている

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ペタルグラマティコフ
ペタルグラマティコフhttps://europeantimes.news
ペタル・グラマティコフ博士は、編集長兼ディレクターです。 The European Times. 彼はブルガリア記者連合のメンバーです。 グラマティコフ博士は、ブルガリアのさまざまな高等教育機関で 20 年以上の学術経験があります。 彼はまた、新宗教運動の法的枠組み、信教の自由と自己決定、国家と教会の関係に特別な焦点が当てられている宗教法における国際法の適用に関連する理論的問題に関連する講義を調べました。 -民族国家。 グラマティコフ博士は、専門的および学術的な経験に加えて、10 年以上のメディア経験があり、観光の季刊誌「Club Orpheus」誌 - 「ORPHEUS CLUB Wellness」PLC、プロヴディフの編集者としての地位を占めています。 ブルガリア国営テレビの聴覚障害者のための専門ルーブリックの宗教講義のコンサルタントおよび著者であり、スイスのジュネーブにある国連事務所の「Help the Needy」公共新聞のジャーナリストとして認定されています。

世界中のすべてのパンダは中国に属しているが、中国政府は1984年から動物を外国にリースしている。

中国外務省の毛寧報道官は会見で、ワシントン動物園のジャイアントパンダ3頭が予定通り昨年12月に中国に戻ると述べた。

同氏は、この動きはいわゆるパンダ外交の下で悪化している米中関係を反映しているのかとの質問を受けた。

「ジャイアントパンダは中国の国宝であるだけでなく、世界中の人々に歓迎され愛されており、友好の大使であり架け橋とも言えます。」 <…>我々は、絶滅危惧種保護の分野における協力を強化するために、米国を含むパートナーと引き続き協力する用意がある」と毛寧氏は述べた。

ブルームバーグによると、アトランタ、サンディエゴ、メンフィスの動物園はすでにパンダを返還したか、来年末までに返還する予定だという。 そうすればすべてのパンダが米国から出国することになる。

2003月、中国政府はXNUMX年に友好大使として米国に派遣されたパンダのヤーヤーをメンフィス動物園から引き取った。

同動物園は2022年20月にヤーヤーを中国に返還し、XNUMX年間にわたる共同研究に終止符を打つと発表した。

XNUMX月、中国の専門家はパンダが脱毛を引き起こす皮膚病を患っていることを発見したが、パンダの全体的な健康状態は正常だった。

世界中のすべてのパンダは中国に属しているが、中国政府は1984年から動物を外国にリースしている。

中国が外国との関係を改善するために利用するこのパブリック・ディプロマシーの手段はパンダ外交と呼ばれている。

パンダ帰国の非政治的な理由の中には、パンダが中国に帰らなければならない年齢に達しつつあることも挙げられる。新型コロナウイルスのパンデミックにより、一部の動物の出国が延期されなければならなかったと当局は指摘した。

さらに、野生のパンダの個体数が回復し始め、2021万頭に達したため、1.8年に中国当局はパンダの保護状況を「絶滅危惧種」から「絶滅危惧種」に引き下げた。

中国はすでに独自の国立公園ネットワークを構築しており、繁殖や保護のために動物を海外に送る必要がなくなる可能性があると記事は述べた。

この問題に関するジョー・バイデン米大統領政権の調査結果に詳しいブルームバーグ情報筋は、ワシントン動物園の動物が中国に渡る前に、ワシントンはパンダのリースについて中国政府と協議する予定だと述べた。

ワシントンの中国大使館のリウ・ペングー報道官は、両国は「ジャイアントパンダの保護と研究の分野での将来の協力について話し合っている」と述べた。

さらなる交渉の見通しについて尋ねられた国務省報道官は、パンダ協定は政府間ではなく、国立動物園と中国野生生物保護協会の間で締結されたものであると述べた。

同氏は、これまでの協力は「双方の善意の表れ」であると強調した。

パンダのメイシャンとティアン・ティアンは、同動物園と中国野生動物協会との協定の一環として、2000年にワシントン動物園にやって来た。

このつがいは研究と繁殖プログラムのためにXNUMX年間滞在する予定だったが、中国との協定は数回延長された。

21年2020月2023日、夫婦はシャオ・チー・ジという名の雄の赤ちゃんを出産し、同年動物園はXNUMX頭すべてのパンダをXNUMX年末まで飼育するためのさらにXNUMX年間の延長契約に署名したと発表した。

Diana Silaraja による実例写真: https://www.pexels.com/photo/photo-of-panda-and-cub-playing-1661535/

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-