10.4 C
ブリュッセル
4月(火曜日)23、2024
宗教キリスト教北マケドニアの教会の現状を示す大規模調査

北マケドニアの教会の現状を示す大規模調査

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

先週、国際機関「イコモス・マケドニア」による研究報告が北マケドニアで発表され、同国の教会と修道院の現状に関する研究が発表された。専門家による707の教会の調査は、「正教会の文化遺産のモニタリング」プロジェクトの枠組みの中で行われている。すべての寺院の現状、直面するリスク、問題を克服するための具体的なアドバイスが明らかになりました。

「正教文化遺産のモニタリング」は、国際記念物遺跡会議イコモスマケドニア国内委員会が実施するプロジェクトです。これは、聖マケドニアにおける不動の正教文化遺産の保存、保存、保護の状況を監視し、評価することを目的とした大規模なプロジェクトであり、コミュニティ遺産文書化イニシアチブの一環として米国国務省の文化遺産センターによって全面的に支援されています。このプロジェクトは、マケドニア正教会オフリド大司教区と提携して実施されます。

昨年、この組織の専門家チームが国内の 8 つの教区すべてを訪問して教会の建物の状態を評価し、各建物について、その場所、いつ、誰によって建てられたかについての詳細な報告書が出版されました。また、それがどのような状態にあるのか。

たとえば、寺院「St.マトカ近くのアンドレイ教会(14 世紀)は、内部の水の流れによって脅かされていると言われています。「教会の西側は山の斜面に接しており、建物のすぐ近くにあります。雨が降ると建物内に水が流れ、内部自体の毛細管湿気に関連した問題が発生します…湿気の存在と不適切な家具により、内部が損傷する危険性があります。」

この国で最も有名な教会であるオフリドのアヤソフィアについて、報告書は、建物が除去されていない植生によって損傷を受けていると述べている。教会の四方の壁や屋根には植物が生い茂っています。」

修道院についてナウム」の専門家は、信者のために身廊に置かれた椅子がフレスコ画を破壊するので触れないよう警告している。 「椅子を壁画から分離し、可能であれば特定の椅子を撤去する必要があります。金属(板金)の天蓋も撤去し、キャンドルを灯すエリアにより適した解決策を見つける必要がある」と勧告には書かれている。

有名な教会「St.オフリド湖畔にある「神学者カネオ」は、施設の損傷について警告している。「内部の電気設備や照明は時代遅れで、教会の西側の入り口の上には不適切なブラケットが設置されている。」

専門家は、聖ヨハネ修道院内でキャンドルに火を灯すことを推奨しています。クリヴァ・パランカの「ヨアキム・オソゴフスキー」は、壁画のある教会の外にこの目的のための場所を確保することで禁止される。

スコピエ教会「聖ヨハネ教会」に対して特別警報が発令されました。ディミタル」、ヴァルダル川の北、ストーンブリッジの近く。 「北壁の中央上部、扇風機が設置されている開口部に水が流れ込んでいるのが見られ、フレスコ画に悪影響を及ぼしています。回廊の柱頭にわずかな損傷があります。内部に露出した設備、電気、暖房、冷房が絡み合っており、火災の危険性がある」とこの教会の建物に関する報告書は警告している。

有名な修道院「聖ペテロ」についてガブリイル・レスノフスキー」は、寺院の高層部、つまり金庫室のドーム空間の真下にある身廊の絵画がほぼ完全に失われ、回復不能になったと書いている。同投稿では、「最大の問題である屋根の雨漏りが止まらなければ、壁画の他の部分が失われる恐れがあり、壁画が完全に失われるか、少なくとも重大な損害が発生する可能性がある」としている。

修道院「St.スコピエ近郊のゴルノ・ネレジにある「パンテレイモン」では、教会のファサードの4つの壁に、鉛の側溝からの雨水の流入によって生じた黒い垂直の地衣類の痕跡が見られると専門家が警告している。

イコモス マケドニアは複数の専門家からなる組織であり、文化遺産保存の分野における世界最大の専門非政府組織であるパリに本拠を置くイコモス国際委員会の一員です。

マケドニア国際記念物遺跡会議イコモス国内委員会(略称イコモスマケドニア)は、パリに本拠を置く国際記念碑遺跡評議会イコモスのメンバーです。イコモスは、文化遺産の保護と保存の分野における世界最大の専門的非政府組織です。イコモスの関心の焦点は、建築および考古学遺産の保存のための理論、方法論、科学的技術の応用の促進です。世界中で、イコモスには 11,000 か国の 151 人近くの個人会員がいます。機関会員300名。 110 の国内委員会 (イコモス マケドニアを含む) と 28 の国際科学委員会があります。イコモス・マケドニアの詳細については、公式ウェブサイトをご覧ください。

写真: 聖ペトカ修道院 – 北マケドニア、ヴェルゴシュティ/オフリド

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-