9.2 C
ブリュッセル
2月(水曜日)28、2024
宗教キリスト教聖地におけるキリスト教徒の存在の危険、避難、嫌がらせ

聖地におけるキリスト教徒の存在の危険、避難、嫌がらせ

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

キリスト教徒の存在が危機に瀕しており、ガザ北部の住民の大多数が避難民となっており、キリスト教徒の施設も標的にされている。

イスラエル軍がハマス排除のためガザ市へさらに進軍する中、北部領土から逃れるガザ人の流出が拡大する中、同地域でキリスト教徒が失踪する可能性についての懸念が高まっている。そこでは罪のない民間人がXNUMXカ月以上にわたり継続的なイスラエル軍の砲撃に耐えている。

ナシャット・フィルモン監督 パレスチナ聖書協会は最近、エルサレム、ガザ、ヨルダン川西岸のパレスチナ人にサービスを提供しています。 情報に基づく プレミア キリスト教ニュース ガザ北部の住民の大多数が避難を経験しており、その施設も標的となっているキリスト教徒は安全な避難所を見つけていない。

イギリスを拠点とする ウェブサイト、影響を与える問題に関するニュースを国際的に報道します。 キリスト教徒、10月XNUMX日の紙でフィルモンが引用 記事 パレスチナ聖書協会は「事務所のスペースを失った」と述べ、職員XNUMX名が事件で受けた負傷から回復中であると述べた。 19月XNUMX日 イスラエル軍、ガザ市のギリシャ正教会聖ポルフィリウス教会を空爆。.

さまざまな信仰を持つ数百人のパレスチナ人 教会に避難していたので、 16人のパレスチナ人キリスト教徒 中にあった 軍事攻撃で18人死亡.

「彼らの死は世界中で見出しを飾りました」 国立カトリック登録 15月XNUMX日の文書で述べられている 記事。 しかし、ガザの小規模なキリスト教徒コミュニティが直面する課題への注目は限られていると記事は付け加え、都市近郊に巣食うハマスの戦闘員をターゲットにしたイスラエルのガザ地上攻撃の強化を挙げた。

報道によると、ガザには現在約1,100人のパレスチナ人キリスト教徒が住んでいる。 申し込み この記事には、元ワシントン DC のハドソン研究所信教の自由センターの上級研究員だった中東学者サミュエル・タドロス氏へのインタビューが含まれていました。 

2007年にイスラム主義グループが政権を握って以来、ガザ地区ハマスの支配下でパレスチナ人のキリスト教徒がどのように扱われてきたかとの質問に対し、タドロス氏は、コミュニティは組織や企業への攻撃に耐えているだけでなく、制度的な偏見や嫌がらせにも直面していると答えた。

「中東全域で、私たちはこれらのイスラム主義運動がキリスト教徒をどのように扱っているかを見てきました」とタドロス氏は指摘し、「彼らはイスラム国が望んでいたようにキリスト教徒を完全に絶滅させたくはないかもしれないが、最も『穏健な』イスラム主義者でさえも」と付け加えた。各国政府は、イスラム教徒が多数を占める土地に住む非イスラム教徒を二級臣民とみなし、平等な国民とはみなしていない。」  

米国が仲介した協定を利用してキリスト教徒がガザから離れ続けている。 戦争中は毎日XNUMX時間の休憩 2013年の著書の著者でコプト教徒のタドロス氏は、民間人が脱出できるようにするためには、「長期的にはキリスト教徒のコミュニティが残るかどうか」という懸念があると述べた。 失われた祖国: エジプトとコプトの近代性の探求.

フィルモンも同じ懸念を抱いている。 パレスチナ聖書協会理事長「この場所が、来て、ああ、キリストがここに住んでいたと言うような博物館にならないよう祈ります」 注目と付け加え、「しかし彼にはフォロワーがいない。 残念だ!"

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-