14.7 C
ブリュッセル
4月(木曜日)11、2024
ヨーロッパマネーロンダリング対策 - 欧州の新たな当局創設に合意

マネーロンダリング対策 – 欧州の新たな当局創設に合意

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

公的機関
公的機関
主に公的機関(公的機関)からのニュース

昨日、理事会と議会は、マネーロンダリング対策と欧州の新たな当局の創設について暫定合意に達した。 対抗 テロ資金供与 (AMLA) – EU 国民と EU の金融システムをマネーロンダリングとテロ資金供与から保護することを目的としたマネーロンダリング対策パッケージの目玉。

AMLAは金融セクターの高リスク債務者に対して直接的および間接的な監督権限を持つことになる。 この合意では、政府機関の所在地に関する決定が省略されており、この問題は別の軌道で引き続き議論されている。

金融犯罪の国境を越えた性質を考慮すると、新しい当局は、義務を負った組織が遵守することを保証するための国家監督当局との統合メカニズムを創設することにより、マネーロンダリング対策とテロ資金供与対策(AML/CFT)の枠組みの効率を高めることになる。 AML/CFT関連の義務 金融セクターで。 AMLA は、以下に関してサポート的な役割も果たします。 非金融セクター金融情報部門を調整する 加盟国では。

監督権限に加えて、コンプライアンスを確保するために、直接適用される要件に対する重大な、組織的な、または繰り返しの違反があった場合、当局は次の措置を講じます。 金銭制裁を課す 選択した義務のあるエンティティに対して。

監督権限

暫定協定により、AMLA に次の権限が追加されます。 直接監督する 特定の種類の信用機関および金融機関。 暗号資産サービスプロバイダー、リスクが高いとみなされる場合、または国境を越えて活動する場合。

AMLA は次のことを実行します。 信用機関と金融機関の選択 いくつかの加盟国では高いリスクを示しています。 選択された義務主体は、とりわけ評価と検査を実施するAMLA率いる共同監督チームによって監督されることになる。 この協定は以下に権限を委任している 最大40のグループとエンティティを監督 最初の選考過程で。

 選択されていない義務エンティティ, AML/CFTの監督は主に国家レベルにとどまる。

  非金融部門, AMLAはサポート的な役割を担い、レビューを実施し、AML/CFTフレームワークの適用における違反の可能性を調査します。 AMLA は拘束力のない勧告を発行する権限を有することになります。 国家監督当局は、必要と判断した場合、国境を越えて事業を展開する非金融法人のために自主的に大学を設立することができるようになる。

暫定協定は、AMLA の監督データベースの範囲と内容を拡大するもので、当局に対し、 情報の中央データベース AML/CFT 監視システムに関連します。

対象を絞った金融制裁

当局は、対象となる金融制裁の資産凍結と没収を確実に実施するために、選択された義務主体が内部ポリシーと手順を整備しているかどうかを監視する。

ガバナンス

AMLAは、監督当局の代表者と全加盟国の金融情報部門から構成される総合理事会と、AMLAの統治機関となる理事会を有し、当局の議長とXNUMX人の独立した常勤委員で構成される。

評議会と議会は、執行委員会の権限の一部、特に予算権限に対する委員会の拒否権を削除した。

口histを吹く

暫定協定では内部告発制度の強化が導入されている。 義務を負った事業体に関しては、AMLA は金融部門からの報告のみを扱います。 国家当局の職員からの報告にも立ち会うことができる。

不一致

AMLA には、金融セクターの大学の状況において、またその他の場合においては金融監督者の要請に応じて、拘束力を持って意見の相違を解決する権限が与えられます。

AMLAシート

理事会と欧州議会は現在、新しい当局の所在地の選定プロセスの原則について交渉している。 選択プロセスが合意されると、座席の選択プロセスが完了し、その場所が規則に導入されます。

次のステップ

暫定協定の文言は今後最終決定され、承認を得るために加盟国の代表と欧州議会に提出される予定である。 承認されれば、評議会と議会は正式に文書を採択する必要がある。

民間部門に対するマネーロンダリング防止要件に関する規制およびマネーロンダリング防止メカニズムに関する指令に関する理事会と議会との間の交渉は現在も継続中である。

経歴

20年2021月XNUMX日、欧州委員会はマネーロンダリング対策およびテロ資金供与対策(AML/CFT)に関するEUの規則を強化するための一連の立法提案を提出した。 このパッケージは次のもので構成されています。

  • 新たに制定する規制 EU 制裁や罰則を課す権限を持つマネーロンダリング対策当局(AMLA)
  • 暗号資産の移転をより透明化し、完全に追跡可能にすることを目的とした、資金移転に関する規制を再改正した規制
  • 民間部門に対するマネーロンダリング防止要件に関する規制
  • マネーロンダリング防止メカニズムに関する指令

理事会と議会は29年2022月XNUMX日に資金移動に関する規制について暫定合意に達した。

マネーロンダリング防止とテロ資金供与との闘い

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-