5.6 C
ブリュッセル
2月(日曜日)25、2024
ヨーロッパ議員らは朝食の正確な表示を求めている

議員らは朝食の正確な表示を求めている

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

この改訂は、消費者が多くの農産食品を十分な情報に基づいて選択できるよう、より正確な原産地表示を目指しています。

水曜日、環境・公衆衛生・食品安全委員会は、以下の改訂に関する見解を採択した。 EU 要件と製品定義を更新するためのいわゆる「朝食」指令のマーケティング基準では、賛成 73 票、反対 2 票、棄権 10 票でした。

蜂蜜の地理的原産地を明確に表示

消費者は蜂蜜の地理的起源に特別な関心を示しているため、欧州議会議員は、蜂蜜が収穫された国を製品表示と同じ視野でラベルに表示する必要があることに同意しています。 蜂蜜が複数の国で生産されている場合は、その国を割合に応じて降順でラベルに表示するものとし、蜂蜜の 75% 以上が EU 域外から生産されている場合は、この情報も前面ラベルに明確に表示するものとします。 検出が非常に難しい蜂蜜にシュガーシロップを使用するなど、蜂蜜詐欺をさらに制限するために、欧州議会議員は、蜂蜜の産地を追跡できるサプライチェーンに沿った追跡システムの構築も望んでいます。 EU内の巣箱数が150未満の養蜂家は免除される。

フルーツジュースとジャム

MEP は、「天然に存在する糖のみを含むラベルがフルーツジュースに許可されるべきである」ことに同意しています。 低糖製品への需要の高まりに応えるため、再調整されたフルーツジュースには「減糖フルーツジュース」と表示される場合があります。

MEPは、フルーツジュース、ジャム、ゼリー、または牛乳に含まれる天然の糖を除去する新しい技術は、最終製品の味、食感および品質に対する砂糖削減の影響を補うために甘味料を使用することにつながるべきではないことを強調しています。 彼らはまた、健康上の利点などのプラスの特性に関する主張を、糖質を減らしたフルーツジュースのラベルに記載してはならないとも指摘しています。

フルーツジュース、ジャム、ゼリー、マーマレード、甘栗ピューレについても、欧州議会議員は、ジュースの製造に使用された果物の原産国を前面ラベルに表示することを求めています。 使用される果物が複数の国で生産された場合は、その割合に応じて原産国を降順にラベルに表示するものとします。

ジャムに関しては、欧州議会議員は、果物の最小含有量を増やし、特定の製品に必要な添加砂糖を減らすという提案に同意し、すべてのジャムに「マーマレード」という用語を使用することを許可しています(以前は、この用語は柑橘類のジャムにのみ許可されていました)。

見積もり

報告者 アレクサンダー・ベルンフーバー (EPP、オーストリア)は次のように述べた。「今日は原産地表示をより透明にするのに良い日だ。 より厳格な品質基準と管理に加えて、原産国の表示がより正確になることで透明性が高まり、消費者はより健康的で地域に根ざした製品を選択しやすくなります。 蜂蜜の場合、ラベルに原産国を記載する義務があることで、混ぜ物が防止され、情報に基づいた消費者の選択が容易になります。」

次のステップ

議会は11年14月2023~XNUMX日の本会議で委任事項を採択する予定で、その後、EU加盟国との交渉を開始する準備が整う。

経歴

特定の「朝食」指令に関する EU マーケティング基準の改訂は、21 年以上前の現在の基準を更新するために、2023 年 20 月 XNUMX 日に欧州委員会によって提案されました。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-