8.6 C
ブリュッセル
2月(水曜日)21、2024
ヨーロッパ武力紛争下の子どもたち、国連、EU

武力紛争下の子どもたち、国連、EU

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ウィリー・フォートル
ウィリー・フォートルhttps://www.hrwf.eu
ウィリー・フォートレ氏、元ベルギー教育省内閣およびベルギー議会の特使。 彼はの監督です Human Rights Without Frontiers (HRWF) は、ブリュッセルに本拠を置く NGO で、1988 年 25 月に設立されました。彼の組織は、民族的および宗教的少数派、表現の自由、女性の権利、LGBT の人々に特に重点を置き、人権全般を擁護しています。 HRWF はいかなる政治運動や宗教からも独立しています。 フォートレは、イラク、サンディニズムのニカラグア、ネパールの毛沢東主義者の支配地域などの危険な地域を含む、XNUMXカ国以上で人権に関する事実調査任務を遂行してきた。 彼は人権分野の大学で講師を務めています。 彼は国家と宗教の関係について大学の雑誌に多くの論文を発表しています。 彼はブリュッセルの記者クラブの会員です。 彼は国連、欧州議会、OSCE で人権擁護活動家です。

2022年には、2,496歳の子供も含む合計8人の子供が、国連によってテロリストとして指定されたグループを含む武装グループと実際に、またはその疑いで拘束されたとして国連によって確認された。イラク、東エルサレムを含む占領下のヨルダン川西岸、そしてシリア・アラブ共和国。

これらの数字は、欧州議会で28月XNUMX日に開催された「世界の自由を奪われた子どもたち」と題した会議でアン・シントゲンによって強調された。 MEP ソラヤ・ロドリゲス・ラモス (政治団体 ヨーロッパを更新)。 多くのハイレベルの専門家がパネリストとして招待され、それぞれの専門分野について講演しました。

マンフレッド・ノワク、元国連拷問特別報告者であり、自由を奪われた子どもたちに関する国連の世界的研究の詳細を主導した独立専門家。

ブノワ・ファン・ケアスビルク、国連子どもの権利委員会のメンバー。

マヌ・クリシャン, グローバル・キャンパス・オン・ヒューマンライツ、子どもの権利とベストプラクティスの専門知識を持つ研究者。

アン・シントゲン, 子どもと武力紛争担当国連事務総長特別代表欧州連絡事務所長。

ラシャ・ムフレズ セーブ・ザ・チルドレンのシリア対応ディレクター(オンライン)。

マルタ・ロレンソ, UNRWA欧州代表事務所(国連近東パレスチナ難民救済事業機関)所長。

武力紛争下の子どもに関する国連報告書

マンフレッド・ノワク、元国連拷問特別報告者であり、自由を奪われた子どもたちに関する国連の世界的調査の詳細を主導した独立専門家である同氏は、欧州議会での会議に招待され、7.2万人の子どもたちがさまざまな形で自由を奪われていると強調した。世界。

同氏は特に、77歳の人々に向けた武力紛争下の子どもたちに関する国連事務総長の報告書に言及した。th 77年895月2023日の国連総会安全保障理事会のセッション(A/363/5-S/2023/XNUMX)では、次のように述べられていました。

「2022 年も、子どもたちは引き続き武力紛争によって不当に影響を受けており、重大な違反の影響を受けていると確認された子どもの数は 2021 年と比べて増加した。国連は 27,180 件の重大な違反を確認し、そのうち 24,300 人は 2022 年に犯され、2,880 人はそれ以前に犯された」しかし、確認されたのは2022年になってから。違反行為は18,890の状況と13,469つの地域監視協定で4,638人の子供たち(男子783万24人、女子2,985人、性別不明5,655人)に影響を及ぼした。 違反件数で最も多かったのは8,631人の子どもの殺害(7,622人)と重傷(3,985人)で、次いで2,496人の子どもの徴用と使用、XNUMX人の子どもの誘拐であった。 子どもたちは、国連によってテロ集団として指定された集団を含む武装集団と実際にまたはその疑いで、または国家安全保障上の理由で拘留された(XNUMX人)。」

武力紛争下の子どもに関する国連特別代表の任務

現在の特別代表は、 ビルヒニアガンバ は、武力紛争の影響を受ける子どもたちの保護と幸福を国連で主導的に擁護する団体としての役割を果たしています。

この任務は総会によって作成されました (解像度 A/RES/51/77) 1996 年にグラサ・マシェルによる次のタイトルの報告書が出版された後、 「武力紛争が子どもたちに与える影響」。 彼女の報告書は、戦争が子どもたちに与える不当な影響を強調し、子どもたちが武力紛争の主な犠牲者であると特定した。

子どもと武力紛争担当特別代表の役割は、武力紛争の影響を受ける子どもたちの保護を強化し、意識を高め、戦争の影響を受ける子どもたちの窮状に関する情報収集を促進し、子どもたちの保護を改善するための国際協力を促進することである。

イラク、コンゴ民主共和国、リビア、ミャンマー、ソマリアにおける子どもの拘留

会議パネルのメンバーであるアン・シントゲン氏は、紛争時に子どもたちに影響を与えるXNUMXつの重大な違反を強調した:戦闘のための子どもの募集と使用、子どもの殺害と障害、性暴力、学校や病院への攻撃、誘拐と人道的アクセスの拒否。 。

さらに、国連は、武装集団との実際の関係またはその疑いによる子供たちの拘留を監視している。

この点に関して、彼女は特に懸念するいくつかの国を挙げた。

イラクでは、2022年936月時点でもXNUMX人の子どもたちが、主にダーイッシュなどの武装勢力との実際の関わり、あるいはその疑いなど、国家安全保障関連の容疑で拘留されたままだった。

コンゴ民主共和国では2022年、国連が武装集団との関わりを理由に97歳から20歳までの少年9人と少女17人を拘束したことを確認した。 すべての子供たちは解放されました。

リビアでは、母親がダーイシュと関係していた疑いで、複数の国籍の子供たち約64人が母親とともに拘束されているとの報告を国連が受け取った。

ミャンマーでは129人の少年少女が国軍に拘束された。

ソマリアでは176年に合計104人の少年(うち1人が釈放され、2022人が死亡)が武装集団との関わりの疑いで拘留された。

アン・シントゲン氏は、子どもたちは加害者や安全保障上の脅威ではなく、主に権利侵害や権利濫用の被害者として考えられるべきであり、武装集団との関わりを理由に子どもを拘束することが対象国の80%で問題になっていると強調した。国連の児童と武力紛争メカニズムによる。

ロシアによるウクライナの子供たちの国外追放

パネリストのプレゼンテーションに続く討論では、ロシアによる占領地域からのウクライナ人の子供たちの国外追放の問題が提起された。 マンフレッド・ノワク氏と、パネリストとして招待された国連子どもの権利委員会のメンバーであるブノワ・ヴァン・ケイルスブリック氏は、この状況について深い懸念を表明した。

ロシアからの帰り道を探すウクライナの子供たち」 25 年 2023 月 XNUMX 日に XNUMX か国語 (英語、ロシア語、ウクライナ語) で出版され、 Human Rights Without Frontiers 同氏は、ウクライナ当局がロシアから、またはロシアに強制送還され、現在ロシア化され、反ウクライナ的な考え方で教育を受けている約20,000万人の子どもの候補リストを持っていると強調した。 しかし、ロシア占領地域からはさらに多くの人が奪われている。

念のために申し上げますが、17 年 2023 月 XNUMX 日、ハーグの国際刑事裁判所予審法廷で ~に対する逮捕状を発行した ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とロシア子どもの権利委員のマリア・リボワ・ベロワ氏が、ウクライナ人の子どもの国外追放における責任について語った。

EUへの呼びかけ

会議に招待された専門家らは、欧州連合に対し、紛争の影響を受けた子どもたちのテーマが、広範な対外活動の中で体系的に統合され、推進されるよう奨励した。 また、EUに対し、現在改訂中の「子どもと武力紛争に関するガイドライン」に、武装勢力との関わりを理由に子どもを拘留する問題を盛り込むよう求めた。

MEPソラヤ・ロドリゲス・ラモスは次のように締めくくった。

「私が主導し、XNUMX月の本会議で採決される予定の議会独自の報告書は、自由を剥奪された世界中の何百万人もの子どもたちの苦しみを可視化し、国際社会に行動と効果的な行動を呼びかける機会となる」それを終わらせるという決意。」

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-