8.6 C
ブリュッセル
2月(水曜日)21、2024
ファッション「女性が女性にドレスアップする」: メトロポリタン美術館、80 人のデザイナーによる 70 着の衣装を展示

「女性が女性にドレスアップする」: メトロポリタン美術館、80 人のデザイナーによる 70 着の衣装を展示

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュースレター

展覧会のシンボルは、アフリカ系アメリカ人女性が生み出したファッションの先駆者であるデザイナー、アン・ルー(1898-1981)による、シルクのバラとタフタで装飾されたモスリンのドレスです。

あらゆる種類の芸術の発表と研究を行う米国最大の機関であるメトロポリタン美術館は、女性によって作成された女性のためのファッションに特化した展覧会を開催するとAFP通信が報じた。

展覧会のタイトルは「女性が女装する」。 展覧会のシンボルは、アフリカ系アメリカ人女性が生み出したファッションの先駆者であるデザイナー、アン・ロウ(1898-1981)による、シルクのバラとタフタで装飾されたモスリンのドレスです。 ロウはデザイナーとして無視されることが多いが、ジャッキー・ケネディのウェディングドレス(1953年)のパターンは彼女の作品だった。

XNUMX 年前、今では忘れ去られたフランスのファッション ハウス「プレメ」が「ラ ギャルソンヌ」ドレスを発売しました。 このモデルの成功は、ガブリエル シャネルの同様のファッション アイデアの XNUMX 年前に成功しました。

この博物館には、80 世紀初頭から現在に至るまで、70 人のデザイナーによる 20 着の衣装が収集されています。 現代のファッションを使って環境メッセージを発信するガブリエラ ハーストの服が紹介されています。

ファッションにおける女性の歴史は、ファッションアトリエでの縫製作業から始まります。 マドレーヌ・ビオンヌ、ジャン・ランバン、ガブリエル・シャネルなど、フランスのデザイナーのほとんどは 20 世紀初頭に登場しました。 XNUMX つの世界大戦の間では、ファッション界では女性の数が男性を上回りました。

エルザ スキャパレリ、ニナ リッチ、ヴィヴィアン ウエストウッドなどのデザイナーの作品を発表できるようにするために、メトロポリタン コスチューム インスティチュートは、33,000 世紀にわたる衣料品の歴史全体から XNUMX 人のモデルを含むコレクションを検索しています。

この展示会は当初、米国の女性参政権運動2020周年を記念して100年に予定されていた。 その遅れは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックの影響によるものです。

コスチューム・インスティテュートの次の大規模な展覧会は、「Sleeping Beauties: Reawakening Fashion」というタイトルで2024年に開催される予定だ。

写真: メトロポリタン美術館

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-