16.9 C
ブリュッセル
4月(土曜日)13、2024
ヨーロッパ差別に対して団結し、 Scientologist 欧州議会でドイツを非難

差別に対して団結し、 Scientologist 欧州議会でドイツを非難

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

先週、欧州議会でイワン・アルホナ氏は情熱的にこう語った。 Scientologyのヨーロッパ機関の代表は、特にドイツにおける彼の信仰コミュニティを標的とした宗教差別の悪化を非難した。 同氏は、プロテスタント、ユダヤ教、イスラム教、シーク教、バハーイー教、ヒンズー教、その他の少数派信仰の指導者が集まり、自分たちの権利の保護について話し合う会議で講演した。

「EUにおける宗教的および精神的少数派の基本的権利」と題されたこのイベントは、フランスの国会議員マクセット・ピルバカスが主催し、ヨーロッパ全土のコミュニティが直面している課題についての見解を共有するために、多様な信念グループのリーダーを招集した。

アルホナ氏は、厳しい発言の中で、ドイツ、特にバイエルン州では「公職に就くには、宗教からの脱退届に署名するよう求められる」と明らかにした。 同氏は書類を掲げ、州との契約に入札する企業は「(自社が)国家契約ではないことを示す書類に署名する必要がある」と示した。 Scientologist.」、さらには病院のベッドシーツの掃除や都市の庭園のデザインまで。 欧州議会のこの会議でアルホナ氏が示したように、今年すでに350件を超えるそのような差別的な入札がEUの透明性入札ウェブサイトに掲載されている。

同氏は、ヨーロッパにおけるユダヤ人やイスラム教徒に対する現在の暴力的攻撃とは異なり、現在は Scientologists しかし、アルホナ氏は、いかなる平和的信仰グループに対する差別もEUの寛容原則に反すると主張した。 「歴史を経れば、ドイツのような国は人々に宗教からの脱退を求めるようなことは二度としないだろうとあなたは信じますか…そう思いますか?」 彼は鋭く尋ねた。

宗教間の連帯を妨げようとする試みのさらなる証拠として、アルホナ氏は、ホロコーストの巡回展示会を運営するドイツのユダヤ人女性の例を紹介し、集会で講演しただけで資金削減に直面した。 Scientology 共通の価値観についてのイベント。 宗教間の関与に対するこのような報復は、社会的結束、そして国民と宗教が平和に共存するという期待に反するものであると同氏は警告した。

アルホナ氏は、パンデミックの最中にキリスト教徒、イスラム教徒、ユダヤ人、その他のコミュニティを支援する自身のグループの取り組みについて説明し、 Scientology宗教共同体としての認知度は高まり続けており、最近ではギリシャでは礼拝の場として、オランダでは公益の宗教法人として認められています。 彼は、さまざまな宗教が互いに支え合っている例を称賛して締めくくった。 「州による差別が起こったとき、私たちは皆、できる限りの努力をすべきだと信じています。傍観して、あなたたちは私を差別していない、あなたたちは彼らを差別していないと言いましょう」と彼は訴えた。 アルホナは、信仰グループを分断するあらゆる政策に対して団結して立ち向かうよう呼びかけた。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-