9 C
ブリュッセル
2月(木曜日)29、2024
宗教キリスト教一例として、有名な「フランス」聖人の忘れ去られたウクライナのルーツ...

帝国の統一と非国民化の一例として、有名な「フランス人」聖人の忘れ去られたウクライナのルーツ

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

セルゲイ・シュミロ著

帝国文化の特徴は、征服された人々の精神的、知的、創造的な力と遺産の吸収です。 ウクライナも例外ではありません。 ロシア帝国の文化からこのウクライナの貢献を取り去れば、それは通常認識されているほど「荘厳」で「世俗的」ではなくなるだろう。

国家意識とアイデンティティの曖昧化である非国家化は、どの帝国の国境内でも征服された人々に見られる特徴的な現象です。 ロシア帝国は何世紀にもわたってこの全体的統一の道をたどりましたが、そこには独立したウクライナの国家や文化が存在する余地はありませんでした。 その代わりに、「統一ロシア国民」が出現することになった。

ウクライナ人は何世代にもわたって、そのような物語の影響下で育ってきました。 ウクライナ国家としての地位を失い、植民地化され、分断され、終わりのない戦争で荒廃した祖国での自己実現やキャリアの成長の見通しもなく、教育を受け、野心的な若者の多くが首都とウクライナでより良い運命を模索せざるを得なくなっている。帝国の空間では、教育を受けた人材が求められていました。 このような状況下で、彼らは自分たちのエネルギーと才能を外国帝国の文化の発展に捧げざるを得ませんでした。

16 世紀から 17 世紀前半のモスクワ王国では、ウクライナ人の創造的かつ知的注入が行われるまで、地元の文化はかなり目立たない現象でした。 しかし、17世紀後半からは、多くの教育を受けたウクライナ人がモスクワでの教育使命(いわゆる「キエフ・モヒラ拡張」)に貢献した。 キエフ・モヒラの人々の影響下で、彼らの直接の参加のもと、モスクワでは教育が導入され、教育機関が創設され、新しい文学作品が書かれ、大規模な教会改革が行われた。 多数のウクライナの知識人が新しい帝国文化の創造に貢献したが、彼らの計画によれば、それはある程度「ウクライナ化」されることになっていた。 17 世紀末から 18 世紀初頭にかけてのロシア文学言語においてさえ、ウクライナ化の影響が感じられ始めました。 同じことが芸術でも起こります。 そして、教会生活は長い間「小さなロシアの影響」の下にあり、地元のモスクワ人はそれに対して抵抗し始めました。

多くのウクライナ人は、北帝国の果てしなく広がる半自然の中で自己実現を見出し、そうすることで自分たちの「小さな祖国」を称賛できると心から信じていた。 ウクライナ出身で「ロシア人」とみなされる著名人は銀河系にたくさんいる。 これは、才能豊かで聡明な代表者たちが祖国での将来性を持たず、帝国に吸収され、人為的に聾唖州とされた捕虜国家の悲劇全体を示している。 彼らは自分の天才や才能を外国や文化に捧げることを強いられることが多く、他に選択肢がなかったことが非常に多かった。 同時に、帝国主義教育の影響を受けて、彼らは自らの民族的ルーツやアイデンティティを失うことが多かった。

この悲劇は、ロシア語を話すウクライナの作家ミコラ・ゴーゴリ(1809-1852)の運命と作品に最もはっきりと現れています。 しかし、18~19世紀のロシア帝国の文化、宗教、科学の著名な人物の多くは、自らのウクライナ出身と、ウクライナ人である権利そのものを否定する帝国の統一教育との間の内部分裂と矛盾を経験することを余儀なくされた。 ここには、著名な教会の指導者から哲学者、芸術家、科学者まで、多くの名前が挙げられます。 帝国のプロパガンダは、実際にはウクライナ人であるにもかかわらず、彼らを「ロシア人」であるかのように世界に紹介するために懸命に働いた。 18 世紀のキエフ モヒラ アカデミーの多くの生徒と教師は、帝国の教育、文学、芸術の発展に決定的な影響を与えました。

ウクライナのグリゴリー・スコヴォローダ (1722-1794) は帝国における哲学学校の形成に影響を与え、ペイシー・ヴェリチコフスキー (1722-1794) は正教会の修道院制度の復活と更新に影響を与えました。 同様に、ポルタヴァ出身のパムフィル・ユルケヴィチ(1826-1874)は、哲学におけるキリスト教プラトン主義とコーデ中心主義の基礎を築き続けました。 彼の教え子は有名なロシアの哲学者ウラジーミル・ソロヴィヨフ(1853-1900)で、彼はウクライナの旅行哲学者グリゴーリー・スコヴォローダの玄孫に当たる。 作家フョードル・ドストエフスキー(1821-1881)でさえウクライナのルーツを持っており、彼の祖父アンドレイ・ドストエフスキーはヴォリン出身のウクライナ人司祭であり、署名はウクライナ語であった。 傑出した作曲家ピョートル・チャイコフスキー(1840-1893)、画家イリヤ・レーピン(1844-1930)、ヘリコプターの発明者イーゴリ・シコルスキー(1889-1972)、実用宇宙飛行学の創始者セルゲイ・コロリョフ(1906-1966)、歌手、作曲家アレクサンダー・ヴェルティンスキー(1889-1957)、詩人アンナ・アフマートヴァ(本名はゴレンコ、1889-1966)、バレエマスターのセルジュ・リファール(1905-1986)もウクライナのルーツを持っています。 有名な哲学者や神学者もウクライナ出身でした。 プロット。 ジョージ・フロロフスキー (1893-1979)、神父。 プロトプレズブ。 ヴァシリー・ゼンコフスキー(1881-1962)、ニコライ・ベルジャエフ(1874-1948)など。 等

世界的な名声と認知度を知っているため、これらの著名な人物の出身国やルーツにはほとんど注意が払われません。 通常、伝記作家は自分たちがロシア帝国またはソ連で生まれたという簡単な言及に留め、それが実際に当時ロシアの統治下にあったウクライナであるとは特定しません。 同時に、すべての人の人生において、その人が生まれ育った環境は、人格、意識、態度の形成において重要です。 間違いなく、ウクライナ人の精神的、文化的、精神的特徴、その伝統と伝統は、ウクライナで生まれた、またはウクライナに住んでいた人々に何らかの形で影響を残しています。 特定の人格の現象や天才について考えるとき、この側面を心に留めておくことが重要です。

ここで例として、パリの有名な「フランス人」聖マリア (スコブツォワ) について触れたいと思います (1891-1945) – コンスタンティノープル総主教庁の正統修道女、詩人、作家、フランス抵抗運動の参加者、ユダヤ人の子供たちを救ったホロコーストの被害を受け、31年1945月XNUMX日にラーフェンスブリュック強制収容所のガス室でナチスによって処刑された。

1985年、ヤド・ヴァシェム記念センターは死後、彼女を「世界の正義の人」の称号で讃え、2004年、コンスタンティノープル全総主教庁は彼女をパリの尊い殉教者マリアとして列聖した。 同時に、パリのローマ・カトリック大司教ジャン・マリー・ルスティジェ枢機卿は、ローマ・カトリック教会も聖母マリアを聖殉教者およびフランスの守護聖人として讃えるだろうと述べた。 31年2016月1891日、パリ1945区のルールメル通りに隣接する聖母マリアが住み、働いていた聖母マリア・スコブツォワ通りの落成式が行われた。 新しい通りの名前の下の標識には、フランス語で「マザー・マリア・スコブツォワ通り:XNUMX-XNUMX」と書かれています。 ロシアの詩人、芸術家。 正統派の修道女。 レジスタンスのメンバー。 ラーフェンスブリュックで殺害された。」

フランス人はこの名前を誇りに思っています。 しかし、母親のマリアがウクライナ人として生まれたという事実に注目する人はほとんどいません。 誰もが彼女の純粋にロシア人の姓であるスコブツォワに誤解されています。 しかし、実際にはXNUMX番目の夫の姓です。 彼女はXNUMX度結婚しており、最初の結婚ではクズミナ・カラヴァエワという姓を名乗り、XNUMX度目の結婚ではクバン・コサック運動の著名な人物スコブツォフと結婚したが、後に別居して修道院生活を受け入れた。

少女時代、マリアはピレンコという姓を持ち、有名なウクライナの古いコサック家ピレンコに属しており、その代表者はザポリージャ・コサックの子孫である。 彼女の祖父ドミトロ・ヴァシリエヴィチ・ピレンコ(1830~1895)はウクライナ南部に生まれ、クバン・コサック軍の参謀長であり黒海地域の首長でもあった。 彼女の曽祖父であるワシーリー・ヴァシリエヴィチ・ピレンコはポルタヴァ地方(ポルタヴァ地方)で生まれ、ルハンシク鋳造所の技術者でリシチャンスクの石炭鉱業の責任者であり、最初にクリヴィ・リーフの鉄鉱石鉱床を発見し、後にクリミアの塩鉱業の責任者となった。 。 彼女の曽祖父であるワシル・ピレンコは、ハディアッハ・コサック連隊のペルソジンコヴォ百連隊の兵士および連隊旗手であり、後に二等少佐の階級を獲得し、1788年にポルタヴァのジンコヴォ地区の財務官に任命された。地域。 彼は1794年に亡くなった。ワシル・ピレンコの父親もハディアッハ連隊のペルボジンコヴォ百に所属し、祖父のミハイロ・フィリポヴィッチ・ピレンコも同じ連隊に所属していた。

ピレンコ・コサックの「祖先の巣」はゼンコフの町で、ポルタヴァ地方のハディヤッハ・コサック連隊の創立XNUMX周年の中心地である。

ご覧のとおり、パリの聖マリアはロシアの伝統の中で育てられましたが、生まれはウクライナ人です。 スコブツォワは二度目の結婚での姓であり、後に修道生活を受け入れて結婚生活を終わらせた。

殉教者の列聖後も、彼女の「ロシアのルーツ」を強調するためだけに、彼女は二番目の夫の世俗的な姓であるスコブツォワで呼ばれ続けることが多かった。 このようにして、一般に受け入れられている誤った習慣に従って、彼女はウクライナの教会の聖人のカレンダーにさえ記録されたのです。 特に、25 年 14 月 2023 日の OCU 教会会議の決定第 7 号の附属書第 1945 条には、次のように記載されています。新ユリウス暦による彼女の殉教の日を記念する日。」

同時に、この広範な慣行は最近、ある種の疑問を引き起こしています。 フランスの民事文書によると、離婚後、マリアは姓を変えなかったが(当時、それはかなり複雑な官僚的手続きであった)、修道院で彼女を二番目の夫の世俗的な姓で呼ぶのは完全に正確ではない。 また、聖人は通常、俗姓で呼ばれることはありません。

おそらく、彼女を旧姓のピレンコ、あるいは少なくとも二重姓のピレンコ=スコブツォワで呼ぶ方が正確であり、歴史的および伝記的な観点からより信頼できるだろう。

いずれにせよ、パリの聖マリアは栄光のウクライナ・コサック長老の後継者である。 そして、これはウクライナでもフランスでも覚えておく価値があります。

この例では、ロシア帝国の統一的影響力がどのように他の国においても私たちの時代にも潜在的に存続し続けていることがわかります。 最近まで、ウクライナ、その独自性、歴史、遺産について知り、注目している人は世界中でほとんどいませんでした。 ウクライナ人は主にロシア帝国の物語の影響下で「ロシア世界」の一部として認識されている。

ロシアの対ウクライナ戦争、ロシアの侵略に対するウクライナ人の英雄的で自己犠牲的な抵抗、自らの自由、独立、アイデンティティを求める必死の闘いは、人々がウクライナ人について、その中に住んでいた人たちも含めてほとんど何も知らないことを世界に認識させた。様々な分野で有名になりました。 これらのウクライナ人は、たとえロシア化され、外国の伝統の中で育ったとしても、依然としてウクライナの著名な代表者である。 私たちには彼らとその遺産を放棄する権利はありません。 それらはまた、世界の他の国々の偉大な文化と同等の、ウクライナとその色彩豊かで多面的な文化の装飾品でもあります。 かつては国家としての地位がなかった中での適切な教育によって生じた、彼らの遺産の中から特定の帝国の影響を取り除くことによって、これらの名前はウクライナの世界文化の宝庫に返還されるべきである。

写真:マティ・マリア(ピレンコ=スコブツォワ).

記事に関する注記: Shumilo, S. 「帝国の統一と非国民化の一例としての、有名な「フランス人」聖人の忘れ去られたウクライナのルーツ」 (Шумило, С. «Забытые украинские корни известной «французской“ святой как прритеме) имер имперской унификации и денационализации” (Религиозно-информационная служба Украины) – ページ risu.ua (ウクライナ宗教情報サービス)。

注意してください著者について:セルゲイ・シュミロ、歴史科学候補者、神学博士、アトス遺産国際研究所所長、エクセター大学(英国)研究員、ウクライナ文化功労者.

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-