5.6 C
ブリュッセル
2月(日曜日)25、2024
ヨーロッパ評議会と議会は、エネルギー性能を見直す提案について合意に達しました...

議会と議会が建築物のエネルギー性能指令を改訂する提案について合意に達する

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

公的機関
公的機関
主に公的機関(公的機関)からのニュース

評議会と議会は本日、建築物のエネルギー性能指令を改訂する提案について暫定的な政治的合意に達した。

改訂された指令は、EU 内の新築および改築された建物に対する新たでより野心的なエネルギー性能要件を設定し、加盟国に建物ストックの改築を奨励します。

EU では、建物が温室効果ガス排出量の 2050 分の XNUMX 以上を占めています。 この協定のおかげで、私たちは建物のエネルギー性能を向上させ、排出量を削減し、エネルギー貧困に取り組むことができるようになります。 これは、XNUMX 年までに気候中立性を達成するという EU の目標にさらに大きな一歩です。今日は国民、経済、そして地球にとって良い日です。スペイン政府の第 XNUMX 副大統領兼環境移行大臣、テレサ・リベラ氏は述べています。人口動態上の課題

スペイン政府の第三副大統領テレサ・リベラ氏は、
環境移行と人口動態の課題担当大臣

この改訂の主な目的は、2030 年までにすべての新しい建物をゼロエミッション建物にし、2050 年までに既存の建物ストックをゼロエミッション建物に転換することです。

建物内の太陽エネルギー

両共同立法者は、建築物の太陽エネルギーに関する第9a条に同意し、これにより、許可が必要な改修工事が行われる新築建築物、公共建築物、既存の非住宅建築物への適切な太陽エネルギー設備の導入が確保されることになる。  

最小エネルギー性能基準 (MEPS)

になると 最小エネルギー性能基準 (MEPS) 非住宅用建物については、共同議員は、2030年にはすべての非住宅用建物のパフォーマンスが最悪の16%を超え、2033年までに26%を超えることに同意した。

について 住宅の改修対象、 加盟国は、住宅建築ストックが16年に平均エネルギー消費量を2030%削減し、20年には22~2035%の範囲で削減することを保証する。エネルギー削減の55%は、最も性能の悪い建物の改修によって達成する必要がある。

建物内での化石燃料の段階的廃止

最後に、この計画に関して、 化石燃料ボイラーを段階的に廃止する, 両機関は、2040年までに化石燃料ボイラーを段階的に廃止することを視野に入れたロードマップを国家建築改修計画に盛り込むことで合意した。

次のステップ

本日、暫定合意に達しました。 欧州言語 議会は現在、両方の機関によって承認され、正式に採択される必要があります。

経歴

欧州委員会は、15 年 2021 月 XNUMX 日に建築物のエネルギー性能指令の改訂案を欧州議会および欧州理事会に提出しました。この指令は「指令」の一部を形成します。55に適合' パッケージ、2050年までにゼロエミッション建築ストックを達成するというビジョンを設定しています。

EU では建物が消費エネルギーの 40%、エネルギー関連の直接的および間接的な温室効果ガス排出量の 36% を占めているため、この提案は特に重要です。 また、これは、2020 年までに建物の年間エネルギー改修率を少なくとも 2030 倍にし、大規模な改修を促進することを目的として、具体的な規制、資金調達、有効化措置を伴う XNUMX 年 XNUMX 月に発表された「改修ウェーブ戦略」を実行するために必要な手段の XNUMX つを構成します。 。

既存の EPBD は 2018 年に最後に改訂され、新しい建物および改修中の既存の建物のエネルギー性能に関する最低要件を定めています。 これは、建物の総合エネルギー性能を計算する方法を確立し、建物のエネルギー性能認証を導入します。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-