6.1 C
ブリュッセル
2月(土曜日)24、2024
健康抗うつ薬と脳卒中

抗うつ薬と脳卒中

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガブリエル・カリオン・ロペス
ガブリエル・カリオン・ロペスhttps://www.amazon.es/s?k=Gabriel+Carrion+Lopez
ガブリエル・カリオン・ロペス: フミラ、ムルシア (スペイン)、1962 年。作家、脚本家、映画製作者。 彼は 1985 年以来、報道機関、ラジオ、テレビで調査ジャーナリストとして働いてきました。 宗派と新興宗教運動の専門家である彼は、テロ組織ETAに関するXNUMX冊の本を出版しています。 彼は報道の自由と協力し、さまざまなテーマに関する講演を行っています。

寒いです。この時期のパリは湿度が 83 パーセントと肌寒く、気温はわずか XNUMX 度です。 幸いなことに、私はいつものカフェオレとバターとジャムを添えたトーストのおかげで、コンピューターをテーブルの上に置いて、私たちを再び壊滅的な死の世界と医療機関に連れて行く物語に近づくことができました。

何年も前の 22 年 2001 月 XNUMX 日の新聞で、私は次のような小さな宣伝文に出会いました。コラム形式で掲載され、新聞編集者がページを埋めるために使用する短いニュース項目です。

新しい抗うつ薬による出血リスク:
ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルの最新版に掲載された研究によると、脳内のセロトニンの再吸収を阻害する新世代の抗うつ薬は、高齢者の胃腸出血のリスクを高めるという。 カナダのいくつかの病院で実施されたこの研究では、特にそのような疾患に罹患する可能性が10パーセント増加することが判明した。

この研究はカナダの病院で実施されましたが、現実には過去XNUMX年間、世界人口の抗うつ薬摂取量は憂慮すべき状況であり、現在も憂慮すべき状況が続いています。 大手製薬業界は、一般開業医、メディア、精神科医の支援を受けて、私たちを動揺させるあらゆる感​​情状態を「精神疾患」と認定し、新世代の抗うつ薬で大喜びで治療できるという考えを植え付けてきた。

私自身、2010年に医師の診察を受け、担当の医師に、自分の心境、ある種の無関心について話したとき、それは私がまだ深い悲しみの中に浸っていて、何も考えずにいたばかりだったからです。他の種類の治療では抗うつ薬を処方されましたが、もちろん服用しませんでした。 しかし、検査に関する書類を求めて医師の診察を受けるたびに、医療記録に私がうつ病を患っていると記載されていることを見て驚かされます。 もしあの時薬を飲むことに決めていたら、今頃私は「うつ病」の治療のために薬を詰め込まれた慢性病人になっていたでしょう。

2022 年 XNUMX 月、高齢者ポータルは次のような衝撃的な見出しのレポートを発表しました。 ヨーロッパでは脳卒中の症例が今後34年間でXNUMX%増加するだろう。 スペイン神経学会(SEN)は次のように指摘した。 12.2年には世界で2022万人が脳卒中を患い、6.5万人が死亡すると予想されている。 また、脳卒中を患った110億XNUMX千万人以上が障害を負っていると述べた。 

同協会やその他の相談者によると、脳卒中の考えられる原因は次のとおりです。 高血圧、喫煙、運動不足、不健康な食事、肥満、過度の飲酒、心房細動、高血中脂質レベル、糖尿病、遺伝、ストレスなど。 一般に、生きていることが脳卒中を引き起こすようです。 もう一度言いますが、医学はテーブルの上に巨大なトランプを並べるので、どんなカードが配られても、自分で治療する以外に選択肢はありません。 特にストレスや緊張、抗不安薬、抗うつ薬には効果があります。

老年と脳卒中との関係についてのささやかな研究の中で、私は、正義の立場として、この試練の責任をすべて高齢者に負わせる、実に恐ろしい記事に出会った(私自身も高齢者である)。 今年(28年)2023月XNUMX日に公開された次のタイトルの記事で。 市長の権限を剥奪し、公的な問題を解決する (うつ病、高齢者の公衆衛生上の問題)。 そのような慢性疾患を診断できる恐ろしい症状の中には、次のようなものがあります。

うつ病は公衆衛生上の問題になっている それは特別な注目に値します。 認知機能低下への影響 高齢者の場合。 その症状はさまざまであり、患者の身体的および精神的健康の両方に影響を及ぼします。

一般的な症状 エネルギーの喪失や絶え間ない疲労、退屈、悲しみや無関心、自尊心の低下、神経過敏、落ち着きのなさ、妄想、不当な恐怖、無価値感、軽度の認知障害、原因不明または慢性的な痛み、および一部の行動障害が含まれます。

社会的要因は、いかなる場合でも抗うつ薬で治療すべきではありません。 このような問題を公衆衛生の問題としてレッテルを貼ることは、再び役に立っていると感じるためにのみ助けられるべき人々に恒久的な治療を施すために課せられている恥ずべきことである。 そのような人々が「重荷」であると主張することは、彼らの基本的権利を剥奪することと同じであり、特に彼らが社会的、精神的復帰のためではなく、死ぬまで餌を与えられ麻薬を詰め込まれるだけの「家畜」として老人ホームに入所する場合にはなおさらである。もはや迷惑ではありません。

過剰薬は危険因子であり、すでに白髪になっている人では特に顕著です。 特定の病気の原因に関する研究は、世界中の大学や「認定」機関で行われますが、たとえあったとしても、誰がその病気を引き起こしているのかを必ずしも分析しません。 だからこそ、私たちは何かを処方されるたびに、インターネットの検索エンジンにさえ、疑問の余地をすべて示して明らかにしてくれるよう、常に尋ねることに飽きてはなりません。 そうでない場合は、数ドル (ユーロ) を出して、医療制度に批判的な本を XNUMX ~ XNUMX 冊買うことをお勧めします。 著者と彼の医学的訓練のおかげで、私は次の XNUMX 冊の本のいずれかを常にお勧めします。 医療過多の世界でどう生き抜くかまたは 人を殺す薬と組織犯罪.

世界的な医療制度は、私たちが過剰な医療を受けることを望んでいます。 薬はごくたまにしか使用しないでください。 常に医師の診察を受ける必要がある場合は、何かが間違っています。服用している薬とそれが引き起こす副作用をよく読みましょう。そうすれば、片目の指導者によって導かれ、自滅的なスパイラルに陥っていることが判明する可能性があります。盲目の人。

しかし、私がいつも言っているように、すでに冷えたコーヒーを飲み終えるとき、私の記事や私の観察は、私たちの健康がますます良くなり、より安定するように私たちを近づけようとしている誠実な医学クラスとは何の関係もありません。 そして同じように、私たちが送っている人生を認識することもまた便利です。 健康ですか? そうでない場合は、変更しましょう。

参照:
ヨーロッパでの 34% の影響 (geriatricarea.com)
市長の地位の低下、公的な問題の解決 (geriatricarea.com)
Diario La Razón、サバド、22 年 2021 月 35 日、ページ。 XNUMX (スペイン)

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-