9 C
ブリュッセル
金曜日、3月1、2024
意見ムハンマド XNUMX 世の治世の現実: 雄弁な評価と有望な...

ムハンマド XNUMX 世治世の現実: 政権交代の差し迫った要求にもかかわらず、雄弁な評価と有望な見通し

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ラーセン・ハンムーチ
ラーセン・ハンムーチhttps://www.facebook.com/lahcenhammouch
LahcenHammouchはジャーナリストです。 Almouwatin TVandRadioのディレクター。 ULBによる社会学者。 民主主義のためのアフリカ市民社会フォーラムの会長。

長年にわたり、ムハンマド XNUMX 世の治世は、戦略的ビジョンとモロッコの進歩への取り組みを示す顕著な成果によって際立っていました。 しかし、政府内で継続的な課題と対処されていない国民の要求を考慮すると、これらの進歩はさらに注目に値します。

1) 先見の明のある外交: ムハンマド XNUMX 世国王は、政治的課題にもかかわらず、国際パートナーシップを拡大し、新たな地平を開くことでモロッコ外交を再定義することに成功しました。

2) 紛争解決: サハラ砂漠のモロッコ的性質に対するアメリカの認識は、複雑な政治問題に直面しても、国王の外交的成功を証明している。

3) 地域大国: 政府の無策にもかかわらず、モロッコの効果的な安全保障政策は、安定化する地域大国としての地位を強化した。

4) 経済成長の復活: ムハンマド XNUMX 世投資基金の設立により経済成長が刺激され、政府の惰性にも関わらず積極的な取り組みを生み出す能力が証明されました。

5) 社会的保護の強化:パンデミックの社会的影響への積極的な対応は、政府による重大な措置がないにもかかわらず、社会的ニーズへの関心が高まっていることを示しています。

6) 教育と社会開発: 主要な教育的取り組みは、社会開発に対する王室の取り組みを強調し、政府の欠点を補っています。

7) 活発な社会対話: 未解決の要求に直面した国王は、政府の無策とは対照的に、国民の声に注意深く耳を傾けることを強調し、積極的な社会対話を維持した。

政権交代の要求:しかし、アジズ・アクハヌーシュ率いる現政権の無策が懸念を増大させている。 直ちに変化が起こされなければ、民衆の反アカヌーシュ革命が差し迫っているように見え、国の政治的安定が危険にさらされることになる。 国王は国民の期待に応え、大きな政治危機を回避するために政府を修正し、迅速に行動しなければならない。

もともと Almouwatin.com

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-