8.3 C
ブリュッセル
2月(水曜日)21、2024
世界全体米国、「即時人道停戦」を求めるガザ決議案に拒否権発動

米国、「即時人道停戦」を求めるガザ決議案に拒否権発動

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

米国は金曜日、イスラエルとハマスの紛争における人道的即時停戦を求める国連安全保障理事会決議に再び拒否権を発動した。

8月XNUMX日金曜日、「イスラエルのハマスに対する軍事作戦で民間人の死傷者が増える中」、米国はガザ地区での「人道的即時停戦」を求める国連安全保障理事会決議にXNUMX度目の拒否権を発動した。

安保理理事国15カ国中13カ国が決議案に賛成票を投じ、英国は棄権した。 この決議草案は国連加盟国97カ国が共同提案した。

ロバート・ウッド米国国連次席大使は採決後、「次の戦争の種を蒔くだけの、持続不可能な停戦を求める決議案は支持しない」と述べ、また「道徳的失敗」を非難した。本文中にハマスを非難する文言が存在しないことで表現される。

アントニオ・グテーレス国連事務総長は、国連の99条発動に対する大使らの対応に感謝の意を表した。 緊急の手紙 – 彼が自由に使える最も強力なツールのXNUMXつ – イスラエルとハマスの戦争で「我々は限界点に達している」ために書いたと述べた。

憲章第 99 章に含まれる第 XNUMX 条には、国連事務総長は「国連の維持を脅かす可能性があると考えられるあらゆる事項を安全保障理事会に通知することができる」と規定されています。 米国外の世界各国 平和と安全。」

グテレス氏がこのめったに発動しない条項を使用したのは初めてだった。

「ガザの人道体制崩壊の深刻な危険に直面しているため、私は評議会に対し、人道的大惨事の回避を支援し、人道的停戦宣言を求めるよう要請する」とグテレス氏は書簡を送った後、X(旧ツイッター)に書いた。

彼は永続的な人道的停戦を通じて、戦争で荒廃した飛び地での大虐殺を終わらせるのを支援するよう団体に訴えた。

同氏は「地域全体の安全にとって壊滅的な結果になるのではないかと懸念している」と述べ、占領下のヨルダン川西岸、レバノン、シリア、イラク、イエメンはすでに程度の差こそあれ紛争に巻き込まれていると付け加えた。

私の見解では、国際の平和と安全の維持に対する既存の脅威を悪化させる重大なリスクが明らかに存在します。」

事務総長はまた、7月XNUMX日のイスラエルに対するハマスの残忍な攻撃に対する「断りのない非難」を繰り返し、性暴力の報道に「愕然としている」と強調した。

「子供1,200人を含む約33人を意図的に殺害し、さらに数千人を負傷させ、数百人の人質をとったことを正当化する可能性はない」と同氏は述べ、「同時に、ハマスが行った残虐行為は集団的処罰を決して正当化できない」と付け加えた。パレスチナ人よ。」

グテレス氏は「ハマスによるイスラエルへの無差別ロケット弾発射や民間人を人間の盾として使用することは戦争法に違反しているが、そのような行為はイスラエル自身の違反を免除するものではない」と述べた。

「今日は安全保障理事会の歴史の中で悲しい日だ」が、「我々は諦めない」とパレスチナ国連大使リヤド・マンスールは嘆いた。

イスラエルのギラド・エルダン国連大使は、「我々の側にしっかりと寄り添ってくれた」米国に感謝した。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-