8.5 C
ブリュッセル
金曜日、3月1、2024
ヨーロッパEU制裁執行交渉行き詰まり、議会の怒りを買う

EU制裁執行交渉行き詰まり、議会の怒りを買う

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

ブリュッセル – 制裁執行強化に関する欧州議会とEU加盟国の交渉は木曜夜、合意なく決裂した。 議会議員らは不満を表明し、ロシア支援の抜け穴をふさぐためにはより迅速な進展が必要だと主張した。

議会の交渉チームは声明で「EU制裁体制の有効性は、各国の法制度のつぎはぎと不均一で弱い執行によって著しく損なわれている」と述べた。

彼らは、制裁を受けたロシアの個人や団体は依然としてEU圏内の一部で旅行したりビジネスをしたりできると主張している。 不均一な執行のため、ロシアへの資金流入も続いている。

係争中の法案は、ロシア制裁に違反した場合の罰則をEU全体で標準化するものだ。 しかし 交渉は行き詰まり 特定の条項を超えて。

「一日一日がプーチン大統領の戦争努力に役立つ」と議会チームは主張した。 「したがって、我々は理事会に対し、その立場を再考し、できるだけ早く協議を再開するよう求める。」

首席交渉官ソフィー・イント・フェルド氏は、「欧州議会は制裁違反を犯罪とし、制裁の執行を改善し、最も弱い国家システムを求めるフォーラムショッピングを終わらせるべきだと考えている」と述べた。

議会の声明は、ロシアのエリートに対するEUの制裁にはより鋭い歯止めが必要であるとの見解を示している。 しかし、執行メカニズムに関する加盟国との溝を埋めることは依然として継続的な課題である。

ウクライナ侵攻が間もなくXNUMX年目に入る中、議会チームはロシア財政の制限を巡り「協議を継続し、未解決の問題について合意を見つける用意ができている」と述べた。 しかし、これまでのところ交渉が停滞していることは、依然として障害が残っていることを示している。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-