20.6 C
ブリュッセル
日曜日、月19、2024
宗教キリスト教プラハ大司教区が財産悪用の疑いで捜査中

プラハ大司教区が財産悪用の疑いで捜査中

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

プラハ大司教区(チェコとスロバキア正教会)の管理における主要人物に対する捜査により、彼らは長年務めてきた役職から解任されることとなった。

当局による捜査は、プラハ大司教ミカエル(ダンダル)に対する教会財産の私人への譲渡に関するもので、昨年末から始まった。しかし、彼の秘書イーゴリ・ストレツ神父は、彼の右腕で大司教区の「灰色の枢機卿」とみなされ、また教区評議会議長でもある神父であった。ヤン・ベラネク。彼らの解任は「監査」と「教区の業務を改善するための改革」の必要性によるものであると公式に述べられている。彼らに加えて、3人の司祭が司教代理の職から解任された。

世俗的な人物であるイーゴリ・ストレツ氏は、チェコとスロバキアの教会における「ロシアとのつながり」を担当していた。 「自由ヨーロッパ」の地方版の記事によると、プラハ教区はモスクワと緊密な関係を維持しており、聖職者の多くはロシアに留学し、後にクレムリンや総主教庁から高価な贈り物を受け取ったという。シリルは別荘の形で、さまざまなプロジェクトに資金を提供します。例えば、2011年、プラハにあるプラハ大司教の邸宅の賃貸契約が満了した際、モスクワ総主教は「友愛的に」XNUMX階建ての建物を寄贈し、現在も地元の大司教区の管理施設となっている。

大司教。ミハイル・ダンダル氏とストレツ氏は長年ロシアと緊密な関係にあり、かつてはKGBに相当するチェコスロバキア治安機関のメンバーだった。ストレツは対諜報部門で働き、ミハイル・ダンダルはソ連に数年間暮らし、1969年にレニングラード神学アカデミーから卒業証書を受け取り、同年に「ミーシャ」という偽名でチェコの特務機関に採用された。 。彼はミトルによって任命されました。ニコディム(ロトフ)はロシア正教会の出身で、ドレスデンのロシア教区の一つに送られました。

長年にわたり大司教の右腕。ミハイル・ダンダールはイーゴリ・ストレレツという人物で、神学の教育を受けていないが、ロシアと密接な関係があり、そのおかげでモスクワへの依存度が高い地元の教会のプロジェクトに資金を提供した。彼は教区の出版活動を後援しており、チェコ共和国およびスロバキア正教会のウェブサイトは彼の名前で登録されています。彼は教会の幹部たちの国内外への旅行を手配し、その費用を支払っています。これらの活動は、彼が所有し、ロシアの予算によって資金提供されている株式会社「チェコ国民文化基金」を通じて行われている。チェコのメディアは同氏がクレムリンに近い制裁対象の実業家とビジネス関係を持っていると非難した。

2023年XNUMX月、ロシアがウクライナで始めた戦争を背景に、プラハ大司教はオートバイクラブ「ナイトウルブズ」の代表者らとの会合に参加した。オートバイクラブのメンバーとそのリーダーは、ウラジーミル・プーチン大統領との密接な関係とウクライナ戦争への支援を理由に制裁を受けている。チェコ正教の教皇がなぜロシアのロッカーたちとの集会に出席したのかとの質問に対し、このイベントの主催者であるプラハ教区のストシェレツ次長は、この集会は第一次世界大戦中に亡くなった人々の追悼に捧げられたものであると述べた。チェコの聖職者とロシアとのこうした結びつきは地元の信者によって厳しく批判され、チェコの世俗メディアで広く報道された。

チェコおよびスロバキア正教会の問題のうち、時折一般大衆に知られるようになるのは、主に財産問題である。

2022年2013月、教会の巨額の負債が明らかになった。教会が職員向けの州健康保険制度に300年間も支払っていなかったことが判明した。このため、教会の財産の一部が没収されました。チェコ共和国は16年に、チェコスロバキアの共産主義統治時代の国有化の結果財産を失った教会に弾圧の補償として予算から資金を支払う賠償法を可決したにもかかわらず、債務を抱えている。この決定により、チェコとスロバキアの正教会はXNUMX億クラウン(約XNUMX万ドル)以上を受け取った。チェコの法執行当局は現在、ミヒャエル・ダンダール大司教が教会の財産を横領した2件の事件を捜査している。

2021年の国勢調査によると、チェコ共和国の正統派キリスト教徒の数は40,000万人だった。ウクライナでのロシア戦争の開始後、多くの難民が発生したため、その数は大幅に増加した。

説明写真: ボヘミアの聖新たな殉教者の正統派アイコン

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-