17.7 C
ブリュッセル
2009年5 22、2024
機関国連援助活動拒否はガザの病院に対する最新の脅威:OCHA

援助活動拒否はガザの病院に対する最新の脅威:OCHA

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

水曜日、ストリップ全域で爆撃と衝突が激化したとの新たな報告がされる中、 国連人道問題調整事務所 それはそうだ リクエストがあった 5回も拒否された 26月XNUMX日以来、ガザ市の中央薬局とさらに北のジャバリヤのアル・アウダ病院に到着しました。

「同時に、水道施設や衛生施設への燃料供給が拒否され続けているため、数万人がきれいな水にアクセスできなくなり、下水が氾濫するリスクが増大し、感染症の蔓延のリスクが大幅に高まっている」とOCHAは述べた。その中で指摘されている 最新のアップデート ガザでの戦争の影響について、火曜日遅くに発表された。

国連世界保健機関によると()、ガザの15の病院のうち36は依然として「部分的に機能」している(南部に500,000病院、北部にXNUMX病院)。敵対行為の開始以来、国連と保健パートナーは推定XNUMX万人に保健医療サービスを提供してきました。

致命的な攻撃に終わりはない

この発展は、ストリップの多くの地域、特にデリ・アル・バラとカーン・ユニス県の中部と南部地域が過去24時間に空、陸、海からのさらなるイスラエルの「激しい」砲撃を経験したことを受けて起こったとOCHAは述べた。

パレスチナ武装勢力によるイスラエルへのロケット弾射撃も続き、特にデリ・アル・バラ県とカーン・ユニス県ではイスラエル軍と過激派の間で衝突が続いている。

OCHAはガザ保健当局の発言を引用し、126月8日午後から9日午後にかけて241人のパレスチナ人が殺害されたと指摘した。さらにXNUMX人が負傷したと報告されている。推定死者数の合計は、 少なくともパレスチナ人23,210人が死亡、59,167人が負傷 7月1,200日にイスラエル南部でハマス主導のテロ攻撃に反応して始まったイスラエル軍の砲撃により、子供36人を含む約240人が死亡し、さらにXNUMX人が人質となった。 

「イスラエル当局は、約136人のイスラエル人と外国人がガザで捕虜になっていると推定している。」 オチャさんは言いました。

NGOは救われない

OCHAは、進行中のイスラエル軍の攻撃により「多くの」致命的な事件が発生し、「数万人の民間人に壊滅的な結果」をもたらしたと述べ、多くの人々がすでにガザ市やガザ地区の北部から中部、南部の地域に避難していると指摘した。

カーン・ユニスで起きた事件では、月曜日に国境なき医師団(MSF)の避難所が襲撃され、国境なき医師団(MSF)職員の5歳の子供が負傷により死亡した。 

OCHAによると、デリアルバラでも市の北西にある住宅が標的にされ、4人が死亡、数十人が負傷したと伝えられている。

国連事務局はイスラエル軍の話として、8月9日から183日にかけてガザ地区で1,065人のイスラエル兵が殺害され、地上作戦開始以来XNUMX人が死亡、XNUMX人が負傷したと報告した。

ガザ地区南部のラファでは砲撃が広範囲に被害をもたらした。

過密が病気の脅威を煽る

一方、国連の人道支援団体は、イスラエルの避難命令を受けてさらに多くの民間人が敵対行為から逃れるため、ストリップ地区、特に南部の都市ラファで病気のリスクが増大していることについて警告を繰り返した。

戦前、ラファには約280,000万人が住んでいたが、現在は人口がXNUMX万人をはるかに超えていると、国連パレスチナ救済機関(UNWRA)が火曜日、Xへのオンライン投稿で述べた。

「過密な道路は憂慮すべき病気の蔓延を目の当たりにしている」が、スタッフは「増え続けるニーズに圧倒されている」と当局は述べた。

1.9万人が根こそぎにされた

85か月以上の暴力の後、現在ガザ人口の1.9パーセント近く、約XNUMX万人が避難していると考えられている。 UNRWA.

国連機関は引き続き、1.4つの県すべてにある155のUNRWA施設にXNUMX万人近くを保護しているが、施設は「予定の収容能力をはるかに超えている」。

UNWRAの施設も63件の直撃を受けており、319月1,135日以降、同機関の避難所で少なくとも7人の避難民が死亡、XNUMX人以上が負傷したと発表した。

OCHAによると、9月131日、物資を積んだXNUMX台のトラックがラファ交差点とケレム・シャローム交差点を通ってガザ地区に入った。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-