14.6 C
ブリュッセル
4月(木曜日)11、2024
意見紅海での緊張の高まり: 紛争間の複雑な背景...

紅海での緊張の高まり:イエメン紛争とガザ戦争の間の複雑な背景

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ラーセン・ハンムーチ
ラーセン・ハンムーチhttps://www.facebook.com/lahcenhammouch
LahcenHammouchはジャーナリストです。 Almouwatin TVandRadioのディレクター。 ULBによる社会学者。 民主主義のためのアフリカ市民社会フォーラムの会長。

イランの支援を受けたイエメン反政府勢力による商船への多数の攻撃を特徴とする紅海の緊張の高まりは、地域の力関係に新たな複雑な側面を加えている。フーシ派はガザとの団結のしるしとしてイスラエルと関係のある船舶を標的にしていると主張しており、緊張が高まっている。

サナアを含むフーシ派の支配下にある軍事拠点に対する最近の米英による空爆は、7月XNUMX日のイスラエル領に対するハマスによる前例のない攻撃をきっかけに、ガザでの戦争が地域に波及するのではないかとの懸念を再燃させている。イエメンとガザの状況が絡み合った、より広範な紛争。

アンサール・アッラーとも呼ばれるフーシ派は、シーア派の一派であるザイディ派反政府勢力で、首都サヌアを含むイエメンの広範囲を支配している。彼らのイデオロギーは、宗教的、政治的、社会的要求の混合に根付いており、ザイディ教徒の権利の擁護と、この地域におけるサウジアラビアの影響力への反対を強調しています。

空爆を受けて、フーシ派最高政治評議会は、現在、米英のすべての利益がイエメン軍の正当な標的となっていると宣言し、この地域の紛争の相互関連性をさらに浮き彫りにし、当面の戦闘領域を超えた影響の可能性について疑問を提起した。

地政学的状況の複雑さは、紅海、イエメン、ガザにおける紛争間の密接な関係によってさらに高まり、相互に関連した地域の緊張の網を生み出しています。これらの複数の面での急速な発展は、世界のこの地域における不安定化の潜在的なリスクを軽減するための繊細なアプローチの必要性を浮き彫りにしています。

これに関連して、数年前にアラブ連合がイエメンで行った初期の戦争が新たな関連性を帯びるようになった。同盟を弱体化させようとする連合の努力にもかかわらず、 Houthis後者は広大な領土の支配を維持しており、彼らの動きの回復力を示しています。この継続的な抵抗は、紛争が続く地域のパワーバランスに持続可能な影響を与える国際社会の能力に疑問を投げかけている。

これらの複雑で相互に関連した開発の影響は地域の境界を越えて広がり、さらなるエスカレーションを防ぎ、この地政学的に敏感な地域の安定を促進するには、慎重な国際調整と外交が必要です。

もともと Almouwatin.com

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-