13 C
ブリュッセル
6月(月曜日)24、2024
人権ギリシャでアレクサンドロス大王を同性愛者として映した映画を巡るスキャンダル

ギリシャでアレクサンドロス大王を同性愛者として映した映画を巡るスキャンダル

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

文化大臣がNetflixシリーズを非難

カティメリーニ通信によると、ギリシャのリナ・メンドーニ文化大臣は水曜日、「Netflixのアレクサンダー大王シリーズは『非常に質が低く、内容が低く、歴史的不正確さに満ちたファンタジー』だ」と述べた。

シリーズ「The Making of a God」は、アレキサンダー大王とヘファイスティオンの同性愛関係というデリケートなテーマに触れているため、ギリシャで物議を醸した。

メンドーニ氏は議会で演説し、宗教政党ナイキのディミトリス・ナチオス指導者からの質問に答え、「番組ではアレクサンダー大王の性格の要素が何一つ示されておらず、歴史的真実に反する」と強調した。政府が生産に対して措置を講じる予定があるかどうかを尋ねた。

同大臣は、「Netflixシリーズではアレクサンダー大王の性格のすべての要素が強調されておらず、歴史的真実に反する」としながらも、「しかし、古代における愛の概念は幅広く、多次元。"

この議論は、今日採決が予定されている同性婚に関する法律を議会で審議する中で行われた。

写真:フェイスブック

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-