9.2 C
ブリュッセル
4月(火曜日)23、2024
ヨーロッパウルズラ・フォン・デア・ライエン、欧州委員会のEPP主任候補に指名…

ウルズラ・フォン・デア・ライエン氏が欧州委員会委員長のEPP首席候補に指名

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

欧州人民党(EPP)内の決定的な動きとして、欧州人民党(EPP)大統領の有力候補者指名の提出期間が終了した。 欧州委員会 今日は中央ヨーロッパ時間午後12時に閉店しました。 EPP マンフレッド・ウェーバー会長は、クライストリッヒ民主同盟 (CDU、ドイツ) から特異な指名通知書を受け取り、 ウルスラ·フォン·デア·ライエン 最有力候補として。この指名はEPP加盟2党、プラットフォーマ・オビワテルスカ(PO、ポーランド)とネア・デモクラティア(ND、ギリシャ)の支持によってさらに強化され、フォン・デア・ライエン氏の立候補が確固たるものとなった。

「立候補の手順とスケジュール」に概説されている選考プロセスの今後のステップには、5 年 2024 月 7 日に予定されている EPP 政治議会での指名の見直しが含まれます。立候補は検証後、議会での重要な投票に進みます。 2024年XNUMX月XNUMX日にブカレストで党大会。他に候補者が立てられていないため、欧州委員会委員長という栄誉ある役割の最有力候補者選出への道を整えるEPPの内部手続きに注目が集まっている。ウルズラ・フォン・デア・ライエン氏の指名は、欧州政治における重要な瞬間の舞台を整え、欧州委員会の将来のリーダーシップを決定する上で極めて重要な岐路となる。

シュピッツェンカンディダテン・プロセスとしても知られる、欧州委員会委員長の有力候補者を選出するプロセスは、2014 年の欧州議会選挙で注目を集めました。この革新的なアプローチは、選挙結果を欧州委員長の任命に直接結び付けることで、欧州連合の民主的正当性を強化することを目的としていました。欧州議会で最も多くの議席を確保した政治グループの有力候補者が伝統的に欧州理事会の承認を条件として委員長に指名される。

シュピッツェンカンディダテンのプロセスは、その正当性と実施をめぐって課題や議論に直面しているが、欧州国民を欧州委員長の選出に参加させるための重要なメカニズムであることに変わりはない。ウルズラ・フォン・デア・ライエン氏をEPPの筆頭候補者として指名したことは、欧州連合の将来のリーダーシップを形成する上でのこのプロセスの継続的な関連性と進化を強調するものである。 EPPが内部審査と投票手続きを進めるにつれて、その結果は党の候補者を決定するだけでなく、欧州委員会のより広範な政治情勢にも影響を与えることになる。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-