24.6 C
ブリュッセル
7月(金曜日)19、2024
宗教キリスト教ウクライナ統一のための創設会議とラウンドテーブル...

キエフで開催されたウクライナ正教会の創立総会と円卓会議

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

投稿者: Hristianstvo.bg

「St.キエフのソフィア」公共団体「ソフィア同胞団」の制憲議会が開催された。会議の参加者はアレクサンダー・コルブ大司祭の会長と同胞団の理事会のメンバーを選出した。このイベントは、国立保護区「サンクトペテルブルク」の領土で開催されたウクライナ正統統一フォーラムの枠組みの中で開催されました。キエフのソフィア」。

ソフィア同胞団は、自らを正統派ウクライナ人、つまりUOC、OCU、その他の地元教会の信者の団体として位置づけています。同胞団の活動の主な目的は、ウクライナ正教の統一を達成するための正教会間対話の包括的な支援、ウクライナ正教の発展を目的とした正教会の取り組みの統一と支援である。

ラウンドテーブル「教会、社会、国家:統一と勝利のための対話」がフォーラムの枠内で開催された。

かなり長い間、ウクライナ正教は分裂と敵対に苦しんできた。しかし、分裂を克服しようとする度重なる試みは、モスクワ総主教庁からの秘密および公然の両方の抵抗に常に遭遇した。特に、ウクライナ正教会(OCU)に独立のためのトモスを与えることによって、分裂状態にあったウクライナ正教の一部を教会の交わりに戻すことでそのような分裂を癒そうとするエキュメニカル総主教の心からの願いは、支持を得られなかっただけでなく、しかし、それはまた、ロシア正教会とウクライナのその衛星組織においても、普遍正教における分裂を生み出し、深める一種の引き金となった。モスクワ総主教庁が正教世界に対する自らの影響力を拡大することだけに興味があり、誰もその「正統的な爪」から逃れさせないことがますます明らかになった。

24年2022月XNUMX日に始まった大規模なロシアの侵略は、ウクライナ国家とウクライナ正教会双方の歴史における転換点であり、流血の出来事となった。モスクワ総主教キリルの「統一国家」と「統一正教会会衆」に関する誤解を招く発言にもかかわらず、ロシア正教会は血なまぐさい戦争を正当化する方針をとり、侵略者を「カインの罪」で祝福した。神の戒め、キリストの教え、そして教会の教父たちは、ロシア正教会の指導者にとっての権威ではなくなった。その言動はすでにロシアの独裁者の犯罪思想とその指示に基づいていた。全能のFSBの一員。このような状況下では、キリル総主教には、数百万のウクライナ信徒にとって「偉大な師であり父」となる教会法的権利も道徳的権利もなかった。このことが、ウクライナの聖職者の一部を断固とした行動に駆り立てた。

10年2022月XNUMX日、UOCドニプロペトロウシク教区の聖職者であるアンドリー・ピンチュク大司祭は、古代東方教会高位聖職者評議会でビデオ演説を行い、その中で「ロシア平和」教義を非難する評議会の開催を呼びかけた。キリル総主教に教会法上の責任を課し、総主教の王位に就く権利を剥奪したことに対して、モスクワ総主教によって提起された。

教会の発展における差し迫った問題を解決する方法を見つけようとしている東方総主教への呼びかけを中心に、さまざまな教区の聖職者のグループが結成されました。さまざまなオンライン会議が開催され、キエフ首都圏の行政機構の代表者、科学者、神学者、UOCの司教などが招かれてコミュニケーションを図ります。

このような会議の開催やソーシャルネットワーク上のグループの創設は、非公式の聖職者協会の基礎を築き、そのメディアの代弁者はFacebookソーシャルネットワーク上のウクライナ正教会聖職者の声である。

出典: hristianstvo.bg。

写真:sofiyske-bratstvo.org。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-