19.8 C
ブリュッセル
6月(木曜日)13、2024
宗教キリスト教キリスト教はとても不便です

キリスト教はとても不便です

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

By ナタリア・トラウバーグ (インタビューは 2008 年秋に行われました) 与えられた エレナ・ボリソワとダルジャ・リトヴァク), 専門家 No.2009(19)、19 年 657 月 18 日

クリスチャンであるということは、隣人のために自分自身を捨てることを意味します。これは特定の宗派とは何の関係もありませんが、個人の個人的な選択にのみ依存するため、大衆的な現象になる可能性は低いです。

Natalia Trauberg は、英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語の優れた翻訳者です。キリスト教思想家のギルバート・チェスタトン、弁証家のクライヴ・ルイス、福音主義のドロシー・セイヤーズ、悲しげなグレアム・グリーン、柔和なウッドハウス、児童文学のポール・ギャリコ、フランシス・バーネットをロシアの読者に明らかにした男だ。イギリスでは、トラウバーグは「マダム・チェスタートン」と呼ばれていました。ロシアでは、彼女は修道女ジョアンナであり、聖書協会の理事会のメンバーであり、ラジオ「ソフィア」と「ラドネジ」で放送されている雑誌「外国文学」の編集委員であり、サンクトペテルブルクの聖書神学研究所で教えられていました。 . 使徒アンドリュー。

ナタリア・レオニドヴナは、チェスタートンが「単なるキリスト教」と呼んだものについて話すのが好きでした。それは、「聖なる父の敬虔さ」に後退することではなく、今、ここで、そのような状況や私たちが置かれている場所でのキリスト教徒の生活とキリスト教徒の感情についてです。チェスタートンとセイヤーズについて、彼女はかつて次のように書いた。「彼らの中には、人を『宗教的生活』から遠ざけるものは何もなかった。重力も、甘さも、不寛容も。そして今、「ファリサイ派のパン種」が再び力を増してきたとき、彼らの声は非常に重要であり、それを上回るでしょう。」今日、これらの言葉は完全に彼女と彼女の声に帰することができます。

偶然、ナタリア・トラウバーグがエキスパート誌に最後のインタビューを行った。

ナタリア・レオニドヴナ、人類が経験した霊的危機を背景に、多くの人がキリスト教の復活を待っています。さらに、ロシア正教には世界中のキリスト教が完全に含まれているため、すべてはロシアから始まると信じられています。あなたはそれについてどう思いますか?

ロシアらしさと正教の一致について語ることは、神聖なものと永遠のものに対する屈辱であるように私には思えます。そして、ロシアのキリスト教が世界で最も重要なものであると主張し始めると、キリスト教徒としての私たちに疑問を投げかける大きな問題が生じます。リバイバルについては…歴史上一度も起こったことはありません。比較的大きな訴えもいくつかありました。かつて一定数の人々が、世界からは何も良いことは起こらないと考え、アントニウス大王を追って砂漠に逃げましたが、キリストが砂漠で過ごしたのはたったの12日間だったと記されています… XNUMX世紀、托鉢僧がその時、彼らは、自分たちの生活が何らかの形で福音に反すると感じ、福音に一致するように、別々の島や修道院を設立し始めました。そこで彼らは再び「何かが間違っている」と考えます。そして彼らは、砂漠や修道院ではなく、福音に近い世界で生きようと決意し、誓いによって世界から隔てられました。しかし、これは社会に大きな影響を与えるものではありません。

70年代は言うまでもなく、ソ連では90年代にも多くの人が教会に行きました。これが復興の試みでないとしたら何でしょうか?

70年代には、いわばインテリが教会にやって来ました。そして、彼女が「改宗」したとき、彼女がクリスチャンとしての特質を示さなかっただけでなく、結局のところ、知的な特質も示さなくなったことに気づくことができました。

インテリジェントとはどういう意味ですか?

繊細で寛容であること、自分を掴まないこと、他人の首を引きちぎらないことなど、キリスト教的なものをリモートで再現するもの…世俗的な生き方とは何でしょうか?これは「欲しい」、「欲望」、福音書で「情欲」、「性欲」と呼ばれるものです。そして世俗的な人はただ自分の望むように生きるだけです。それで、ここにあります。 70年代初頭、ベルジャエフやアヴェリンツェフを読んだ多くの人々が教会に通い始めました。でもどう思いますか?彼らは以前と同じように、自分の望むように行動します。群衆を押しのけ、全員を脇に押しのけます。アヴェリンツェフは最初の講義で彼らに引き裂かれそうになったが、この講義では彼は柔和さと忍耐という単純な福音の事柄について話している。そして彼らは、お互いを押しのけながらこう言いました。アベリンツェフの一部が欲しいです!」もちろん、これらすべてを認識して悔い改めることはできます。しかし、飲酒や姦淫だけでなく、悔い改めに来た人を何人見たことがありますか。姦淫を悔い改めることは歓迎されるが、これが彼らが覚えていて気づいた唯一の罪である。しかし、それが後に妻と別れるのを妨げるものではない…そして、それよりももっと大きな罪は、誇り高く、重要で、不寛容で、人々に対して無関心であることだという。 、怖がらせたり、失礼なことをしたり…

福音書には配偶者の姦淫についても非常に厳しく書かれているようですが?

と言われてきました。しかし、福音全体がこれに当てはまっているわけではありません。二人は一体となるべきだというキリストの言葉を使徒たちが受け入れられないときの、驚くべき会話があります。彼らはこう尋ねます:どうしてそんなことが可能なのでしょうか?これは人間には不可能なのでしょうか?そして救い主はこの秘密を彼らに明らかにし、本当の結婚は絶対的な結合であると言い、非常に慈悲深くこう付け加えられました。「誰でも、対応できる人は、対応させてください。」つまり、理解できる人には理解できるということです。それで彼らはすべてをひっくり返し、カトリックの国では離婚できないという法律さえ作りました。でも、怒鳴ってはいけない法律を作ってみてください。しかし、キリストはこのことについてずっと前に、「兄弟に対して無駄に怒っている者は裁きを受けることになる」と語られています。

それが無駄ではなく、的を射ているとしたらどうでしょうか?

私は優れた聖書学者ではありませんが、ここでの「無駄」という言葉は補間であると確信しています。キリストはそれを宣言しませんでした。怒ったり叫んだりする人は、自分の行動が無駄ではないと確信しているので、通常は問題全体が解決されます。しかし、「もしあなたの兄弟があなたに対して罪を犯したなら、あなたとその兄弟だけの間で彼を叱責しなさい」と言われています。一人で。丁寧に、丁寧に、露出してほしいままに。そして、その人が聞こえなかった、または聞きたくなかった場合は、「...それでは、1人か2人の兄弟を連れて」、もう一度話してください。そして最後に、もし彼が彼らの言うことを聞かなかったら、彼はあなたにとって「異教徒であり徴税人」のようなものになるでしょう。

つまり敵として?

いいえ、これはつまり、彼をこの種の会話を理解できない人のようにしておきなさいということです。そしてあなたは脇に退いて、神にスペースを与えます。 「神のために場所を空けなさい」というこの言葉は、聖書の中でうらやましいほどの頻度で繰り返されています。しかし、この言葉を聞いた人を何人見たことがありますか?教会に来て、次のように悟った人を何人見てきたでしょうか。「私には空虚で、愚かさと自慢と欲望と自己主張しかありません…主よ、あなたはどうしてこれを容認しますか?」改善を手伝ってください!」結局のところ、キリスト教の本質は人間全体をひっくり返すことなのです。ギリシャ語の「メタノイア」(考え方の変化)に由来する言葉があります。運、才能、富、人の長所など、世界で重要だと考えられているすべてのものに価値がなくなるとき。心理学者なら誰でもこう言うでしょう、「自分を信じなさい」。そして教会ではあなたは何者でもないのです。誰もいませんが、とても愛されています。そこでは放蕩息子のように、人は父親、つまり神に頼るのです。彼は、少なくとも父親の庭で、許しと何らかの存在を受け取るために彼のところに来ます。精神的に貧しい父親は、彼にひれ伏し、泣きながら彼を前に行かせました。

では、「心が貧しい」という表現にはどのような意味があるのでしょうか。

はい、そうです。誰もがこう思います。どうしてこんなことになるのでしょうか?しかし、それをどのように解釈しても、結局のところ、彼らは何も持っていないという事実に帰着します。世俗的な人は常に何かを持っています:私の才能、私の優しさ、私の勇気。しかし、彼らには何もありません。彼らはすべてを神に依存しています。彼らは子供のようになります。しかし、一部の心理学者が主張するように、子供は美しく純粋な生き物だからではなく、子供がまったく無力だからです。彼は父親なしでは存在できず、食べることも、話すことも学べません。そして心の貧しい人はそのようなものです。キリスト教に来るということは、世俗的な観点からはありえない人生を送る人が一定数いることを意味します。もちろん、ある人が私たちにとって典型的な、哀れで不幸で面白いことをし続けることも起こります。彼は灰色の馬のように酔っぱらうことがある。間違ったタイミングで恋に落ちるかもしれません。一般に、彼の中の人間的なものはすべて残ります。しかし、彼は自分の行動と考えをキリストから数えなければなりません。そして、人がそれを受け入れ、心だけでなく心も開いた場合、キリスト教への改宗が起こりました。

愛の代わりに党派意識

ほとんどのキリスト教徒はさまざまな信仰の存在を知っており、正典の違いに興味を持っている人もいます。これはクリスチャンの日常生活にとって重要ですか?

私は違うと思います。そうでなければ、私たちが教会に来たとき、単に新しい施設に来ただけであることがわかります。はい、美しいです、はい、そこには素晴らしい歌があります。しかし、彼らがこう言うとき、それは非常に危険です。「私はこれこれの教会が大好きです、なぜなら彼らはそこでよく歌っているからです...キリストはどこでも歌わなかったので、正直に言って、彼らは黙っていた方が良いでしょう。」と言うのは非常に危険です。人々が教会に来ると、すべてが逆の施設にいることに気づきます。

これは理想的です。そして実際のところ?

実際、今日ではこれが非常に一般的です。私たちのものはあなたのものです。カトリック教徒と正統派、どちらがクールですか?あるいは分裂病かもしれない。アレクサンダー・メン神父またはゲオルギー・コチェトコフ神父の信奉者。すべてが小さなバッチに分割されます。ある人にとってロシアはキリストの象徴であり、またある人にとってはその逆であり、象徴ではない。それは私たちの多くにも共通していることですよね。私は聖体拝領をし、通りに出ましたが、教会に参加していない人をすべて軽蔑しています。しかし、私たちは救い主が私たちを遣わしてくださった人々のところへ出かけました。彼は私たちを奴隷ではなく友人と呼びました。そして、もし私たちが、理念、信念、利益のために、私たちの「律法」に従って生活しない人々に腐敗を広め始めるなら、そのとき、私たちは本当の意味でクリスチャンではありません。あるいは、セミョン・フランクによる記事があり、彼は正教会の美しさについて語っています。はい、私たちは素晴らしい美しさの世界を見て、それをとても愛し、これが世界で最も重要なことであることに気づきました。それを理解していない周りの人たち。そして私たちが彼らと戦い始める危険があります。そして残念なことに、私たちはこの方向に進んでいます。たとえば、聖なる火の奇跡の物語。私たち正教会のキリスト教徒が最高であると考えるのは、復活祭に聖火が現れるのは私たちだけであり、他の人たちにとっては、クソ、これは驚くべきことです。たとえば、カトリック教のあるフランスで生まれた人々は、神から拒絶されていることが分かりました。クリスチャンは人間にとって太陽のように、正しいことも悪いことも照らしなければならない、と神が言われたのです。これらすべてが良いたよりと何の関係があるのでしょうか?そして、これがパーティーゲームでなくて何でしょうか?

そもそも、これは偽善なのでしょうか?

はい。しかし、キリストが誰も赦さなかったとすれば、それは「独善的」な人々、つまりパリサイ人だけです。律法を使って福音に従って人生を築くことはできません。それは適合しません、これはユークリッド幾何学ではありません。そして私たちは神の力にも喜びを感じています。しかし、なぜ?そのような宗教はたくさんあります。どの異教も神の力、魔法を賞賛します。アレクサンダー・シュメーマンは、そう、おそらく以前に書いたかもしれないが、キリスト教は宗教ではなく、キリストとの個人的なつながりであると書いています。しかし何が起こっているのでしょうか?ここには若い男たちが笑顔で話し、聖体拝領に行っている…そして彼らの後ろには手術後の箸を持った老婦人がいる。そして、彼らはおばあちゃんがいなくて寂しいなんて思いもしないでしょう。そしてこれは典礼の直後であり、そこで再びすべてが語られました。私はそのことに腹を立てて何度か聖体拝領に行きませんでした。そして、いつも日曜日に放送されているラジオ「ラドネジ」で、彼女はリスナーにこう言った。「みなさん、今日はあなたのせいで私は聖体拝領を受けられませんでした。」なぜなら、あなたが見ていると、すでにあなたの魂の中で、聖体拝領を受けるだけでなく、教会を見ることを恥じるようなことが起こっているからです。聖体拝領は魔法のような行為ではありません。これは最後の晩餐であり、キリストの死の前に永遠に祝われるこの夜をキリストと一緒に祝いに来たのであれば、キリストが旧約聖書に付け加えた、すべてをひっくり返した言葉を少なくとも一つ聞いてみてください。 、私があなたを愛してきたように… »

よく言われる言葉は「やりたくないことはやらない」です。

はい、すべての善人への愛は、この黄金律を意味します。非常に合理的です。これを行わなければ、あなたは救われます。旧約聖書のマトリックスは後にイスラム教に引き継がれました。そしてクリスチャンの愛は悲痛な哀れさです。あなたはその人のことがまったく好きではないかもしれません。彼はあなたにとってまったく嫌悪感を抱いているかもしれません。しかし、あなたは、神のほかに、あなたと同じように、神には何の保護もないことを理解しています。私たちの教会の環境でも、そのような哀れみをどれほど頻繁に目にするでしょうか。残念なことに、私たちの国のこの環境でさえ、依然として不快なことがほとんどです。 「愛」という言葉自体がすでに侵害されています。中絶をした少女たちを地獄の火で脅しながら司祭はこう言います。「そして大切なのは愛です…」これを聞くと、完全に無抵抗であっても、良いクラブを手に入れたいという願望が生まれます…

中絶は悪ではないのか?

悪。しかし、それらは非常にプライベートなものです。そして、キリスト教の主な活動が中絶との戦いであるとすれば、これには、この言葉の本来の理解において、何らかの魅力があることになります。ある女の子が普通の人と同じように愛を求めていたのに、出産が難しい状況に陥ったとします。そして神父は彼女に、もし中絶中に死んだら即地獄に行くだろうと告げる。そして彼女は足を踏み鳴らして「私はあなたの教会には行かない!」と叫びました。そして彼は踏み鳴らして正しいことをしている。さあ、クリスチャン、中絶を禁止して、恋に落ちること以上に尊いことはなく、時代遅れだから、非キリスト教的だからという理由で誰も拒否することはできない、と聞いた女の子たちを徹底的に怖がらせてください。何でも。ひどい話ですが、カトリック教徒にはそういう習慣があります…。

正統派はどうですか?

反対側にはさらに多くのことがあります。アイコンがぶら下がっている家で犬を飼うことが可能かどうかを尋ねるのですが、主なトピックの1つは断食です。いくつかの奇妙な異教的なもの。私が小さな教会のラジオチャンネルで放送を始めたばかりのとき、彼らが私に質問したのを覚えています。「教えてください、クリスマスイブにスターの前で食事をするのは大きな罪ですか?」そのとき私は放送中に泣きそうになり、今話していることについて2時間話し続けました。

自分自身を否定する

では、ここで何ができるでしょうか?

しかし、それほど怖いものはありません。私たちが長い間罪の概念を持たず、自己愛、「生きる能力」、自発性、自分の正しさへの自信、忍耐以外のものを罪として受け入れるようになったとき、私たちは始める必要があります。またまた。多くの人が最初からやり直さなければなりませんでした。そして、聞く耳のある人は、聞いてください。たとえば、ここには偉大な聖人である福者アウグスティヌスがいます。私たちの基準で測れば、彼は賢く、有名で、素晴らしいキャリアを持っていました。しかし、彼にとって人生は困難になりました。これは非常に典型的なことです。

アウグスティヌスにとって生きるのが難しくなったということはどういう意味でしょうか?

これは、何かが間違っていることに気づき始めるときです。今日、人々は美しい教会に行き、美しい歌を聴くことでこの感情を和らげます。確かに、その場合、彼らはほとんどの場合、キリストが言われたことを一度も聞かずに、すべてを憎み始めるか、偽善者になります。しかし、アウグスティヌスの場合はそうではありませんでした。友人が彼のところに来てこう言いました。私たちは知恵を探していますが、すべてがそこにあるわけではありません。」オーガスティンはとても興奮して庭に飛び出しました。そしてどこからか「手に取って読んでみてください!」という声が聞こえてきました。この少年は路上で誰かに向かって叫んでいたようです。そしてアウグスティヌスは、それが自分のためであると聞きました。彼は部屋に駆け込み、福音書を開いた。そして私はパウロのメッセージ、「主イエス・キリストを着なさい。肉の思い煩いを情欲に変えないでください。」という言葉に出会いました。簡単なフレーズ: 自分を否定し、十字架を背負い、自分自身についての懸念を愚かな欲望に変えないでください。そして世界で最も重要な世俗の法則であることを理解してください。自分の頭で考えたことを実行するか、他に何があるかわかりません、欲しい – クリスチャンのためではないことは関係ありません。この言葉でアウグスティヌスは完全に変わってしまいました。

すべてがシンプルなようです。しかし、なぜ人は自分自身を否定することがめったにないのでしょうか?

キリスト教って実はとても不快なものなんです。そうですね、誰かを上司に任命したとします。その人は、そのような状況でクリスチャンのように振る舞うことは非常に難しいと考えているに違いありません。彼にはどれほどの知恵が必要なのでしょうか。どれだけの優しさが必要なのか!彼はすべての人を自分自身のように考えなければならず、理想的にはキリストが人々についてそうするのと同じように考えなければなりません。彼は自分の下を歩くすべての人たちの立場に立って、自分の世話をしなければなりません。あるいは、こんな機会があるのになぜ移住しなかったのかと聞かれたのを覚えています。私はこう答えました。「それは両親を殺すことになるからです。」彼らはそこを離れる勇気はなく、年老いて病気で孤独になってここに留まるだろう。」そして、どの段階でも同様の選択肢があります。たとえば、上から来た誰かがあなたのアパートに浸水させましたが、その人はあなたに修理代を補償するお金を持っていません…あなたは彼を訴訟したり、彼と口論を始めたりして、それによって彼の人生を台無しにすることができます。あるいは、すべてをそのままにしておいて、機会があれば自分で修理することもできます。自分の順番を放棄することもできます…静かにしてください、重要ではありません…気分を害しないでください…非常に単純なことです。そして再生の奇跡は徐々に起こります。神は人間に自由を与えましたが、自由意志で破ることができるのは私たち自身だけです。そして、キリストがすべてを成してくださるのです。ルイスが書いたように、私たちが必要なのは、私たちが縛られている鎧を開けて、私たちの心の中に主を受け入れることを恐れないことだけです。この試みだけで人生は完全に変わり、人生に価値、意味、喜びが与えられます。そして、使徒パウロが「いつも喜びなさい!」と言ったとき、彼はまさにそのような喜び、つまり精神の最高の高みでの喜びを意味していました。

彼は「泣く人と一緒に泣きなさい」とも言いました…。

問題は、泣き方を知っている人だけが喜ぶことができるということです。泣く人たちと苦しみや悲しみを分かち合い、苦しみから逃げません。キリストは、悲しむ人は祝福されると言われます。 Blessed とは、幸せで人生がすべて充実していることを意味します。そして神の約束は天的なものではなく、地上的なものです。はい、苦しみはひどいです。しかし、人々が苦しんでいるとき、キリストは、「苦しんでいる者、重荷を負っている者はみな、わたしのところに来なさい。わたしがあなたたちを休ませてあげよう。」と勧められます。ただし、条件が 1 つあります。わたしのくびきを負ってください。そうすれば、あなたは魂の安息を得ることができます。そしてその人は本当に平安を見出します。さらに、そこには深い平安があり、彼が凍ったように歩き回るようなことはまったくありません。彼はただ虚栄心や混乱の中で生き始めるのです。そして神の国の状態が今ここに到来します。そして、それを学べば、私たちも他の人を助けることができるかもしれません。そしてここがとても重要なことです。キリスト教は救いの手段ではありません。クリスチャンは救われる人ではなく、救う人です。

つまり、彼は隣人を説教し、助けるべきなのでしょうか?

それだけではありません。最も重要なのは、彼が異なる種類の生命の小さな要素を世界に導入したことです。私の名付け親である乳母がそのような要素を導入しました。そして、私はそのような人を見て、彼を知ったことを決して忘れることはできません。彼女は福音に非常に近かったのです。彼女は無一文の召使いでしたが、完璧なクリスチャンとして生きていました。彼女は決して人に危害を加えたり、攻撃的な言葉を言ったりしたことはありません。一度だけ覚えています…私はまだ小さかったので、両親がどこかに行って、私たちは同意したので毎日両親に手紙を書きました。そして、私たちを訪ねてきたある女性はこれを見てこう言いました。ベイビー、やりたくないことは決してしないでください。そしてあなたは幸せな人になるでしょう。」すると乳母は青ざめてこう言いました。あなたには自分の家があり、私たちには私たちの家があります。」それで、一生に一度、彼女から厳しい言葉を聞きました。

あなたの家族、両親は違いましたか?

私の祖母、マリア・ペトロヴナも決して声を上げませんでした。彼女は、そこで反宗教的なことを言わなければならなかったために、教師として働いていた学校を辞めました。祖父が生きている間、彼女は帽子とフォーマルなコートを着て、本物の女性のように祖父の周りを歩き回っていました。そして彼女は私たちと一緒に引っ越しました。そして、彼女にとって、それは簡単ではありませんでした。非常にタフな人であり、明らかにタイプ的に、私たち不注意な人々にとっては簡単ではありませんでした。これが私の母、その娘、ここに彼女の未婚の夫、映画監督、一般的にはボヘミアンです…私の祖母は自分がユダヤ人であるとは決して言いませんでした、なぜなら普通のクリスチャンは反ユダヤ主義者にはなれないからです。そして彼女は私と一緒にどれだけ苦しんだことでしょう!学校に通っていなかった17歳の学生だった私は大学に行き、そこで喜び、成功、恋に落ちて気が狂いそうになりました…そして私がやったすべての愚かなことを覚えているなら!私は恋に落ち、祖父の結婚指輪を盗みました。私が感じた素晴らしい感情が、この指輪に綿毛を詰めて指にはめて、それを持って歩き回る権利を与えてくれたと信じていました。乳母はおそらくもっと穏やかに言っただろうが、祖母は厳しくこう言っただろう。ナンセンス。」

そして、これは厳しいですか?

彼女にとっては、とてもそう。そして、母は、祖母と乳母の教育を受けて私が考えていた以上にファッショナブルな服を着るために、私に何かを証明するために私の頭を壁にぶつけることができました。しかし、ボヘミアンな生活に苦しめられている彼女は、強制的に導かれた生い立ちのせいで彼女にとって異質でもあり、それを判断することはできません。そして彼女は、私が自分自身を破滅させるので、私に信仰を思いとどまらせなければならないと常に信じていました。メッシンガも私を正気に戻すよう誘ってくれました。いいえ、彼女はキリスト教と闘ったのではなく、娘にとってそれが難しいことを理解していました。それは、私たちが神はいないと宣言したソビエト連邦に住んでいたからではありません。いつの時代でも、親は子供たちにキリスト教をやめさせようとします。

クリスチャンの家庭でも?

たとえば、アントニウス大王、聖テオドシウス、シエナのエカチェリーナ、アッシジのフランシスコ… 4 つの物語はすべてキリスト教徒の両親を持っています。そして、すべての子供たちは人間らしい人間であり、私の子供はクレチンであるという事実についてです。テオドシウスはクラスのようにおしゃれな服装をしたくなく、多くのエネルギーと時間を善行に捧げます。キャサリンは友達と出かけたり家の世話をしたりする代わりに、毎日1時間睡眠で病人や貧しい人々の世話をしています。フランシスは明るい生活と父親の遺産を拒否します...そのようなことは常に異常であると考えられてきました。さて、「成功」、「キャリア」、「運」という概念が実質的に幸福の尺度になっている現在では、なおさらです。世界の引力は非常に強いです。チェスタトンによれば、このようなことはほとんど起こりません。「逆立ちして」、そのように生きてください。

もし少数の人だけがクリスチャンになったら、このすべてに何の意味があるのでしょうか?

しかし、大規模なものは何も想定されていませんでした。キリストが「パン種」、「塩」という言葉を話したのは偶然ではありませんでした。このような小さな測定。しかし、それらはすべてを変え、あなたの人生全体を変えます。平和を保ってください。彼らは、絶対的な不名誉に達した家族であっても、どこかで、ある種の祈りや、ある種の偉業を持った誰かを抱きます。そこには、一見すると奇妙な世界が広がります。簡単なときは実行し、難しいときは話し、不可能なときは祈ります。そしてそれはうまくいきます。

そして謙虚さも、その助けがあればこそ、周囲で勝利を収める悪を克服できるのです。

イラスト:図像タイプ「悪魔の夢遊病者の治療」

出典: http://trauberg.com/chats/hristianstvo-e-to-ochen-neudobno/

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-