11.9 C
ブリュッセル
4月(木曜日)18、2024
宗教キリスト教ギリシャが同性結婚を承認した最初の正教国となった

ギリシャが同性結婚を承認した最初の正教国となった

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ロイター通信によると、同国の議会は同性間の民事婚を認める法案を承認し、LGBTコミュニティの権利支持者らがこれを称賛した。

同性カップル間の民事婚合法化の支持者と反対者の代表が国会前に集まった。

この法律は同性カップルに結婚と養子縁組の権利を与えるもので、社会的に保守的なバルカン諸国で結婚の平等を求めるLGBTコミュニティによる数十年にわたる運動を経て制定された。

「これは歴史的な瞬間だ」と同性の子育て団体レインボー・ファミリーズの代表ステラ・ベリア氏はロイターに語った。 「今日は喜びの日だ」と活動家は付け加えた。

この法案は定数176の国会議員300人によって承認され、官報に掲載されると成立する。

中道右派の新民主主義党のキリアコス・ミツォタキス首相内閣のメンバーはこの法案を棄権または反対票を投じたが、異例の超党派の結束を示し、物議をかもした議論にもかかわらず、左派野党から十分な支持を得た。

ミツォタキス氏は採決前に議会に対し、平等に賛成の意を示し、法案を承認するよう呼び掛けた。

「すべての民主主義国民にとって、今日は明日障壁が取り除かれるという喜びの日だ」とギリシャ首相は国会議員らへの演説で宣言した。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-