9.1 C
ブリュッセル
4月の金曜日、19、2024
経済クリスティーヌ・ラガルド氏、ECB年次報告書とユーロ圏について欧州議会で演説...

クリスティーヌ・ラガルド氏、ECB年次報告書とユーロ圏の強靭性について欧州議会で演説

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

極めて重要な点で 欧州議会で行われた演説 26年2024月XNUMX日にストラスブールで行われた本会議で、欧州中央銀行(ECB)のクリスティーヌ・ラガルド総裁は、経済的課題や地政学的な不確実性を乗り越えて欧州を乗り切るための議会の協力的な取り組みに感謝の意を表明した。 ラガルド 経済情勢の進化に直面して繁栄を促進し、回復力を強化するという共通の目標を強調した。

講演では、ECBの説明責任と、特にECB年次報告書に関連したECBと欧州議会の間で継続中の対話の重要性が中心に語られた。ラガルド氏はユーロ圏経済の現状について洞察を提供し、最近のショックがインフレや経済活動に及ぼす影響を強調した。

スピーチで取り上げられた重要なポイント:

  1. 経済概要: ラガルド氏は、インフレ率の変動や2023年の経済成長の鈍化など、ユーロ圏経済が直面する課題について概説した。世界貿易と競争力の弱さにもかかわらず、近い将来に経済が好転する可能性を示す兆候がある。
  2. 金融政策: 講演ではECBの金融政策スタンスについて議論し、インフレ率を2%の中期目標に戻すことを支援するために主要政策金利を維持することの重要性を強調した。ラガルド氏は、適切な制限レベルを決定する際にはデータに依存したアプローチの必要性を強調した。
  3. ユーロ圏の回復力: ラガルド氏は、エネルギー価格の高騰、地政学的不安定、高齢化やデジタル化などの構造的課題に直面したユーロ圏の回復力を強化する必要性を強調した。同氏は、エネルギーの自立、クリーンエネルギーとグリーンテクノロジーへの投資、経済通貨同盟の深化の重要性を強調した。
  4. 統合と競争力: 講演では、欧州の競争力と回復力を強化するためのより統合された単一市場の重要性が強調された。ラガルド氏は、規制上の障害を軽減し、イノベーションを促進し、成長と投資を支援する資本市場同盟や銀行同盟などの取り組みを完了する必要性を強調した。
  5. 結論: ラガルド氏は最後に、統合と連帯を促進するための欧州の大胆な行動を呼び掛けた。同氏は、進行中の課題に直面して欧州の団結と回復力を強化することの重要性を強調し、物価安定に対するECBのコミットメントとEU代表との継続的な対話を再確認した。

閉会の挨拶でラガルド氏はシモーヌ・ヴェイユ氏の意見に同調し、欧州の課題に対処する上での団結、独立、協力の重要性を強調した。同氏は、ユーロ圏の力を強化するための欧州の断固とした行動を促す上での議会の役割に自信を表明した。

ラガルド氏の講演は、地域の安定と繁栄を促進するために欧州機関との協力を促進しながら、経済の不確実性を乗り越えるというECBのコミットメントを強調した。ユーロ圏が直面する主要な経済・政策課題に対処するためのロードマップを示し、欧州の将来を形作る上での団結と回復力の重要性を強調した。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-