9.2 C
ブリュッセル
4月(火曜日)23、2024
ニュースグアドループから海を越えてヨーロッパまで、ピルバカスは農民の権利のために戦う

グアドループから海を越えてヨーロッパまで、ピルバカスは農民の権利のために戦う

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

農民の動員が復活し不満が高まる中、フランスの農業セクターがパリで毎年開催される農業サロンに向けて準備を整える中、フランス農業の重要な部分、つまり海外領土にスポットライトが当たらないことがよくある。自身もグアドループ出身の 5 代目農家である国会議員マクセット・ピルバカス氏は、 彼女は声を上げた これらの地域が忘れられないようにするためです。

ピルバカス氏は力強い声明の中で、フランスの海外県や海外領土の農民が直面する明確な課題を強調した。 「パリで農業サロンが開催される数日前に不満が高まり、農民の動員が再び増えているのを私たちは目の当たりにしている。一方、農民運動は現在、大きな国民の支持を得ています。そして農民は政治的利益のためにあらゆる政党から求愛されている。海外領土の農業経営者を忘れないことが重要です」とピルバカス氏は語った。

彼女は、これらの地域が直面する、本土とは大きく異なる特有の問題を強調した。これらには、不公平な競争、不十分な農産物価格設定、過剰な規範や行政上の制約が含まれます。具体的な争点は、グアドループのサトウキビの価格モデルであり、この価格モデルは60年以上変わっておらず、地元農家の動員を促している。

  地理的、気候的、歴史的 これらの地域の特殊性により、農業に対するカスタマイズされたアプローチが必要になります。これらの地域に共通の課題があるにもかかわらず、各地域は、その特有の地理的、人口統計的、気候条件、および地域環境に起因する固有の障害に直面しています。

ピルバカス氏は、海外領土における農業の共通要素として、経済的、生態学的、社会的要素を含む多機能性を指摘した。これらの地域の農業の注目すべき特徴は、小規模および非常に小規模な農場、つまりマイクロファームが普及していることであり、特に潜在力の高い地域において、都市流出を防ぎ、農村の活動を維持する上で重要な役割を果たしています。

さらに、これらの地域の大規模で生産性の高い農場は、砂糖やバナナなどの輸出に重点を置いていることが多く、特有の一連の課題に直面しています。これらの農場は、小規模な農場とともに、本土の農場よりも経済に大きく貢献し、生態学的および社会的な基本的な役割を果たしています。

ピルバカス氏は、これらの小規模農場が「小規模生物経済的および農業生態学的農業」(APEBA)として行政的に分類されていることを強調し、水と土壌の品質を維持し、灌漑システムを修復し、公的農業政策と価格基準を改訂する実践の統合を求めた。同じ義務を負わない直接の競合他社と競争の場を平等にするため。

海外領土の生態系は脆弱であるため、農業生産と環境配慮のバランスをとることが急務となっています。これには、これらの地域が本土よりも深刻に直面している気候変動などの課題への取り組みが含まれます。

「」というタイトルの2016年上院報告書を参照海外領土の農業: 規範的枠組みの適応なくして未来はない」とピルバカス氏は、報告書以来、海外の農民の状況を改善するために公的当局が何をしてきたかを疑問視した。彼女は大都市公共および労働組合当局に対し、議論や交渉において海外の同僚を見落とさないよう呼び掛けた。 「私たちは代表されて意見を聞かなければなりません、」とピルバカス氏は結論付け、フランスの海外領土の特定の農業課題に対処するための統一的なアプローチの必要性を強調した。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-