9.5 C
ブリュッセル
4月(土曜日)20、2024
健康スクリーンタイムは目に重大な悪影響を与える可能性があります: それを回避する方法は次のとおりです

スクリーンタイムは目に重大な悪影響を与える可能性があります: それを回避する方法は次のとおりです

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開
会話
スクリーンタイムは目に重大な悪影響を与える可能性があります: これを回避する方法は次のとおりです 6

コンピューター画面の前で長時間過ごした後、医療機関を求める患者が毎日増えています。最も一般的な症状には、目の炎症やかゆみ、目の表面が乾燥したり砂がついたような感覚が含まれます。

これらは、ドライアイ疾患の明らかな兆候であり、次のような症状を引き起こします。 世界人口の5%から50%、年齢、性別、民族、その他の要因によって異なります。この状態は複数の原因で発生する可能性がありますが、ライフスタイルが重要な役割を果たします。画面の使用、および使いすぎは主な要因の 1 つです。

コンピューター、携帯電話、タブレットを見ているとき、私たちはまばたきの回数が減ります。 点滅が不完全であることが多い、目が完全に閉じていないことを意味します。スクリーンは投影光の源でもあり、目の表面の温度を上昇させ、涙の蒸発を増加させます。

スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ大学では、 調査 新型コロナウイルスのパンデミック中にハイブリッド教育を受けた大学生の割合: 授業の 50% は対面で、50% はオンラインでした。私たちが収集したデータによると、画面を見る時間の増加は、より深刻なドライアイ症状に関連していることがわかりました。授業以外でより多くの時間(8日XNUMX時間以上)画面を使用した人は、より急性の症状を示しました。

image スクリーンタイムは目に重大な悪影響を与える可能性があります: これを回避する方法は次のとおりです
画面の使用時間とドライアイの症状との関係。グラフは、同様の年齢層の毎日の画面利用時間が 6 時間(左)、6 ~ 8 時間(中央)、8 時間以上(右)の場合の症状を比較しています。

特定の仕事ではスクリーンタイムを減らすことは不可能ですが、特定の推奨事項に従うことでイライラや問題を減らすことができます。この問題を基本的に理解することは、目を大切にするのにも役立ちます。

涙とまぶた

目の表面は、まぶた、涙液の膜(目の液体のコーティング)、角膜、結膜で構成されています。の 健康 これらの組織は目の機能に関連しています。それらのいずれかが影響を受けると、目に炎症を引き起こす可能性があります。

涙液層は 2 つの層で構成されています。下層はタンパク質と水で構成され、上層は油で構成されています。水の層は目の水分を保つ役割を果たし、油は目の水分が急速に蒸発するのを防ぎます。どちらかの層に問題があると不均衡が生じ、層が均一に分布できなくなり、炎症を引き起こす可能性があります。

まぶたは涙液層を均一に保ち、保護する働きがあります。画面を見るときにまばたきの頻度が減ると、この層が目の表面に適切に分布することができなくなります。

ドライアイ疾患に苦しんでいますか?

何よりもまず、パニックになる原因は多くの場合ありません。ドライアイの特定の症状に苦しんでいるからといって、必ずしもドライアイ疾患であるとは限りません。が発行しているガイドでは、 涙液膜と眼表面学会 報告されている症状に加えて、患者は目の表面に損傷の兆候も示さなければならないことが非常に明確です。医療専門家は、この損傷が存在するかどうか、さらにどのような措置を講じる必要があるかを判断します。

ただし、注意すべき兆候もあります。これらには、乾燥、かゆみ、灼熱感、炎症、または目の涙の感覚が含まれます。研究者らは、画面を長時間使用した後に最も一般的な症状は次のようなものであることを発見しました。 刺激.

刺激を軽減し、ドライアイ疾患を回避する方法

予防策を講じることで、スクリーンが私たちに敵対するのではなく、私たちと協力して機能することを保証できます。

  • 画面の高さ: 画面を目の高さより下に置くことが常に最善です。こうすることで、まぶたをあまり開く必要がなくなり、長時間露出する目の表面が少なくなります。
  • スクリーンの位置と照明: ランプや座っている席の後ろの窓からの光がスクリーンに反射するのを避ける必要があります。過度の光は私たちの集中力を高め、その結果まばたきの回数を減らします。これは反射防止フィルターを使用することで解決できます。
  • 休憩時間: 休息は目の親友です。一般的な経験則は 20-20-20 ルールです。 20 分間の作業ごとに、20 フィート (約 6 メートル) 離れたものを 20 秒間見つめます。これは、 目の乾燥の症状を軽減することが証明されています、画面から目をそらすと、通常のまばたきの速度が再び確立されます。
  • 環境条件: 低湿度、高温、開いた窓やエアコンからの気流、タバコの煙、過剰な芳香剤はすべて目の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
  • 目の水分補給: 特に仕事が忙しい日には、点眼薬が最適な選択肢となる場合があります。生理食塩水は涙液の組成と異なるため避けてください。彼らは油分とタンパク質を欠いているため、この層を不安定にする可能性があります。最良の選択肢は、防腐剤を含まず、目に損傷を与えない単回投与の人工涙液です。

私たちの社会ではスクリーンが普及しているため、ドライアイの症状が一般的になっています。しかし、正しい手順を踏んでこの問題に立ち向かえば、生活の質に影響を与える必要はありません。

Capture decran 2024 02 19 a 17.18.18 スクリーンタイムは目に重大な悪影響を与える可能性があります: これを回避する方法は次のとおりです
スクリーンタイムは目に重大な悪影響を与える可能性があります: これを回避する方法は次のとおりです 7
Capture decran 2024 02 19 a 17.19.43 1 スクリーンタイムは目に重大な悪影響を与える可能性があります: これを回避する方法は次のとおりです
スクリーンタイムは目に重大な悪影響を与える可能性があります: これを回避する方法は次のとおりです 8
Capture decran 2024 02 19 a 17.23.07 スクリーンタイムは目に重大な悪影響を与える可能性があります: これを回避する方法は次のとおりです
スクリーンタイムは目に重大な悪影響を与える可能性があります: これを回避する方法は次のとおりです 9

この記事は、 スペイン語

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-