9.4 C
ブリュッセル
4月(日曜日)21、2024
アジアタイは平和と光のアフマディ宗教を迫害。なぜ?

タイは平和と光のアフマディ宗教を迫害。なぜ?

ウィリー・フォートレ、アレクサンドラ・フォアマン著

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ウィリー・フォートル
ウィリー・フォートルhttps://www.hrwf.eu
ウィリー・フォートレ氏、元ベルギー教育省内閣およびベルギー議会の特使。 彼はの監督です Human Rights Without Frontiers (HRWF) は、ブリュッセルに本拠を置く NGO で、1988 年 25 月に設立されました。彼の組織は、民族的および宗教的少数派、表現の自由、女性の権利、LGBT の人々に特に重点を置き、人権全般を擁護しています。 HRWF はいかなる政治運動や宗教からも独立しています。 フォートレは、イラク、サンディニズムのニカラグア、ネパールの毛沢東主義者の支配地域などの危険な地域を含む、XNUMXカ国以上で人権に関する事実調査任務を遂行してきた。 彼は人権分野の大学で講師を務めています。 彼は国家と宗教の関係について大学の雑誌に多くの論文を発表しています。 彼はブリュッセルの記者クラブの会員です。 彼は国連、欧州議会、OSCE で人権擁護活動家です。

ウィリー・フォートレ、アレクサンドラ・フォアマン著

ポーランドは最近、出身国で宗教上の理由で迫害されているタイからの亡命希望者の家族に安全な避難所を提供したが、彼らの証言によれば、それは西洋人観光客にとっての楽園のイメージとは大きく異なるようだ。彼らの申請は現在ポーランド当局によって審査されています。

現在ポーランドにいるハディー・レーパンカエオさん(51)、妻のスニー・サタンガさん(45)、娘のナディア・サタンガさんは、平和と光のアフマディ宗教の会員である。彼らの信念は憲法に反するだけでなく、地元のシーア派コミュニティにも反するため、タイで迫害されました。

トルコで逮捕され厳しい扱いを受けた後、家族は国境を越えてブルガリアに避難することを決意した。彼らは、104 人のメンバーからなるグループの一員でした。 アフマディー教の光と平和の宗教 彼らは国境で逮捕され、トルコ警察に殴打された後、悲惨な環境の難民キャンプに何か月も拘留された。

アフマディー教の平和と光は、1999 シーア派イスラム教にそのルーツを見出している新しい宗教運動です。 XNUMX年に設立されました. が率いる アブドラ・ハシェム・アバ・アル・サディクは、その神聖な導き手としてイマーム・アハメド・アル・ハッサンの教えに従っています。これを、19 世紀にスンニ派の文脈内でミルザ・グラム・アフマドによって設立されたアフマディーヤ共同体と混同しないでください。アフマディーヤ共同体とは何の関係もありません。

平和と光のアフマディ宗教の信者104人の問題を取材した英国人ジャーナリスト、アレクサンドラ・フォアマンは、タイにおける宗教迫害の根源を調査した。以下は彼女の調査の結果です。

タイ憲法と平和と光のアフマディ宗教の信念との対立

ハディーと彼の家族は、タイが平和と光のアフマディ宗教の信者にとってますます危険な場所となったため、タイを離れなければならなかった。この国の不敬罪法、刑法第 112 条は、君主制への侮辱を禁じる世界で最も厳しい法律の 2014 つです。 XNUMX年に軍が権力を掌握して以来、この法律はますます厳格に施行され、多くの個人に厳しい懲役刑が科せられている。

アフマディー教徒の平和と光の宗教は、神だけが統治者を任命できると教えており、そのため多くのタイの信者が不敬罪で標的にされ、逮捕されている。
さらに、タイ憲法第 2 章第 7 節は国王を仏教徒として指定し、国王を「宗教の擁護者」と呼んでいます。

アフマディー教の平和と光の宗教の信者は、その宗教教義が宗教の擁護者は精神的指導者であるアバ・アル・サディク・アブドゥッラー・ハシェムであると主張しているため、その信念体系が原因で根本的な対立に直面しており、それによって指定された役割とのイデオロギー的な不一致が生じている。国家の枠内における国王の地位。

さらに、タイ憲法第 2 章第 6 条に基づき、「国王は崇拝される地位に即位するものとする」と定められています。アフマディー教の平和と光の宗教の信者は、神とその神から任命された副長官だけがそのような尊敬に値するという根本的な信念のため、タイ国王に礼拝を捧げることができない。その結果、彼らは国王の崇拝の権利の主張は不当であり、彼らの宗教的教義と矛盾するとみなしている。

ワット・パ・プーコン・パノラミオ・タイは平和と光のアフマディ宗教を迫害している。なぜ?
マット・プロッサー CC BY-SA 3.0 、ウィキメディア・コモンズ経由 – 仏教寺院 ワット・パ・プーコン (ウィキメディア)


アフマディー教徒の平和と光の宗教は、米国とヨーロッパでは正式に登録された宗教ですが、タイでは公式の宗教ではないため、保護されていません。タイの法律 公式に認めている宗教団体は、仏教徒、イスラム教徒、バラモン・ヒンズー教徒、シーク教徒、キリスト教徒の 5 つだけです。そして実際には、政府は政策として、5つの統括団体以外の新しい宗教団体を認めないことになる。平和と光のアフマディ宗教がそのような地位を得るには、次のことが必要となるだろう。 他の5つの公認宗教から許可を得る。しかし、毎日5回の礼拝が廃止されていること、カーバ神殿はメッカではなくペトラ(ヨルダン)にあること、コーランには腐敗があるなどの考えがあるため、イスラム教徒グループはこの宗教を異端とみなしているため、これは不可能である。

ハディー・レーパンカエオ、不敬罪を理由に個人的に迫害される

平和と光のアフマディ宗教の信者であるハディー・レーパンカエオさんは、以前は一般に「赤シャツ」グループとして知られる反独裁民主統一戦線の一員として積極的な政治活動家として活動し、独裁主義への反対を主張していた。タイ王室の権威。ハディー氏が平和と光のアフマディ宗教を信奉したとき、政府と関係のあるタイの宗教学者たちは、ハディー氏を不敬罪に陥れ、政府を彼に対して扇動する絶好の機会であると判断した。法的影響を恐れずに行動できると信じていたサイード・スライマン・フサイニと関係のあるシーア派信者らからの殺害脅迫の標的にされていることに信者たちが気づいたとき、状況はますます危険になった。

2022年112月に平和と光のアフマディ宗教の福音である「賢者の目標」が発表された後、緊張は著しく高まった。この文書はイラン聖職者の支配とその絶対的権力を批判しており、平和と光のアフマディ宗教の信者に対する世界規模の迫害の波を引き起こした。タイでは、イラン政権とつながりのある学者らが聖典の内容に脅威を感じ、アフマディ教「平和と光」の宗教に反対するタイ政府へのロビー活動を始めた。彼らは、ハディーと仲間の信者たちをタイ刑法第 XNUMX 条に基づく不敬罪に関与させようとした。

12月、ハディーはパルトークでタイ語でスピーチを行い、「賢者の目標」について議論し、唯一の正当な統治者は神によって任命された統治者であるという信念を主張した。

30 年 2022 月 XNUMX 日、ハディーは政府の秘密部隊が彼の邸宅に到着したとき、厄介な遭遇に直面しました。屋外に追い出されたハディーさんは身体的暴行を受け、歯を失うなどの怪我を負った。不敬罪で告発された彼は暴力の脅迫を受け、自分の宗教的信念をこれ以上広めないよう警告された。

 その後、彼は隠れ家に似た非公開の場所で23日間拘留され、毎日の虐待に耐えた。さらなる迫害を恐れたハディーは、すでに君主制への脅威とみなした当局からの報復を恐れ、負傷の治療を求めることを控えた。家族の安全を懸念したハディーさんと妻、娘のナディアさんは、志を同じくする信者の間での避難を求め、2023年XNUMX月XNUMX日にタイからトルコに向けて逃亡した。

シーア派学者による憎しみと殺害の扇動

タイのアフマディ宗教の信者は、タイで大きな影響力を持ち、特に政府や国王と強いつながりを持つ宗教団体からの迫害にも直面している。

イスラム原理主義者の多くは、著名なシー​​ア派学者サイード・スライマン・フセイニによって率いられており、彼は平和と光のアフマディ宗教の信者に対する暴力を扇動することを目的とした一連の指令を出した。 「もし彼らに出会ったら、木の棒で殴ってください」と彼は言い、「平和と光のアフマディ宗教はこの宗教の敵だ。一緒に宗教活動を行うことは禁止されています。彼らと一緒に座って笑ったり、一緒に食事をしたりするなどの活動をしないでください。そうしないと、あなたもこの誤った指導の罪を共有することになります。」サイード・スライマン・フセイニ氏は、アフマディ教徒が悔い改めて宗教を離れないのであれば、神は「彼ら全員を排除する」はずだ、と祈りを捧げて説教を終えた。

タイの平和と光のアフマディ宗教に安全な未来はない


アフマディ宗教「平和と光」の信者に対する政府の迫害は、13年14月2023日にタイ南部ソンクラー県ハジャイでの平和的な行進中に信者XNUMX人が逮捕され、最高潮に達した。当時、信者らは厳格な不敬罪を非難していた。法律とタイでの信仰を宣言する自由の欠如。尋問中、彼らは自分たちの信念を二度と公に宣言したり表明したりすることは禁じられていると言われました。

ハディー氏の出国以来、タイに残っているハディー君の兄弟たちは秘密警察からの嫌がらせにさらされており、彼の居場所について取り調べを受けている。この圧力により、タイ当局による更なる嫌がらせを恐れて、彼らはハディーとの連絡を絶った。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-