11.4 C
ブリュッセル
4月(土曜日)13、2024
ドストエフスキーとプラトンは「LGBTプロパガンダ」によりロシアで販売から外された

ドストエフスキーとプラトンは「LGBTプロパガンダ」によりロシアで販売から外された

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ロシアの書店メガマーケットに、「LGBTプロパガンダ」を理由に販売から除外される書籍のリストが送られてきた。ジャーナリストのアレクサンドル・プリュシチェフは、自身のテレグラム・チャンネルで257件のタイトルのリストを公開した、とモスクワ・タイムズ紙は書いている。

リストには文学の小説だけでなく古典も含まれています。たとえば、店は、フョードル・ドストエフスキーの『ネチカ・ネズヴァーノヴァ』、プラトンの『ピュロス』、ジョバンニ・ボッカッチョの『デカメロン』、ヴァージニア・ウルフの『オーランド』、『失われた時を求めて』などの書籍の広告をウェブサイトから削除する必要がある。マルセル・プルーストの「イット」とスティーヴン・キングの「イット」。

販売が禁止されている作品の中には、シュテファン・ツヴァイク、アンドレ・ジッド、三島由紀夫、パティ・スミス、フリオ・コルタサルなどの世界の古典作家の作品や、村上春樹やヴィクトリア・トカレヴァなどの現代作家の作品も含まれます。

プリュシチェフは、これらすべての著者の本を販売から削除するよう具体的に主張したのが誰であるかについては明らかにしていない。 「Megamarket」は、Sberbank (85%)、M. Video-Eldorado (10%)、および M.Video と Goods.ru (5%) の創設者によって所有されています。

2022年XNUMX月、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、LGBTのプロパガンダ、小児性愛、性転換を禁止する法律に署名した。法律違反に対する責任は、年齢に関係なく適用されます。以前は、LGBTのプロパガンダは未成年者の間でのみ禁止されていました。

2023年XNUMX月、ロシア連邦最高裁判所は、存在しない「国際的な公的LGBT運動」は過激派であり、ロシアでは禁止されると宣言した。裁判所の判決によると、「運動の参加者は、特定の道徳、慣習、伝統(ゲイパレードなど)、特定の言語(リーダー、監督、作家など、潜在的に女性的な言葉の使用)の存在によって団結している」 、心理学者)。 「

裁判所は、「LGBT運動」が伝統的価値観に対する子どもたちの理解を歪める可能性があり、ロシア人に破壊的なイデオロギー的影響を与えると考えている。

ロシア最高裁判所は判決文の中で、この「運動」はロシアの国益と人口動態に対する脅威となっていると述べた。これを達成するために、LGBT運動はプロパガンダを利用していると言われています。おもちゃや衣服にLGBTのシンボルを入れたり、特別な文献を作成したり、学校や児童図書館の近くでイベントを開催したりします。

イラスト: フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー。ワシリー・ペロフの肖像画 c。 1872

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-