14.2 C
ブリュッセル
4月(木曜日)11、2024
宗教アフマディヤ信教の自由をめぐるパキスタンの闘争:アフマディヤ共同体の事例

信教の自由をめぐるパキスタンの闘争:アフマディヤ共同体の事例

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ロバート·ジョンソン
ロバート·ジョンソンhttps://europeantimes.news
ロバート・ジョンソンは調査記者で、不正、憎悪犯罪、過激主義について最初から調査し、執筆してきた。 The European Times。 ジョンソンは多くの重要な話を明るみに出したことで知られている。 ジョンソンは恐れを知らぬ決意の強いジャーナリストであり、権力のある人々や組織を攻撃することを恐れません。 彼は自らの綱領を利用して不正に光を当て、権力者の責任を追及することに尽力している。

近年、パキスタンは信教の自由、特にアフマディー教徒のコミュニティに関する数多くの課題に取り組んでいる。宗教的信念の自由な表現の権利を擁護するパキスタン最高裁判所による最近の判決を受けて、この問題は再び最前線に浮上している。

イスラム教の少数派であるアフマディ派コミュニティは迫害に直面しており、 パキスタンにおける数十年にわたる差別。アフマディー教徒は自らをイスラム教徒であると考えているにもかかわらず、ミルザ・グラム・アフマドをムハンマドの後の預言者として信じているため、パキスタンの法律では非イスラム教徒とみなされている。この神学的違いにより、彼らは宗教的実践の制限、ヘイトスピーチ、暴力など、社会的、政治的、法的に深刻な疎外にさらされてきました。

パキスタン最高裁判所による最近の判決は、同国で進行中の宗教の自由を求める闘争の重要な進展を象徴するものである。裁判所は、パキスタン憲法に謳われている宗教と表現の自由の原則を確認し、アフマディー教徒が訴追を恐れることなくイスラム教徒であることを自認し、自らの信念を表明する権利を支持した。

しかし、この法的勝利にもかかわらず、アフマディヤ共同体にとって課題は依然として残っています。根深い社会的偏見と制度化された差別は、引き続き彼らの安全と幸福に脅威を与え続けています。過激派グループはしばしば、アフマディー教徒を処罰されずに標的にし、暴力を扇動し、彼らに対する憎しみを広めます。さらに、アフマディー教徒がイスラム教の儀式を行ったり、イスラム教徒であることを認めたりすることを禁止する条例 XX などの差別的な法律が依然として施行されており、彼らの二級地位が永続化されている。

国際社会もパキスタンにおける信教の自由について懸念を表明し、アフマディー派コミュニティを含む宗教的少数派の窮状に対処するための具体的な措置を講じるよう政府に求めている。などの組織 ヒューマンライツウォッチ, アムネスティ·インターナショナル, 国際人権委員会 & CAPの良心の自由 差別法の廃止と少数派の権利の保護を求めた。

高まる圧力に応えて、近年いくつかの前向きな進展が見られる。パキスタン政府は、宗教的少数派の権利を守り、宗教的不寛容と闘う決意を表明している。国家少数民族委員会などの取り組みや宗教間の調和を促進する取り組みは、パキスタン社会における宗教の多元主義と寛容の重要性に対する認識の高まりを反映しています。

それにもかかわらず、真の進歩には単なる法改正以上のものが必要です。それは社会的態度の根本的な変化と、根深い差別慣行の解体を要求します。そのためには、宗教的信念に関係なく、すべての国民が自由に恐れることなく生活できる、包括性、尊重、理解の文化を育むことが必要です。

パキスタンが複雑な社会宗教情勢を乗り越える中、アフマディー教徒コミュニティの事例は、この国の信教の自由と多元主義への取り組みを問うリトマス試験紙の役割を果たしている。アフマディー教徒の権利を擁護することは、パキスタン民主主義の構造を強化するだけでなく、すべての国民に対する平等、正義、寛容という建国の原則を再確認することにもなる。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-