9.4 C
ブリュッセル
4月(日曜日)21、2024
経済ブドウ栽培とワイン生産の国際展示会、ワインフェスティバル

ブドウ栽培とワイン生産の国際展示会、ワインフェスティバル

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

VINARIAは20年24月2024日からXNUMX日までブルガリアのプロブディフで開催された。

国際ブドウ栽培およびワイン生産展示会 VINARIA は、南東ヨーロッパのワイン産業にとって最も権威のあるプラットフォームです。本物の地元の製品から世界的なブランドまで、ワインやスピリッツのカタログに掲載されている、定評のある伝統的な味から新しい味やモダンな味まで、豊富なドリンクのセレクションを紹介します。

VINARIA は、製品の多様性と、古代および現代の技術、最新の設備および材料を通じて提供される技術的性質および生産形式を組み合わせています。この展示会は、ブドウ品種、加工方法と設備、品質管理システムの分野で提示される革新性により、ワイン業界の将来の参考となるものです。

これが、VINARIA が専門家、ワインジャーナリスト、主要なトレーダー、鑑定家を魅了する理由です。

第 31 回目となる VINARIA は、今回も農業・食品・林業省の後援のもと、国立ブドウ・ワイン会議所 (NVWC) の協力と農業アカデミーとの提携のもとで開催されます。

VINARIA 2023 の主要人物

    出展者:120か国11社

    訪問者: 国内外から 40,000 人以上の訪問者

    展示面積の成長率: 8%

    メディア掲載実績:各種メディア掲載数230件

産業革新

VINARIA のテクノロジー ゾーンは、ブドウ栽培とワイン産業のあらゆる分野におけるイノベーションのための専用スペースです。これは、新しいブドウ品種やブドウ畑の造成技術から、原料の加工や完成品の保管に至る設備まで、業界におけるイノベーションの大規模なパノラマのようなものです。

ワインと美食の街

ブルガリアの専門家や消費者にとって、ワイン、蒸留酒、食品、珍味の新しいコレクションを初公開する最も重要な舞台です。広々とした展示エリアとその魅力的なビジョンにより、優れたテイスティング、製品プレゼンテーション、マスタークラス、その他のイベントを開催する機会が生まれます。

独特の雰囲気。ワインの街

このビジョンは、ブルガリアのルネサンス様式の家や街路のスタイルと精神を再現し、製造業者、貿易業者、専門家、消費者の間に異なる会議環境を提供します。

VINARIA は、パートナーとの対話のためのネットワークと、独自の環境で消費者や顧客とのコミュニケーションのためのマーケティング プラットフォームを構築するというアイデアに焦点を当てています。ワイン業界の代表者とその関係者が独特の雰囲気の中でコミュニケーションをとり、ワインの魔法とその生産の秘密が明らかになります。これにより、ブルガリアとヨーロッパの数十人の専門家や鑑定家にとって、連絡が容易になり、コミュニケーションの障壁が取り除かれ、ビジネスに不可欠なビジネス上のつながりが生まれます。

ブドウ・ワイン行政庁は、ワイン企業への投資プログラムに多大な関心があると報告していると、同庁の事務局長であるエンジニアリング・ジョン・ジョンソン氏が発表した。 20.02.2024年XNUMX月XNUMX日、プロブディフ国際見本市での専門展示会「アーグラ、ワイナリー、フードテック」の開幕に先立つ記者会見中のクラシミール・コエフ氏。

ブルガリアワインは非常に品質が高く、2023年にはすべての国際コンクールで127個の金メダルを獲得しました。現在、この国の領土内では 360 のワイナリーが運営されており、そのうち 109 は外国から参加しています。ブドウの収穫キャンペーンが始まるまでに、さらに 15 の新しい企業が操業モードに入る予定です。

「当社の技術者は世界レベルにあり、アグラ、特にワイナリーのようなフォーラムは、誰もが自分たちが生産したものを披露する機会を提供し、これらの成果をより多く実感できるようにします」とコエフ氏は発表した。

ブルガリアでは、実際にブドウが植えられている面積が 60,011 ヘクタールあります。これに基づいて、欧州委員会は徹底した検査を経て、1年まで毎年2030%ずつブドウ栽培の可能性を高める機会を国に与えます。これは、国が毎年ブドウ栽培の可能性を高める機会があることを意味します。ブドウ畑は6,000ディカールずつ増えたとコエフ氏は語った。

作付面積 60,011 ヘクタールのうち、15,882 ヘクタールが保護原産地呼称、20,548 ヘクタールが地理的表示保護、23,581 ヘクタールが保護されています。

ブドウ畑を持つ登録ブドウ栽培者は 41,432 人います。ユーロスタットの資金提供による新しいブドウ園登録は、2023 年 XNUMX 月に作業を開始しました。現時点では、この国のブドウ園に関するすべてのデータが更新されています。

再編・転換プログラムでは、ブドウ畑の更新に対して最大 75% の補助金が認められており、毎年、国内の 10 万ヘクタールから 11 万 240 千ヘクタールのブドウ畑が、古いブドウ園と比較して競争力を高めるために新しいブドウ園に更新されています。コエフ氏は、古い地域では260ヘクタール当たり500~550本のブドウの木が植えられていたが、現在は収量を増やし、競争力を高め、あらゆる気候条件に対する耐性を高めるためにXNUMXヘクタール当たりXNUMX~XNUMX本のブドウの木が植えられていると回想した。

デザート用ブドウの生産者に比べて補助金の額が少ないワイン用ブドウの生産者の不満については、キリル・ヴァテフ大臣のチームが2027年を期限に我が国とヨーロッパの補助金を一本化する方向で取り組んでいると指摘された。

クラシミール・コエフ氏によると、第三国からのワインの輸入は積極的ではなく、2022年には17,173,355リットルが我が国に輸入され、2023年には11万リットルが輸入されたと指摘した。一方、伝統的なワイン生産国であるイタリアとフランスでは、ワインの輸入がそれぞれ37%と40%となっている。

ブルガリアワインは品質と価格の点で非常に優れており、過去10年間にワインを飲んで健康上の問題を起こした人は一人もいない、と同庁の責任者は総括した。

写真: www.fair.bg

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-