13.3 C
ブリュッセル
4月の金曜日、12、2024
経済Nexoのブルガリアに対する請求額は3億ドル以上であることが判明

Nexoのブルガリアに対する請求額は3億ドル以上であることが判明

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ペタルグラマティコフ
ペタルグラマティコフhttps://europeantimes.news
ペタル・グラマティコフ博士は、編集長兼ディレクターです。 The European Times. 彼はブルガリア記者連合のメンバーです。 グラマティコフ博士は、ブルガリアのさまざまな高等教育機関で 20 年以上の学術経験があります。 彼はまた、新宗教運動の法的枠組み、信教の自由と自己決定、国家と教会の関係に特別な焦点が当てられている宗教法における国際法の適用に関連する理論的問題に関連する講義を調べました。 -民族国家。 グラマティコフ博士は、専門的および学術的な経験に加えて、10 年以上のメディア経験があり、観光の季刊誌「Club Orpheus」誌 - 「ORPHEUS CLUB Wellness」PLC、プロヴディフの編集者としての地位を占めています。 ブルガリア国営テレビの聴覚障害者のための専門ルーブリックの宗教講義のコンサルタントおよび著者であり、スイスのジュネーブにある国連事務所の「Help the Needy」公共新聞のジャーナリストとして認定されています。

ブルガリア、財務省、検察庁に対する「NEXO」の請求額は3億ドルを超えることが判明した。これは、XNUMX月末のデジタル資産会社のメディア向けの発表から明らかです。

「仲裁請求の規模は、現在終了している同社、その従業員、経営者に対する圧制的な捜査中の政府当局の行為から生じる重大な物的損害と風評被害によって決まります。予想通り、告発は受け入れられないことが判明し、犯罪がなかったため公判前手続きは論理的に終了した」とNexoは書いた。

この申し立ては、投資保護に関する国際協定に従って、ワシントンにある世界銀行の国際投資紛争解決センター(ICSID)の事務局に提出された。法廷におけるNexoの利益は、権威あるアメリカの法律事務所ピルズベリー・ウィンスロップ・ショー・ピットマンLLPによって代理されると同社は報告している。

21 年 2023 月 XNUMX 日、この派手で派手な行動とその後の行政的および制度的恣意行為から XNUMX 年も経たないうちに、すべての告訴が取り下げられました。ソフィア市検察庁は「犯罪は行われていない」と結論付け、「Nexo」の経営者であるコスタ・カンチェフ氏、アントニ・トレンチェフ氏、カリン・メトディエフ氏、トレイヤン・ニコロフ氏に対する刑事手続きを終了し、彼らを断固として無罪としたと同社は回想している。

ピルズベリーLLPのロンドン事務所マネージングパートナー、マシュー・オレスマン氏は「この事件を徹底的に研究した結果、Nexoの主張の強さと将来の成功を信じている」と同社が述べたと伝えられた。国際事務所の仲裁部長デボラ・ラフ氏は、「正義のための戦いの次の段階でクライアントを代表できることを楽しみにしている」と付け加えた。

受けた被害状況も記載されています。同社は次のように書いている。「国家当局による攻撃の直接的な影響は、同社に対する深刻なメディアキャンペーンと虚偽の声明の大量流通を伴い、Nexoの活動と国際的評判に多大な損害を与えた。同社のブルガリアへの投資は多額の損失を被り、世界規模での重要なビジネスチャンスが失われました。

– 米国の画期的な証券取引所での同社株の新規株式公開に関するNexoと米国最大手の投資銀行8社との共同作業は終了した。これらの銀行が当時付けたNexoの評価額は12億ドルからXNUMX億ドルの間だった。

– 世界中で 330 億 XNUMX 万人以上のサポーターを抱える最も人気のあるヨーロッパのサッカー クラブの XNUMX つと Nexo が締結した長期協力契約は失敗に終わりました。コラボレーションの目標は、サッカー巨人の何百万人ものファンにデジタル資産の可能性へのアクセスを提供する、独占的かつ共同の革新的な金融商品を作成することでした。

「既に証明された虚偽の主張の流通により、地元および国際当局、パートナー、機関の前で Nexo とその従業員の名声と評判が傷ついたことにより、一連のビジネス機会、潜在的な収益が失われ、数十億ドルの収益が減少しました。会社の価値」。

同社は「引き起こされた多大な風評的および経済的損害に対する正義と補償を要求する時が来た」と書いている。

Nexo は受け取った補償金の最大 20% を、国内で最も支援が必要で無視されているセクターである子供の医療と教育に寄付する予定です。 「主な優先事項は、ブルガリアで切望されている小児病院と小児科の建設への支援と、ソフィア大学の競争力を高めるためのさまざまな取り組みです。」 「世界の教育現場におけるクリメント・オフリドスキー」と彼らは付け加えた。

2022年春、ブルガリアのNexoチームは、国内に避難したウクライナ難民(女性、子供、家族)を支援するため、また、自ら選択して影響を受けた人々を支援するために具体的な行動を起こすことが人類の義務であると考えていたことを思い出していただきたい。ウクライナ領土内にとどまること。

Nexo は 350,000 ドルまたは 620,000 レフを、主に 1 つの方向で被害者を支援するために寄付しました。 135,000. ウクライナへの人道支援 - 2 ドル。 140,000. ブルガリアにいるウクライナ難民を支援 – 3万ドル。 75,000. ブルガリアの女性と子供、ウクライナ難民への支援 – XNUMXドル。

Nexo は、人道的、医療的、法的、社会的支援、重要な食糧ときれいな飲料水の供給、困っている人々への緊急避難所の提供、子供たちや弱い立場にある人々の保護、安全な通行の支援に積極的に取り組んでいる多くの地元組織と協力しています。国境を越えたウクライナ国民の数。提供された財政支援は、ウクライナ難民の子どもたちのためのデイケアセンターの建設、障害や発達に困難がある子どもを持つ母親への教育資源やサポートの提供(障害や発達に困難がある子どもの母親への長期支援を含む)、ウクライナ難民への取り組みも支援する。ブルガリア領土内: For Our Children Foundation に 50,000 ドルを寄付。ブルガリア領土内の女性と子供、ウクライナ難民への支援: ブルガリア女性基金への25,000ドルの寄付。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-