9.4 C
ブリュッセル
4月(日曜日)21、2024
科学技術考古学ベスビオ火山の噴火後に黒焦げになった原稿を人工知能が読み取る

ベスビオ火山の噴火後に黒焦げになった原稿を人工知能が読み取る

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュース

写本は 2,000 年以上前のもので、西暦 79 年の火山の噴火により深刻な損傷を受けました。

AFP通信によると、3人の科学者が人工知能の助けを借りて、ヴェスヴィオ火山の噴火後に黒焦げになった写本のごく一部を読み取ることに成功した。

写本は 2,000 年以上前のもので、西暦 79 年の火山の噴火により深刻な損傷を受けました。ヘルクラネウムのパピルスには、ポンペイとヘルクラネウムの都市を破壊した災害で黒焦げになった約 800 巻の巻物が含まれていると、ベスビオの挑戦コンテストの主催者である米国ケンタッキー大学のブレント シールズ氏と Github プラットフォームの創設者ナット フリードマン氏は述べています。

写本はパリのフランス研究所とナポリの国立図書館に保管されています。読書コンテストの主催者は85冊の巻物をスキャンし、140文字からなるXNUMXつの段落の少なくともXNUMXパーセントを解読できた人にXNUMX万米ドルの賞金を提供すると発表した。

ベスビオチャレンジで優勝し、700,000万ドルの賞金を獲得したトリオは、ベルリンの博士課程の学生であるユセフ・ナダー氏、スペースXの学生でインターンのリュック・ファリター氏、そしてスイスのロボット工学の学生であるジュリアン・シリガー氏でした。

彼らは人工知能を使って焦げた原稿のインクを分離し、ギリシャ文字を識別した。このテクニックのおかげで、ルーク・ファリターは段落の最初の単語であるパンジーを読むことができました。

主催者によると、ネーダー氏、ファリター氏、シリガー氏は巻物の約5パーセントを解読したという。ナット・フリードマンによれば、これはおそらくエピクロス派のフィロデモスの写本であるという。

パピルスは 19 世紀に田舎の家で発見されました。

一部の歴史家によれば、それらはリュキウス・カルプルニウス・ピソ・カエソニヌス(ジュリアス・シーザーの妻の一人、カルプルニアの父)のものだったという。古代史の専門家でヘルクラネウム協会会長のロバート・ファウラー氏は、これらの文書の一部には古代の重要な時代の歴史が含まれている可能性が高いとブルームバーグ・ビジネスウィークに語った。

写真: ケンタッキー大学

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-