13.3 C
ブリュッセル
4月の金曜日、12、2024
意見モロッコ:失業の増加と社会経済的不平等が直面する...

モロッコ:首相の富の増大に直面する失業の増加と社会経済的不平等

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ラーセン・ハンムーチ
ラーセン・ハンムーチhttps://www.facebook.com/lahcenhammouch
LahcenHammouchはジャーナリストです。 Almouwatin TVandRadioのディレクター。 ULBによる社会学者。 民主主義のためのアフリカ市民社会フォーラムの会長。

モロッコは現在、次のようないくつかの課題に直面しています。

1. 失業と不完全雇用:特に若者の間での失業の増加と不完全雇用の継続は、経済的および社会的課題を引き起こしています。

2. 社会経済的不平等: 不平等は根強く、人口のさまざまな層の間に格差が生じ、富の分配に関する懸念が生じています。

3. 貧困と経済的困難: 経済的困難の増大と高い貧困率が、この国の社会経済的安定を脅かしています。

4. インフレ圧力: 二桁のインフレが生活費、特に基礎的食料品に圧力をかけており、国民の間に懸念を引き起こしている。

5. ガバナンスとテクノクラシー: 政府はテクノクラートで持続不可能であるという認識が高まり、政府が国民のニーズを満たす能力について懸念が高まっています。

6. 社会的亀裂: より良い生活を求める国民と、日常の懸念から切り離されていると認識されている政府の間の分裂が拡大。

7. 政治的不確実性: 政治的不確実性も課題となる可能性があり、国民の期待が満たされないことがあります。

8. ビジネス環境: 経済成長を刺激するには、ビジネス環境を改善し、投資を促進するための経済改革が必要です。

9. 教育とスキル: 教育制度を改善し、スキルを労働市場のニーズに適合させることは、持続可能な開発を促進するために不可欠です。

10. 安全保障と地域の安定: 安全保障上の課題と地域の力関係もモロッコの安定に影響を与える可能性があります。

これらの課題を解決するには、経済的、社会的、政治的改革を組み合わせて包括的で持続可能な開発を促進する、総合的かつ調整されたアプローチが必要です。

2023 年の初め、モロッコは失業率の上昇に直面しており、特に若者に影響を及ぼしています。計画高等委員会のデータによると、失業者数は83,000人から1,446,000人へと1,549,000人増加し、6%の増加となった。この増加は、都市部で 67,000 人、農村部で 16,000 人の失業者の増加によって説明されます。

全体の失業率は0.8%から12.1%へと12.9ポイント上昇し、都市部(17.1%)と農村部(5.7%)では顕著な差があった。この傾向は男女別にも見られ、男性(10.5%から11.5%)と女性(17.3%から18.1%)で失業率が上昇している。

モロッコの若者はその影響を強く受けており、1.9歳から15歳の年齢層では24%から33.4%へと35.3ポイント増加しています。 25~34歳も1.7%から19.2%と20.9ポイント増加した。

建設・公共事業部門は2万8000人の雇用を創出したが、農林漁業部門は24万7000人の雇用減少を記録した。サービス業も5万6000人、製造業は1万人の雇用を失った。

一般に、モロッコは280,000年上半期から2022年同時期までに2023万人の雇用の純損失を経験したが、これは主に267,000万13,000人の無給雇用とXNUMX万XNUMX人の有給雇用の喪失によるものである。

不完全雇用は引き続き懸念されており、労働時間に比べて513,000万4.9人が不完全雇用となっており、その割合は562,000%に相当する。また、収入不足や資格の不適合により不完全雇用となっている人は5.4万2,075,000人で、9.2%に相当します。不完全雇用の状況にある活動人口は合計で 10.3 万 XNUMX 人に達し、不完全雇用率は XNUMX% から XNUMX% に増加しています。

モロッコの経済状況は、不平等が根強く、貧困という点で課題を抱えています。人口はますます困難に直面しており、経済格差は社会的不平等を浮き彫りにし、国内の富の分配に対する懸念を引き起こしています。

実際、前回の選挙で公約されたとおり、より良い生活を切望する国民と、テクノクラート的で耐え難いとみなされる政府との間の溝は日に日に深まっている。

現在の主な懸念は基礎食料品の価格の高騰であり、具体的な行動がとられない限りこの懸念は続く恐れがあるが、残念ながら実際にはほとんど対策が講じられていないようだ。

この懸念に直面して、政府は相反する宣言を出し、閣僚の不協和音を呈している。一部の閣僚は管理と制裁のための措置が講じられることを保証する一方、別の閣僚は非難を奨励し、政府の措置が望ましい効果を上げていないことも認めている。

食料価格の高騰に直面して政府が無力であることは、富の分配と政府が国民のニーズを満たす能力についての懸念を引き起こしている。

同時に、フォーブス誌で14位にランクされたモロッコ首相「アジズ・アクハヌーシュとその家族」の財産が爆発した。 1.5 年の 2023 億ドルから 1.7 年 2024 月には 200 億ドルに増加しており、前年からのこの XNUMX 億ドルの増加は、国内の経済不平等と富の分配に関する疑問を引き起こしています。

L.ハンムーシュ

もともと Almouwatin.com

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-