4.8 C
ブリュッセル
4月(日曜日)21、2024
世界全体ロシア大統領選挙: 候補者とウラジーミル・プーチンの必然的な勝利

ロシア大統領選挙: 候補者とウラジーミル・プーチンの必然的な勝利

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ロシアが次期大統領選挙の準備を進める中、同国の最高職を争う候補者に注目が集まっている。結果は避けられないように見えますが、現職のウラジーミル・プーチン大統領の再選です。

15月17日金曜日からXNUMX月XNUMX日日曜日までに予定されており、ロシアがXNUMX年前に引き起こしたウクライナ紛争を巡る緊張が続く中、ロシアの有権者は投票を控えている。民主的なプロセスのように見えるにもかかわらず、結果はあらかじめ決まっているように見え、プーチン大統領はXNUMX期目の大統領就任を確実にする構えだ。

公式には100,000人の候補者が立候補しているが、クレムリンが容認する組織的な反対が重大な課題となる可能性は低い。統一ロシア、自由民主党、共産党、新人民、公正ロシアの5党が国民の署名を必要とせずに候補者を擁立した。一方、他の政治家たちは、選挙に立候補するために国民から105,000万~XNUMX万XNUMXの署名を集めるなど、厳しい要件に直面していた。

先頭に立っているのは無所属候補として立候補しているウラジーミル・プーチン氏だ。単なる形式的なものに見える彼のキャンペーンは圧倒的な数の署名を誇り、投票用紙での彼の地位を確実にしている。 71歳のプーチン大統領は、2030年に76.7%の得票率で地滑り的勝利を収め、それを超えないとしても2018年まで治世を延長する構えだ。

プーチン大統領に対抗するのは、大統領の国粋主義的政策と密接に連携する自由民主党のレオニード・スロウツキー氏や、共産党のニコライ・ハリトーノフ氏のような候補者で、その精彩のない立候補は同党のクレムリン政策に対する暗黙の支持を反映している。

一方、New Peopleのウラジスラフ・ダヴァンコフは、ウクライナ紛争に関して曖昧な立場を維持しながら、経済改革と近代化を主張し、若々しいオルタナティブを提案している。

しかし、グリゴリ・ヤブリンスキーのような著名な人物の不在やジャーナリストのエカテリーナ・ドゥンツォワのような候補者の拒否は、ロシアにおける真の反対の範囲が限られていることを浮き彫りにしている。 政治.

選挙戦から注目を集めているのは反汚職活動家のアレクセイ・ナワリヌイ氏で、投獄され立候補を禁止されているが、依然としてプーチン政権に対する抵抗の強力な象徴となっている。

大統領選挙の展開を見ると、プーチン大統領の勝利がほぼ確実であることは明らかだ。民主主義の表面的な罠にもかかわらず、クレムリンの権力掌握は依然として揺るがず、真の政治的競争の余地はほとんど残されていない。ロシア国民にとって、今回の選挙は権威主義的統治の根深い性質と有意義な変化の見通しが限られていることをはっきりと思い出させるものとなっている。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-