22.8 C
ブリュッセル
4月(土曜日)13、2024
人権世界ニュース要約:ドネツクでのウクライナ攻撃、アフガニスタン地震の被害は「永遠に…」

世界ニュース概要: ドネツクでのウクライナ攻撃、アフガニスタン地震の被害、米国に「永久化学物質」投棄、多言語教育の恩恵

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

ニューヨークで記者団に会見したステファン・デュジャリック報道官は国連人道問題事務所の発言を引用し、 国連人道問題調整事務所被害は浄水施設が直撃された後に発生したとしている。

この都市の人口は戦前は 220,000 万人でしたが、現在は 90,000 万人に減少しています。 

ウクライナ政府とクラマトルスク東の占領地域にロシアが設置した当局の双方によると、この攻撃により前線の両側で民間人が死傷し、民間インフラに被害も出たという。 

「人道的対応に関しては、援助団体は緊急修理資材を含む支援物資を最前線のウクライナ側の地域社会に直ちに届けた」とドゥジャリック氏は述べた。

クラホフへの援助

そして、10年のロシアによる最初の領土併合後、2014年間にわたる敵対行為の影響を受けてきた最前線の町クラホフに人道支援者らが援助を提供した。

この援助には、障害者向けを含む13トンの医療および衛生物資と、基本的なサービスへのアクセスが著しく妨げられている民間人を支援するためのその他の物資が含まれていると報道官は付け加えた。

アフガニスタン:地震後の復興には400億ドル以上が必要

水曜日に発表された国連支援の報告書によると、昨年の壊滅的な地震後のアフガニスタン西部の復旧・復興活動を支援するには402.9億XNUMX万ドルという驚異的な資金が必要となる。

1,500年2,600月7日、11日、15日にヘラート県を襲った一連の地震により、2023人以上が死亡、XNUMX人が負傷した。

アフガニスタンのヘラート州に住む人々は、地震による財産への被害を受け入れつつある。

国連が世界銀行、欧州連合、アジア開発銀行と共同で発表した災害後のニーズ評価(PDNA)報告書は、2.2つの地区で約XNUMX万人を対象に調査を実施した。

これは、最大217億80万ドルの直接的な物理的損害とXNUMX万ドル近くに達する損失をもたらした災害の規模を浮き彫りにしています。

最も深刻な影響を受けた部門は住宅で、復興需要総額の41%、164.4億50,000万ドルを占めている。この地震では13,516万戸近くの家屋が被害を受け、XNUMX万XNUMX戸が全壊した。 

教育が180,000位に続き、報告書では現在4,390万人の学生とXNUMX人の教師が混乱に直面していると指摘している。一方、被災地域の雇用と収入の大部分を占める農業部門は大きな打撃を受けている。 

調査の結果、妊婦、乳児、重度障害者を含む275,000万XNUMX人以上が影響を受けたことが明らかになった。

地震は、複数の衝撃に対処するための回復力が限られている脆弱なコミュニティを襲った。ヘラート州は、紛争や干ばつにより国内避難民となったアフガニスタン人を最も多く受け入れている州の一つであり、その結果、サービス、土地、避難所へのアクセスに深刻な影響が生じており、それはさらに悪化している。

報告書は、当面の人道支援から長期的な復興への移行の必要性を強調し、地域社会の強靱性の構築、サービスの回復、地震に強い住宅、社会的保護、基本的サービスへのアクセスなどの戦略を優先させた。

米国企業が「永久化学物質」を不処罰で廃棄:国連専門家

米国では、デュポン社とケマーズ社の化学会社が、ノースカロライナ州のケープフィア川下流域の住民の権利と幸福を完全に無視して、有毒ないわゆる「永久化学物質」を地元環境に投棄している。

それは 国連の独立した9人の人権専門家からなるグループは水曜日、一般にPFA(ポリフルオロアルキル物質)と呼ばれる化学物質による危険な影響を警告する声明を発表し、影響を受けた地域社会の人々は清潔で安全な場所へのアクセスを拒否されていると報告されていると述べた。何十年も水。

PFA は、シャンプー、マニキュア、カーペットや布地の合成コーティングなどの製品に由来します。 

これらは自然界では容易に分解されず、数十年、場合によっては数世紀にわたって害を及ぼす可能性があるため、永遠の化学物質として知られています。

専門家らによると、企業はPFAsの有害な影響を認識しているにもかかわらず、PFAsの排出を続けているという。

彼らはまた、明らかな国際法違反である、オランダから米国へのPFAと有害廃棄物の輸出についても警戒を強めた。

不十分で不十分

専門家らは、両社に対して法的措置が取られた場合には執行や是正措置が不十分だと述べた。 

「米国の保健・環境規制当局は、公衆、特にノースカロライナ州の影響を受けた地域社会に、危害を防止し、人権侵害を求めるために必要な種類と量の情報を提供するなど、ビジネス関連の人権侵害から保護する義務を怠っている。賠償だ」と専門家は語った。 

国連 人権理事会-任命された独立した専門家は米国政府にこれらの懸念を提起したが、政府はまだ返答していない。

特別報告者やその他の専門家はボランティアベースで活動しており、給与は受け取らず、完全に個人の立場で活動しています。 

多言語教育、学習危機に対処するための有用なツール

いよいよ水曜日は、 国際母国語デー、教育科学文化庁 ユネスコ はすべての国に多言語教育政策を推進するよう呼びかけています。 

それは、過去に肯定的な結果をもたらしており、現在の世界的な学習危機と戦う鍵となるからです。 

最近の政府機関の調査によると、幼児期に母語で教えられた場合、子供たちはより早く読み始める可能性が高くなります。

アフリカからの教訓

その証拠はアフリカ全土で見つかります。この大陸は世界で最も言語の多様性が高いですが、母語を教えられている子どもは 5 人に 1 人だけです。

この状況を変えるために、モザンビークはバイリンガル学習を学校の15分のXNUMXに拡大し、子供たちの基本的な読解力と数学の成績はすでに約XNUMXパーセント向上している、とユネスコは述べた。

人々は世界中で 6,700 以上の言語でコミュニケーションを行っていますが、そのうちの 40% は話者の数が減少しているため、長期的には絶滅の危機に瀕しています。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-