6.6 C
ブリュッセル
4月の金曜日、19、2024
人権世界ニュース概要: パプアニューギニアの暴力、ウクライナの避難民、2.6億ドル...

世界ニュース概要:パプアニューギニアの暴力、ウクライナの避難民、2.6億ドルのコンゴ民主共和国の訴え

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

当局は、辺境のハイランド地域における永続的な平和と人権の尊重を達成するために、州および地元の指導者と対話するよう求められている。

この控訴は、日曜日にエンガ州で発生した、太平洋の島国で紛争中の部族間の最近の暴力発生を受けてのものである。少なくとも26人が死亡した。 

致命的な紛争が激化  

OHCHR 広報担当者ジェレミー・ローレンス 17年の選挙以来、土地紛争や氏族間の対立などさまざまな問題をめぐって、2022の部族グループ間の紛争が徐々に激化している。  

「この地域での銃器や弾薬の拡散により、衝突はますます危険なものとなっている」と同氏は述べた。 「私たちは政府に対し、すべての武器、特に大量生産された銃器の引き渡しを確実にするよう求めます。」 

OHCHRは政府に対し、暴力の根本原因に対処し、部族の和解に向けて取り組むための措置を直ちに講じるよう要請した。  

ハイランドのコミュニティ、特に女性と少女は保護され、彼らへのさらなる危害が防止されなければなりません。 

キエフ州ホレンカ村で、被害を受けた自宅の前を歩く女性。

ウクライナ:進行中の戦争により、避難民の間で不安が長引く 

ロシアの本格的なウクライナ侵攻は今週で3年目に入り、先行き不透明感が長期化し、避難民となった数百万人の亡命が続いていると国連難民機関(UNHCR)火曜日に警告した。 

現在世界中で約6.5万人のウクライナ人が難民となっており、約3.7万人が国内で強制避難を強いられている。 

UNHCR 最近調査した 難民と国内避難民のうち約9,900人。 

予備的な調査結果では、大多数が依然としていつかは帰国したいという願望を表明していることが明らかになった。しかし、その割合は減少しており、進行中の戦争による不確実性を表明する人が増えています。 

避難したウクライナ人は、帰還を妨げる主な要因として国内に蔓延する治安不安を挙げ、その他の懸念としては経済的機会や住宅の不足などが挙げられた。 

UNHCRはウクライナ国内の人々と受け入れ国で難民として暮らす人々の両方を支援するために993億13万ドルを求めている。現在、この控訴に資金が集まっているのはわずかXNUMX%だ。

コンゴ民主共和国に対する2.6億ドルの訴え 

人道支援団体とコンゴ民主共和国政府は、国内の2.6万人以上の人命救助と保護を提供するためにXNUMX億ドルの呼びかけを開始した。

特に不安定な東部地域で新たな暴力が発生し、影響を受けた住民は繰り返し避難を強いられている。

DRCには現在約6.7万人の国内避難民がいるが、深刻な洪水や麻疹やコレラの流行の再発にも直面しており、XNUMX年以上にわたる武力紛争の影響を受けた人々の脆弱性が高まっている。 

差し迫った危機を超えて、DRC には慢性的なニーズと脆弱性が存在します。 

推定によると、今年は約25.4万人が食糧不安に陥り、8.4万人が急性栄養失調に陥るだろう。さらに、XNUMX万人以上の子どもたちが武力紛争により学校に通えなくなっています。 

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-