10.1 C
ブリュッセル
4月(日曜日)21、2024
編集者の選択アルゼンチン初の女性聖人ママ・アントゥラの列聖が多様な指導者を団結させる

アルゼンチン初の女性聖人ママ・アントゥラの列聖が多様な宗教の指導者を団結

現在の聖ママ・アントゥラに関する数冊の本の著者であるシンティア・スアレスとヌンツィア・ロカテッリも列聖式に参加した。

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル - at The European Times ニュース - 主にバックライン。 基本的権利に重点を置いて、ヨーロッパおよび国際的な企業、社会、および政府の倫理問題を報告しています。 また、一般メディアが耳を傾けていない人々に声を上げます。

現在の聖ママ・アントゥラに関する数冊の本の著者であるシンティア・スアレスとヌンツィア・ロカテッリも列聖式に参加した。

前例のない歴史的出来事として、さまざまな宗教の指導者たちが信仰と兄弟愛の行為として集まり、アルゼンチン初の聖人である聖ママ・アントゥラの列聖を目撃し、祝いました。希望と感動を特徴とするこのイベントには、異文化間・宗教間対話世界会議「平和への道」会長のグスタボ・ギレルメ氏がさまざまな宗教の著名人の代表団を率いて出席し、宗教間対話と平和への道の強さを実証した。お互いの尊重。

画像 アルゼンチン初の聖女ママ・アントゥラの列聖が多様な宗教の指導者らを団結
アルゼンチン初の女性聖人ママ・アントゥラの列聖が多様な宗教の指導者を団結させる 5

この式典には、もちろんハビエル・ミレイのような高位の政治家も出席したが、アルゼンチンからはアルゼンチン聖公会事務局長のアルベルト・ボチャテイ大司教、アルゼンチン司教協議会事務局長のアルベルト・ボチャティ大司教らを含む多数の司教や大司教が出席した。ブエノスアイレス大司教ガルシア・クエルバ。サンティアゴ・デル・エステロのビセンテ・ボカリッチ大司教など。

他の宗教の教会権威の中には、ブエノスアイレス大司教、ガルシア・クエルバ大司教、ユダヤ・イスラム協会会長でラジオ・ジェイのディレクターであるミゲル・シュトイアーマン、そしてブエノスアイレス教会代表のイヴァン・アルホナ・ペラド氏が含まれていた。 Scientology 欧州連合と国連へ。アルゼンチンの同教会のグスタボ・リバルディ会長は、「聖ママ・アントゥラのような女性が一人増えたことをうれしく思い、また、聖ママ・アントゥラのような女性が一人増えたことをうれしく思います。彼女は、聖母が示した勇気と誠実さの模範とされています」と述べた。たとえ時代が宗教の自由を禁止したとしても、その権利を行使し、他者に保証することです」とアルホナ・ペラドは心のこもった声明で述べた。

ママ・アントゥラの列聖は、アルゼンチンの宗教史における画期的な出来事であるだけでなく、信仰と献身が心に消えない痕跡を残した女性の人生と遺産を称えるために、さまざまな精神的伝統の指導者たちが結集するという団結の瞬間を象徴するものでもある。彼女の国の。

画像 1 アルゼンチン初の聖女ママ・アントゥラの列聖が多様な宗教の指導者を団結

同じくアルゼンチン出身のグスタボ・ギレルメ氏は、ハビエル・ミレイ氏と簡単に話す機会があり、このイベントに参加したことの光栄と満足感を表明し、インクルージョンの重要性と、平和、正義、機会均等を促進するためのすべての宗教の共同作業を強調した。兄弟愛と精神性を深く切望する社会。

バチカン・ニュースのおかげで生中継されたこのイベントは、信仰がいかに違いを超え、共通の価値観や共通の願望を中心に人々を団結させることができるかを力強く思い出させてくれます。したがって、アルゼンチン初の聖人の列聖は「希望の象徴であり、より公正で慈悲深い世界を築くために協力するあらゆる宗教の指導者と信者への行動喚起」になるとリバルディ氏は述べた。

画像 2 アルゼンチン初の聖女ママ・アントゥラの列聖が多様な宗教の指導者を団結

20年以上にわたり、ホルヘ・ベルゴリオの人物は、宗教間対話の分野における努力と献身と同義語でした。とりわけ、ブエノスアイレス枢機卿として、そして現在は教皇フランシスコとしての彼の功績を強調することができます。同胞愛と精神性の原則に根ざした彼の活動は、統一と社会正義を切望する社会において、平和、正義、機会均等の推進を精力的に追求してきました。

ベルゴリオは、ブエノスアイレスの霊長類枢機卿としての時代から、建設的な対話にますます多くの宗教を含めることに並外れた取り組みを示しており、この功績は引き続き彼の教皇職を豊かにし、多くの人が模範となるべきである。彼のリーダーシップの下、ママ・アントゥラの列聖式典に多様な宗教指導者が参加することは、宗教間の調和と平和と社会正義に向けた効果的な行動を促進するという彼の使命を明確に反映している。

シンティア・イ・ヌンジア、アルゼンチン初の女性聖人ママ・アントゥラの列聖が多様な宗教の指導者を団結

祝賀会とオープニングに参加できたことに感動したグスタボ・ギレルメ氏は、「このような時代において、教皇フランシスコ法王の教えと模範はより大きな力で共鳴しており、私たちが平和への取り組みにおいて彼の足跡に倣うよう促しています」と宣言した。 、人間の尊厳と宗教の自由。彼の軌跡は特に、尊敬と理解、そしてすべての宗教の切望されている共同行動が行き渡る、より公正で友愛的な世界の構築に向けて、宗教共同体を団結させ続けるよう私にインスピレーションを与えてくれます。」

準備祝賀会の一環として、フェデリコ・ヴァルスとグスタボ・シウバが企画し、バチカンメディアの副編集長アレッサンドロ・ジソッティが司会を務め、スペイン語で書かれた本のプレゼンテーションが行われた。ママ・アントゥラ、私は罪を犯しません」 ママ・アントゥラの姿について、その存在とインタビューを含む 著者のシンティア・スアレスとヌンツィア・ロカテッリ、彼らは献身的に自分の経験を語り、列聖式に出席することを非常に楽しみにしていました。

出席した他の重要な政治的および組織的人物は、アルゼンチンのハビエル・ミレイ大統領、カリーナ・ミレイ大統領事務総長、ディアナ・モンディーノ首相、ギレルモ・フランコス内務大臣を伴った。ブエノスアイレス自治市の場合は、ホルヘ・マクリ政府長官とその妻、そして礼拝総局長のマリア・デル・ピラール・ボスカ・チリダ氏。サンティアゴ・デル・エステロ県からは、同知事のヘラルド・サモラ博士とその妻で国会議員のクラウディア・レデスマ・アブダラ・デ・サモラ博士が列聖を支援し、サンティアゴ・デル・エステロの守護聖人に聖ママ・アントゥラを任命した。アマリア・グラナタ・サンタフェ州のソモス・ヴィダ州代議員でもある。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-