6 C
ブリュッセル
4月(火曜日)23、2024
宗教キリスト教司教について

司教について

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

新しい神学者聖シメオン牧師によって、

から王、司教、司祭、修道士、信徒、すべてに対する叱責を伴う指示が神の口によって語られ、語られます。  (抜粋)

…司教、教区長は次のことを理解しています。

あなたは私のイメージの痕跡です。

配置され、あなたは私の前で話します、

義人の集会にあなたは来ることになっています。

あなた方は私の弟子と呼ばれています、

私の神聖なイメージを担っています。

小さな共同テーブルの上でも

あんなに大きな力を手に入れたのに、

私が御父、御言葉なる神からいただいたもの。

私は本来神ですが、転生したのです

そして私は男になったが、二幕で

そして二つの性質の中で。切り離せない、融合しない。

私は人間であり、神は完璧です。

男として私はあなたを育てました

あなたの手で私に触れ、抱きしめてください。

神として、私はあなたに近づくことができません

そして、定命の者の手には届きません。

私は霊において盲人には見えません、

あらゆる虐殺にもかかわらず、私は近寄りがたく、

神と人間は、一つの普遍的な自己の仮説において存在します。

司教たちの中にはそういう人たちがいる

サナを持って誇りを持った人は、

そして彼らは他の人よりも優れており、

誰もが無価値で劣っていると考える。

司教の中には、次のような人も少なくありません。

彼らは国家の尊厳からあまりにもかけ離れています。

私はそこについて話しているのではありません

言葉と行為、そして人生は一つであり、

そして彼らの人生は教えと言葉を反映しています。

しかし、私は司教についてよく言います、

自分たちの説教にそぐわない人生を送っている人

そして私の恐ろしい秘密は知らない、

そして彼らは、わたしの火のパンが昇ると考え、

しかし、わたしのパンは確かに単純なものなので、彼らは軽蔑している、

彼らは素朴なパンを食べるが、目には見えない私の栄光、

それらを垣間見ることはまったく不可能です。

したがって、わたしの司教のうちにふさわしい人はほとんどいない。

順位が高い人も多い

そして、彼らは見かけ上は謙虚ですが、裏を返せば、

うんざりするような、愚かな、偽善的な謙虚さで。

人間の称賛だけを追い求めて、

彼らは全宇宙の創造者である私を軽蔑しています。

そして貧しい人間として、私は軽蔑され、拒絶されています。

彼らは私の体をふさわしくないものとして扱い、

何よりも上に上がろうと努力しているのに、彼らはそうしていない

私の恵みのローブは、

彼らはいかなる形でも獲得したことはありません。

彼らは招かれてもいないのにわたしの神殿に大胆にもやって来て、

彼らは人知れぬ邸宅の奥深くに入り込み、

外から見ても価値のないもの。

しかし、私は彼らの恥知らずさを憐れんで受け入れます。

中に入ると、彼らはまるで友人に話しかけるかのように私に話しかけます。

彼らはあなたを召使としてではなく、同志として望んでいます

自分自身を示すために、そして恐れることなくそこに立つために。

私の恵みがなければ、

彼らは人々に自分たちのために祈ることを約束します。

多くの罪を犯しながらも、

彼らは輝く衣装を着て、

しかし、きれいに見えるのは外側だけです。

彼らの魂は沼地の泥より汚れている、

それらは猛毒よりも恐ろしいもので、

見た目だけ正義な悪役。

かつて裏切り者のユダのように、

彼はわたしからパンを取り上げ、ふさわしくないままそれを食べ、

このパンがごく普通のものであるかのように、

そしてその瞬間、「パンによって」悪魔が彼の中に入り、

それは彼を神に対する恥知らずな裏切り者に変えました。

不誠実な遺言執行者、

ユダの奴隷であり召使いでした。

そういう人は無意識のうちにそうなってしまうのです

それは大胆に、誇らしげに、そしてふさわしくない

私の神聖な神秘に触れます。

特に教区や首都の首長たちは、

司祭はよく

聖体拝領の前に、彼らは焼け付くような良心を持っている、

そして、すでに完全に非難されています。

大胆に私の神聖な法廷に入り、

彼らは恥知らずにも祭壇に立ち、互いに語り合います。

私を見ず、まったく感じない

私の近寄りがたい神の栄光。

まあ、もし彼らが見ることができたなら、彼らはあえてしないだろう

彼らはそのように行動する勇気すらないだろう

正教会の前庭に入る。

...

今日は私たち司祭のうちどちらが

まず彼は自らの悪徳を清めた

そしてそのときになって初めて、彼はあえて司祭になることを決意したのでしょうか?

恐れることなくこう言える人がいるでしょうか。

彼はこの世の栄光を軽蔑し、神権を受け入れた

天の神の栄光のためだけに?

キリストを完全に愛したのはただ一人、

そして彼は金と富を拒否しましたか?

質素に暮らし、少しのもので満足する人がいるだろうか?

そして、一度も不正利用したことがない人はいるでしょうか?

賄賂の良心に悩まされない人がいるだろうか?

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-