11.4 C
ブリュッセル
4月(日曜日)14、2024
世界全体地味な観光 - 二日酔いのない旅行の増加

地味な観光 – 二日酔いのない旅行の増加

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ほとんど逆説的に聞こえるかもしれないが、We Love Lucid(「私たちは明晰な心を愛する」)のような企業を擁する英国こそが、力を増し支持者を増やしている現象、つまり素面の観光やドライトリップのリーダーとみなされているのだ。

なぜなら、輸入された用語を続けると、私たちは通常、英国の観光客というと、パブをはしごしたり、バルコニーをはしごしたり、飲酒によって無力な状態に追い込まれ、サニービーチからコスタデルに至る南ヨーロッパのリゾートの通りを徘徊する人々を連想します。ソル。

そしておそらくこのため、イギリスの若い住民はアルコールや酔っ払い観光客に対する関心がますます薄れています。

この国のZ世代は島内で最も素面になりつつあり、YouGovの調査によると、島内の40~18歳のほぼ24%がアルコールに触れないという。私たちはイギリスを連想しますが、状況は徐々に変わりつつあります。

この傾向は海外の調査でも裏付けられており、ギャラップ社は2023年に、米国の52~18歳の年齢層の34%もの人々が、適度なアルコール摂取は健康に有害であると考えていることを明らかにした。

ちなみに、39~35歳の人では54%がそう考えているのに対し、29歳以上の人では55%だけだ。

さらに、態度はすぐに変わります。5 年前には、適度な飲酒は悪いことだと考えていた若者はわずか 34 パーセントでした。

さらに、最新の StudentUniverse レポートからのドライな統計もいくつかあります。これは、最年少の旅行態度を扱っています。このために、米国、英国、カナダ、オーストラリアの 4,000 歳から 18 歳の学生 25 人を対象に調査が行われました。

なんと 83% が、アルコールを飲まずに海外で休暇を過ごすことを考えていると回答しています。これは、つい最近まで「旅行」が「パーティー」や「クラブ」と同義であったグループであることを考慮すると、です。

シラフの旅行を好む主な理由として、学生たちは、飲酒すると危険な状況に陥る可能性があること、他のことにお金を使いたいこと、翌日失敗したくないことを挙げています。アルコールなしでも楽しめるという人が増えています。

「楽しむためにアルコールを飲まなければならないという考えは、もうあまり広く受け入れられていません。人々はその物語に異議を唱え始めており、そのためノンアルコール飲料、イベント、エンターテイメントへの需要が高まっています」と We Love Lucid の創設者ローレン・バーニソン氏は語ります。ローレン自身も何年も前にお酒をやめました。

チケットやホテルの検索プラットフォームをサポートする米エクスペディアによると、「地味な旅行」は2024年の最も注目されるトレンドの一つだという。

旅行者の態度も調査した同社によると、「今日の観光客は、自分が何をしたかを思い出そうとするよりも、思い出を作ることに興味を持っている。40%以上がデトックス旅行を予約する可能性が高いと答えている」という。

このアイデアは次のように説明することもできます。人々が日の出を見ることを好むのは、ただ家に帰るからではなく、遠足やハイキングのために早起きするからです。

コンサルティング会社カンターのアナリスト、リアンノン・ジョーンズ氏は、「『人生は一度きり、目に映るものはすべて飲む』という考えは、自由時間は貴重だという考えに置き換えられつつある」とコメントした。

これにはまだ多くの論理があります – アルコールを飲み過ぎずに、旅行者は休暇をより多く得ることができます – 正午まで寝て一日中二日酔いに苦しむよりも、より多くの場所を見て、より良く休んでください – そして肉体的にも精神的にも感情的にも、バーやパブを回らないことで支払うお金も減ります。

さらに、旅行自体が肉体的にも負担がかかります。特に長距離ドライブや大洋横断フライトの場合はそうです。アルコールは、たとえ少量であっても、回復と適応に害を及ぼすだけです。

旅行中に飲酒しないことには心理的な利点もあります。

代替飲料を提供するドライ・アトラスの共同創設者、ビクトリア・ウォーターズ氏はBBCに対し、アルコールは抑制剤として作用するため、アルコールがなければ人々は休暇を楽しめる可能性が高いと語った。

つまり、大量かつ定期的にアルコールを摂取すると、不安やうつ症状を引き起こす可能性があり、休暇中にそれは最も避けたいことなのです。

ビジネスの観点から見ると、この傾向はノンアルコールカクテルであるモクテルの供給量の増加につながり、あらゆる種類のノンアルコールビールやワインが登場し、ますます多くのホテル、レストラン、レストランで見かけるようになりました。クルーズでも。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-