5.7 C
ブリュッセル
4月(火曜日)23、2024
編集者の選択宗教的憎悪への対応に力を与える: 来年 8 月 XNUMX 日の行動喚起

宗教的憎悪への対応に力を与える: 来年 8 月 XNUMX 日の行動喚起

第55回国連人権理事会定例会のサイドイベント

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル - at The European Times ニュース - 主にバックライン。 基本的権利に重点を置いて、ヨーロッパおよび国際的な企業、社会、および政府の倫理問題を報告しています。 また、一般メディアが耳を傾けていない人々に声を上げます。

第55回国連人権理事会定例会のサイドイベント

宗教的少数派に対する敵意が根強い世界では、宗教的憎悪に対する対応に力を与える必要性がかつてないほど緊急に高まっています。宗教に基づく暴力行為や差別行為を防止し、対応する国家の義務は、国際人権法でしっかりと確立されている。しかし、最近の冒涜と差別の事件により、そのような行為に対処し、防止する最善の方法についての議論が再燃しています。

ソフトウェア設定ページで、下図のように 3月の8 2024」と題された重要なイベント宗教的憎悪への対応に力を与える』が開催されます。 ルーム XXV、パレ・デ・ナシオン、ジュネーブ.

このイベントを主催するのは、 ADFインターナショナル Jubilee Campaign、CAP Liberté de Conscience、Fundación para la Mejora de la Vida、la Cultura y la Sociedadが共催し、宗教的憎悪と闘うために国際人権法に根ざした力を与えるアプローチの重要性を強調することを目的としています。

著名な講演者を含む フィオナ・ブルース夫人、英国国会議員、宗教・信仰の自由に関する特使。 エットーレ・バレストレーロ大司教, 使徒公使、国連事務局常任オブザーバー。 テミナ・アローラさん、ADFインターナショナル、アジアアドボカシーディレクター。 ジョゼフ・ヤンセン氏、ジュビリーキャンペーンの権利擁護責任者。そして ジョナス・フィーブランツ氏, ADFインターナショナルの権利擁護担当者が、宗教的憎悪をめぐる重要な問題についてのパネルディスカッションを主導します。

パネルディスカッションでは、次のような重要なトピックを掘り下げます。 宗教コミュニティに対する違反、宗教的憎悪への対応、制限的なアプローチの欠点、および権限を与える実践の例に関する国際人権枠組み。イベントは Q&A セッションで終了し、参加者は講演者と交流し、ディスカッションをさらに深く掘り下げる機会が得られます。

宗教的少数派の権利と自由が脅威にさらされている今、世界の利害関係者が団結し、宗教的憎悪と闘うための力を与える戦略の実施に取り組むことが不可欠です。国家、国連、市民社会、信仰関係者はすべて、宗教的不寛容に直面して社会の回復力を促進し、人権を擁護する上で果たすべき役割を担っています。

このような包括的な取り組みには賞賛の念しかありません。すべての個人が差別や暴力の脅威にさらされることなく自由に自分の信念を実践できる世界を一緒に目指していきましょう。世界の利害関係者が宗教的憎悪と闘うための権限を与える戦略の実施に取り組むことが不可欠です。彼らのあらゆる支援、献身、擁護は、宗教的不寛容に直面して社会の回復力を促進し、人権を守る上で極めて重要です。

-

イベントのコンセプトノートと共同スポンサーの全リストは、こちらからご覧いただけます。  .

メールで出席を確認してください。 [email protected] 遅くとも 4 年 2024 月 XNUMX 日月曜日までに。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-