9.4 C
ブリュッセル
4月(日曜日)21、2024
文化今日の世界における宗教 – 相互理解か対立 (見解に従って...

今日の世界における宗教 – 相互理解または対立 (宗教間の相互理解または衝突に関するフリチョフ・シューオンとサミュエル・ハンティントンの見解に従う)

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

マスード・アフマディ・アフザディ博士によると、

ラジエ・モアフィ博士

はじめに

現代世界では、信仰者の急増が大きな問題となっている。この事実は、信仰の性質に関して表面的に明らかな特有の矛盾と共生しており、宗教的信念の根源についての理解を損なうものである。これらの判決は、一部の人々に、各国がその必要に基づいて宗教を作り、その宗教の神は空想であれ現実であれ、幻想であり非現実であるという意見さえ引き起こします。

問題の解決策は一神教に暗号化されています。この見解は、正義の統一に明らかなように、すべての宗教は 1 つの源から生じていることを証明しています。この事実により、親密さの観点からは、それらはすべて 1 つですが、外面的な現れにおいては異なります。したがって、シュオンを含む一神教と思想家・哲学者は、「宗教の数が増加するプロセスを決定する方法の発見」、「宗教の統一」、「イスラム法」という議論のテーマを策定した。

この記事の課題は、シュオンの観点と「一神教と神学」の神秘的基礎から一神教および思想家哲学者の考えを探求、分析、説明すること、また、シュオンの見解とハンチントンの新しい見解との間の比較分析を行うことである。理論「文明の衝突」。

この記事の根底にある 2 つの見解は明確性を備えており、宗教、社会的、文化的現れの神秘の根源から生じた彼らの考えの深さの議論の余地のない証拠を含んでおり、提唱された立場の多数の熟達者および反対者の意見を尊重しています。

  1. 宗教の意味論

「宗教」という用語はラテン語の「religo」に由来しており、道徳的根拠に基づいて団結し、分裂を克服し、誠実さ、良い習慣や伝統を意味します。

この概念の意味と同様に、宗教文化の説明として解釈される、ギリシャ語の語源「レリガーレ」という言葉は、

「強く執着している」この言葉には、定期的な礼拝への執着を指す意味があります。

「宗教」という言葉の一般的に受け入れられている意味は、「完全な現実について構築された考えを持つ誰かの個人的な執着」です。 (ホセイニ・シャルーディ 135:2004)

ペルシャ語では、「レリーゴ」という言葉の意味と重要性は、「謙虚さ、従順、追従、模倣、諦め、報復」を意味します。

西洋世界の思想家たちは、いつの時代も「レリゴ」を「神に敬意を表すること」を意味する用語として定義してきましたが、今日ではこの定義に疑問が生じています。 「宗教的」という形でのその主な解釈は、その意味を理解する人々に強い影響を与えました。 (ジャバディ・アモリ 93:1994)

ジャワディ・アモリにとって、「宗教」という用語の用語的意味は、「人間社会を統治し、教育するために役立つ見解、道徳、法律と規則​​、規則の集合体」である。 (ジャバディ・アモリ 93:1994)

家父長制の伝統の支持者は「宗教」という言葉を使い、その意味を「個人または人々のグループの行動やマナーに対する教育的影響の誠実な証拠」と関連付けています。彼らは否定はしないが、この定義が正しいとは認めず、「もしこの定義が正しいなら、共産主義と自由主義は『宗教』と呼ぶことができる」と主張している。この言葉は人間の合理的な精神と知識によって形成されますが、意味論的な観点から正しく理解されるために、家父長制の思想家はその意味論的な内容についての考察を指示し、それに神聖な意味を加えるべきです。起源。 (マレキアン、モスタファ「合理性と精神性」、テヘラン、現代出版 52:2006)

ナスルは言う:「宗教とは、人間の存在の一般的な秩序が神との結合の中に置かれると同時に、それが社会の一般的な秩序の中に現れるという信念である」 – 「イスラム教では、オマト」または楽園の住人。 (ナスル 164:2001)

2. 宗教統一のための基本的な構成要素

2. 1. 宗教統一理論の提示

家父長制の伝統の支持者は、シュオンの見解を次のように受け入れている。

主流派と正統派のための「宗教統一理論」。

ナスル博士は、すべての主要な一神教には共通の起源があるという事実から、上記の支持者たちはどの宗教が「より良い」かという問題について議論すべきではないと確信している。特定の歴史的時代における応用と行動の観点から、実践的な精神的な模倣の機会の存在について疑問が生じます。 (ナスル 120:2003) すべての宗教は神の啓示であるが、同時にそれは「特別」でもある、したがって絶対的な真理とその本質に到達する手段は腸の中にあると著者は説明するそれ自体が宗教。人々の霊的ニーズとの関連で、真理の特殊性が強調されます。 (ナスル 14:2003)

シューオンの観点からは、至高者との結合を含む宗教的多元主義が最も重要な基礎と考え方として受け入れられます。イスラム法の多元論者によれば、さまざまな宗教は礼拝と祈りの多様性によって区別されるが、これらの違いは統一の一般的な本質において特別な役割を果たすわけではない。宗教とその信奉者は、究極の真実を探求し、その知識を求めています。彼らはこのプロセスをさまざまな名前で呼んでいますが、実際には、すべての宗教の目的は、人間を永続的で破壊不可能な永遠の真実に導くことです。地上に現れた人間は永遠ではなく、一時的なものです。

フリードリヒ・シュライエルマッハー(1768-1834)、フリチョフ・シューオン - 彼の理論の継承者であり信奉者、そして彼の生徒たちは、すべての宗教の基礎には「神の統一」があるという理論を中心に団結しています。 (サデギ、ハディ、「新神学入門」、テヘラン、出版物「タハ」2003、77:1998)

宗教の多様性は、感情の多様性とその実践の結果として現れます。

レーゲンハウゼンによれば、「隠された」宗教経験はすべての宗教の本質に含まれています。 (レーゲンハウゼン 8:2005)

William Chittick は、Schuon の見解を特別に解釈しています。彼は、宗教の統一は、スーフィズムから借用した、イスラム教に表れている権利、道徳的義務、神聖さの感覚の尊重に由来すると信じています。 (チティック 70:2003)

家父長制の伝統の信奉者は、すべての宗教を統一する唯一の神が真実であると公言します。彼らは、すべての宗教は神聖な起源を持ち、上からの使者であり、神への扉として現れ、それによって神への道となると信じています。したがって、それらはすべて明らかにされた神法であり、その輝きは絶対的な真理につながります。

家父長制の伝統の信奉者は、アブラハムの血統に由来しない宗教に特に注意を払います。彼らは道教、儒教、ヒンズー教、そしてレッドスキンの宗教の起源の本質を探求します。 (アボニ 6:2003)

「永遠の理性」学派に属する家父長制の伝統の信奉者たちの解説者たちは、特定の宗教の特殊性には言及していないが、形而上学的な深みを超えたイスラム教の豊かな伝統と、ヒンズー教と富裕層の両方に基づいている。西洋の宗教やその他の信念の形而上学の遺産。 (ナスル 39:2007) 神聖なる統一という考えの支持者は、すべての宗教の本質は同じであると信じています。メッセージは 559 つですが、定義が異なります。彼らは、すべての宗教が XNUMX つの源から生じているという証言を確信しています。真珠のように、その核は基礎であり、その外側は異なる特徴を持っています。これが宗教の外面的な現れであり、宗教の違いを決定する際立って繊細で個人的なアプローチが伴います。 (ナスル、創世記 XNUMX)。

シュオンの見解によれば、ピラミッドの頂上は、神聖な起源の統一によって集合的に統合された存在の状態の概念を構造的に表しています。頂点から遠ざかるにつれて距離が現れ、比例して距離が増加し、違いが明らかになります。宗教は、その神聖な本質と内容の観点から見ると、本来の唯一の真実であると認識されていますが、その外面的な現れを通して絶対的な権威を持つものはありません。

家父長制の伝統の信奉者の目を通して見ると、一神教はどれも普遍的なものであり、そのように見なされるべきです。このような宗教にはそれぞれ独自の特色があり、それが他の宗教の生存権を制限するものであってはならないことを考慮する必要がある。

2. 2. シュウォンの観点から見た宗教の神聖な統一

家父長制の伝統の信奉者の観点から見ると、すべての宗教は最初は隠された内なる統一性を持っています。シューオンは最初に宗教の神聖な統一について言及しました。シュオンの考えの別の解釈は、宗教には 22 つの真実しか含まれていないという彼の信念を裏付けています。宗教や伝統が異なる形式や解釈を帯びる原因となるのは、歴史的および社会的状況だけです。それらの多様性は、その内容によるものではなく、歴史的過程によるものです。神の目にはすべての宗教は絶対的な真理の現れです。シュオンは、宗教の神聖な統一に関する意見に言及し、その本質を単一の宗教、単一の伝統の一部として定義し、それらはその多様性から知恵を導き出したものではありません。スーフィズムとイスラム神秘主義の影響を受けた彼の神の統一観は、宗教間の関係の存在を強調しました。この見解は、宗教間の違いに関する分析の可能性を否定するものではなく、絶対的な真実を含む黙示録の出典の問題についてコメントすることさえ賢明です。階層的に構造化された真実は、宗教に関連する文明的秩序の現れの始まりとして機能します。これに基づいて、シュオンは、宗教には複数の真実と本質が含まれていないと主張しました。 (スクーン 1976:XNUMX)

イスラム法と教義を含む宗教の道としての顕教と密教(「エクソ」-外の道、「エソ」-内の道)は、唯一の神に言及する宗教の統一の見解を表しています。補完的な機能を持つ 61 つのパスも、互いに異なるものとして見るべきです。シューオンによれば、外部の道は伝統を形成し、内部の道はその意味と意味を決定し、その本質を示します。すべての宗教を結びつけるものは「神の統一」であり、その外面的な現れには真理の完全性が含まれていませんが、本質における真理自体が統一の現れです。すべての宗教の信憑性は、その核心に統一性と一体性が含まれており、これは議論の余地のない真実です…普遍的な真実に対する各宗教の類似性は、点、円、十字、または点など、共通の核を持つ幾何学的形状として表すことができます。四角。この違いは、場所、時間的な親族関係、外見に基づいた両者間の距離に根ざしています。 (スクーン 1987:XNUMX)

シュオンは、教育的性格と明確に表現された使命を持つものを真の宗教として受け入れます。また、そのメッセージには哲学的なものではなく、犠牲と祝福という神聖な起源を持つ精神的な価値観を含めることも必要です。彼は、あらゆる宗教が啓示と神の意志に関する無限の知識をもたらすことを知っており、受け入れています。 (Schuon 20:1976) Schuon は、ユダヤ教とキリスト教の両方に含まれる「畏怖」、「愛」、「知恵」の状態間の統一に言及することで、イスラム神秘主義を明確に述べています。彼は、アブラハムの血統に由来する三大宗教、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教を完全な優位の地位に置いています。各宗教が優越性を主張するのは、宗教に含まれる差異があるため相対的なものです。現実は、形而上学的なものに照らして見ると、宗教を形作る外部要因とは異なる明確さをもたらします。彼らの内なる本質だけが、神との結合という明らかな裁きにつながります。 (スクーン 25:1976)

3. シュウォンの観点から見た「不死の神学」の基礎

「不死の神学」は、ルネ・ゲノム、クマラスワミ、シューオン、ブルクハルトなどの前衛思想家や哲学者の共通の伝統的な見解によって統一された人類学の教えです。「不死の神学」または「永遠の理性」は、宗教的公準として言及されています。原始的真理への探究は、キリスト教やイスラム教の伝統的な形而上学を通じて、仏教からカバラに至るまでのすべての宗教の神学的伝統の基礎となっています。これらの公準は、実際的な意味を持ち、人間存在の最高の財産を表しています。

この見解は、すべての宗教の基礎にある統一性を証明しており、その伝統、場所、時間的距離によって知恵の一貫性が変わることはありません。それぞれの宗教は、独自の方法で永遠の真実を認識します。宗教の違いにもかかわらず、宗教は永遠の真実を研究することによって、その性質についての統一された理解に到達します。伝統の支持者は、歴史的真実を認識した上で、不死の知恵に基づいて、宗教の外的および内的現れの問題について一致した意見を公言します。

著名な研究者の一人であるナスルは、宗教間の違いを考慮した「不死の神学」が宗教を完全に理解する鍵となる可能性があると信じていました。宗教の多様性は、秘跡の現れ方の曖昧さと違いに基づいています。 (ナスル 106:2003)

ナスル氏は、「不死の理論」を受け入れ、それに従う研究者は、心と魂を完全に秘跡に捧げ、献身的に捧げる必要があると考えている。これは真の理解の浸透を完全に保証するものです。実際には、これは敬虔なキリスト教徒、仏教徒、イスラム教徒を除くすべての研究者にとって受け入れられるものではありません。投機的な世界では、完全に明白であることはほとんど不可能です。 (ナスル 122:2003)

シュオンと彼の信奉者の見解では、「不死の観念」は普遍的なものとして規定されており、イスラム教におけるその最大の現れとなっている。普遍主義の目標は、すべての宗教の伝統と儀式を統合することです。シュオンは当初から、イスラム教が目的を達成するための唯一の手段、つまり「不死の神学」、「永遠の理性」、または

「宗教の不滅性」。彼は研究の中で、枠にとらわれず「不滅の宗教」を神聖な法則の上に位置づけています。

人生の晩年、シュオンはアメリカに移住しました。彼の普遍主義理論には、英語で「カルト」と呼ばれる儀式に関する新しい考え方も登場します。この言葉は「宗派」という言葉の意味とは異なります。 「セクト」とは、特定の思想や儀式を持ち、主流とは異なる宗教を主張する小グループを意味します。彼女は主流宗教の信者たちから距離を置いた。 「カルト」の代表者は、狂信的な思想を持つ非普及宗教の信奉者からなる少数のグループである。 (オックスフォード、2010)

「宗教不滅の神学」の基礎を解釈すると、次の 3 つの側面を区別できます。

a.すべての一神教は神の統一に基づいています。

b.宗教の外面的現れと内的本質。

c.すべての宗教における統一性と知恵の現れ。 (レーゲンハウゼン 242:2003)

4. 神聖な一体性と見かけ上の宗教の複数性

シュオンの教えは、信仰の違いに対して寛容な態度をとっており、自らの宗教の教義を敬虔な信者に押し付けることはありません。 (Schuon、1981、p. 8) 彼の教えの信奉者は、中立性を寛容の一形態として認識し、公平で無関心であり、他のコミュニティの信仰の違いを受け入れます。の本質

その教えは基本的にスーフィズムの現れと似ています。それにもかかわらず、イスラム法とスーフィズムの外見上の違いは確かに存在します。したがって、シュオンと彼の教えの支持者は、宗教と信仰の間には違いが存在するという理論を堅持しています。違いにおける重要な特徴は、外部および内部の発現に関する発現の性質から生じます。すべての信者は外的要因を通じて信仰を宣言しますが、それは外見上の解釈につながるべきではなく、宗教における神秘家の信念の本質に関連している必要があります。 「イスラム法」の外面的な現れは、神を賛美するための概念、知恵、行為の集合体であり、社会の世界観や文化に影響を与え、神秘的な現れは宗教の本質を伝えています。外部と内部の現れに関するこの定式化は、疑いなく、信念と宗教の間の相互矛盾の結論につながりますが、宗教間の統一という考えに到達するには、基本的な信念の本質に注意を向ける必要があります。

マーティン・リングスは次のように書いています。「さまざまな宗教の信者は山の麓にいる人々のようなものです。登ることによって彼らは頂上に到達します。」 (「Khojat」、本 #7、42-43 ページ、2002 年) 登頂せずに頂上に到達した人々は神秘家であり、神との結合の結果としてすでに統一が達成されている宗教の基礎に立つ賢者です。 。

シューオンにとって、信仰に対して特定の限定的な見方を押し付けることは危険であり(スクーン、4年、1984ページ)、一方で、いかなる宗教の真実への信頼も救いへの道ではありません。 (Schuon p. 121、1987) 彼は、人類の救いの道は XNUMX つしかないと信じています。数多くの啓示と伝統が現れていることは事実です。神の意志は、彼らの主要な統一につながる多様性の基礎です。宗教の外面的な現れは矛盾を生み出しますが、教義の内的な信念は統一されます。シュオンの推論の対象は、宗教の外部および内部の現れの次元です。真の宗教の源は、一方では神の現れであり、他方では人間の中にある直感的なものであり、それはすべての存在の中心でもあります。

ナスルは、シュオンの発言を解釈しながら、彼の教えに内在する超越的な側面、そしてその他の点で精神的な明晰さに欠けていることに対するシュオンの明白な内なる不安について共有します。彼はまた、宗教の外面的な現れには神の統一という考えが含まれており、それがさまざまな宗教、傾向、環境、信奉者の原則に従って、個々の現実を創造するという意見を持っています。すべての知識、習慣、伝統、芸術、宗教的集落の本質は、人間中心の存在の次元のレベル全体にわたって同じ現れです。シュオンは、あらゆる宗教には隠された宝石があると信じています。彼によると、イスラム教は無限の源から得られる価値があるため、世界中に広まっています。彼は、イスラム法は、その本質と価値の観点から、感情やその他の感覚の全体として一般の人間の領域に現れる、相対的なものである計り知れない価値を表していると確信しています。 (スクーン 26:1976) 神はさまざまな宗教を通じて天の次元と啓示を創造し、明らかにします。あらゆる伝統において、神はその根源的な重要性を明らかにするためにその側面を明らかにします。したがって、宗教の多様性は神の存在の無限の豊かさの直接の結果です。

ナスル博士は科学著作の中で、「イスラム法は人間生活の調和と統一を達成するためのモデルである」と語っています。 (ナスル 131:2003) イスラム法の法則に従って、外的および内的な原則に従って生きることは、人生の真の道徳的本質を生き、知っていることを意味します。 (ナスル 155:2004)

5. 宗教間の統一の本質を明確にする

家父長制の伝統の信奉者は、宗教間にはもともと隠された内なる統一性が存在するという説を主張している。彼らによれば、存在の目に見えるスペクトルの多様性は、世界と宗教の外見の派手な表現です。完全な真実の出現は統一の基礎です。もちろん、これは個々の特性や宗教間の違いを無視したり軽視したりするという意味ではありません。 「さまざまな宗教の基礎である神の統一性は、唯一無二で取り返しのつかない真の本質以外の何ものでもありません。各宗教の特有の違いにも留意する必要があり、それを無視したり軽視したりすべきではありません。」 (ナスル 23:2007)

宗教間の統一の問題について、シュオンは、本来の知恵が誇示ではなく神聖さをもたらすと述べています。まず、「神聖な真理を超える権利はない」(シュオン 8:1991)。第二に、伝統間の違いは、永遠の知恵の現実について揺れ動く信者に疑念を引き起こします。根源的で取り返しのつかない神の真実は、神への畏怖と信仰を引き起こす唯一の可能性です。

6. 文明の衝突理論の作成者の主な見解

6. 1. 文明の衝突理論の提示 サミュエル・ハンチントン – アメリカの思想家、社会学者、「文明の衝突」概念の創始者(ハーバード大学教授、米国戦略研究機構理事)が 1992 年に提示した。 「文明の衝突」理論。彼のアイデアは雑誌「フォーリン・ポリシー」で広められた。彼の視点に対する反応や関心はさまざまだ。深い関心を示す人もいれば、彼の見解に激しく反対する人もいますが、文字通り驚かれる人もいます。その後、この理論は「文明の衝突と世界秩序の変革」という同じタイトルの分厚い本としてまとめられました。 (アベド・アル・ジャブリ、ムハンマド、イスラムの歴史、テヘラン、イスラム思想研究所 2018、71:2006)

ハンティントンは、イスラム文明と儒教の接近の可能性についての理論を展開し、西洋文明との衝突を引き起こします。同氏は、21世紀は西洋文明とイスラム教、儒教との衝突の世紀であると考えており、ヨーロッパ諸国とアメリカの指導者に対し、起こり得る紛争に備えるよう警告している。彼はイスラム文明と儒教の接近を防ぐ必要性についてアドバイスしています。

この理論の考え方は、西洋文明の政治家たちに、自らの支配的な役割を維持し保証するよう勧告することにつながります。ハンティントンの理論は、西、東、北、南の二極時代のソ連崩壊後の世界関係を説明する新しいプロジェクトとして、議論のために 9 つの世界の教義を提示します。この教義は予想外に急速に広まり、大きな注目を集め、世界が適切なパラダイムの欠如によって真空状態に陥っている状況において時宜にかなった出現を主張している。 (トフラー 2007:XNUMX)

ハンティントンはこう述べています。「冷戦時代の西側諸国は共産主義を異端の敵として認識し,それを『異端の共産主義』と呼んでいました。」今日、イスラム教徒は西洋世界を敵とみなし、「異端の西洋」と呼んでいます。本質的に、ハンティントン・ドクトリンは、西側政界における共産主義の不信感に関する議論や重要な議論の抜粋であり、また、イスラム教への信仰の回復を説明し、変化を事前に決定するテーマでもある。要約すると、この理論は、68 つの文明間の衝突の結果、新たな冷戦が発生する可能性があるという考えを示しています。 (アフサ 2000:XNUMX)

ハンティントンの教義の基礎は、冷戦の終結、つまりイデオロギー対立の時代が終わり、新しい時代が始まるという事実に基づいており、冷戦の主な議論は文明間の衝突である。彼は文化的パラメータに基づいて、西洋文明、儒教文明、日本文明、イスラム文明、インド文明、スラブ正教文明、ラテンアメリカ文明、アフリカ文明の 2001 つの文明の存在を定義しています。彼は国民のアイデンティティを変革するという考えを信じており、信仰と文化的伝統の拡大に重点を置いて国家関係を再考する可能性に焦点を当てています。変化を事前に決定する多数の要因が政治的国境の崩壊に寄与するだろうが、その一方で、文明間の相互作用の重要な領域が形成されるだろう。これらの流行の震源地は、一方では西洋文明、もう一方では儒教とイスラム教の間にあるようです。 (ショージョイサンド、XNUMX)

6. 2. ハンティントンの見解による文明間の対立

ハンティントンは作品の中で、世界のいくつかの文明の両方を重要視しており、イスラム文明と西洋文明という 249 つの主要文明間の対立の可能性を指摘し、解釈しています。言及された紛争とは別に、彼は別の紛争にも注目し、それを「文明間の紛争」と呼んでいます。それを避けるために、著者は共通の価値観と信念に基づいて国家を統一するという考えに頼っています。研究者は、この基盤の統一は強固であり、他の文明もこのパターンを重要なものとして認識するだろうと信じています。 (ハンティントン 1999:XNUMX)

ハンティントンは、西洋文明がその輝きを失いつつあると信じていた。 『文明の衝突と世界秩序の変容』という本の中で、彼は政治状況と国民の精神状態の観点から西方キリスト教文明の終焉を図の形で提示している。彼は、政治力、経済力、軍事力が他の文明と比較して衰退しており、経済発展の低さ、人口の非活動化、失業、財政赤字、士気の低下、貯蓄の減少など、別の性質の困難につながっていると考えている。この結果、アメリカをはじめとする多くの西側諸国では社会的亀裂が生じ、その社会では犯罪が顕著に表れ、大きな困難を引き起こしている。文明のバランスは徐々に根本的に変化しており、今後数年間で西洋の影響力は低下するでしょう。 400 年間にわたり、西洋の威信は議論の余地がありませんでしたが、その影響力の衰退により、その持続期間はさらに 184 年になる可能性があります。 (ハンティントン 2003:XNUMX)

ハンティントンは、過去251年間のイスラム文明は、人口増加、イスラム諸国の経済発展、政治的影響力、イスラム原理主義の台頭、イスラム革命、中東諸国の活動…のおかげで発展し、危険を生み出してきたと考えている。他の文明についても、西洋文明についても考察します。その結果、西洋文明は徐々にその優位性を失い、イスラム教の影響力が増大していきました。影響力の再分配は、第三世界にとって、経済的損失を伴う世界秩序から離れること、または何世紀にもわたって存在する西側の影響力の様式に従うこととして認識されるべきである。世界の文明発展にバランスをもたらすためには、西洋文明がその主導的役割を維持したいという願望によって、流血につながる行動の方向性を再考し、変更する必要があります。 (ハンティントン 2003:XNUMX)

ハンティントンによれば、世界文明は支配政治の影響下である方向に進み、その結果、新世紀の最後の数年間、絶え間ない衝突や紛争が観察されている。文明間の違いは意識の変化につながり、それが今度は既存の空白を埋める手段として宗教的信念の影響力を増大させます。文明の目覚めの理由は、西洋の二枚舌の行動、経済的差異の特殊性、そして人々の文化的アイデンティティです。文明間の断絶された絆は、今日、冷戦時代の政治的、イデオロギー的な国境に取って代わられています。こうした関係は、危機や流血の事態が発生するための前提条件です。

ハンティントンは、イスラム文明との衝突に関する仮説を提示し、現在は文明の変革の時期であると信じています。彼は西洋と正教の崩壊、イスラム文明、東アジア文明、アフリカ文明、インド文明の発展を指摘し、文明間の衝突の可能性について結論を導く理由を与えている。著者は人類の違いによって地球規模の衝突が起きていると考えている。彼は、異なる文明グループ間の関係は非友好的、さらには敵対的であり、変化の望みはないと信じています。著者は、イスラム教と西洋キリスト教の関係性の問題について特別な意見を持っています。この関係性は、違いの拒絶に基づいた変化しやすい相互作用によって不快感をもたらします。これは対立や紛争につながる可能性があります。ハンティントンは、将来の衝突は西側諸国と、新世界を形成する最大かつ最も重要な要素の一つとしてイスラム教と結びついた儒教との間で起こるだろうと信じている。 (マンスール、45:2001)

7。 結論

この記事では、シューオンの見解による宗教統一理論と、文明の衝突に関するハンティントンの理論を検討します。以下のような発見が得られます: シュオンは、すべての宗教は真珠のような単一の源から生じ、その核心は基礎であり、異なる特徴の外側であると信じています。これは宗教の外面的な現れであり、明らかに繊細で個別的なアプローチで、宗教の違いを示しています。シュオン理論の支持者は、すべての宗教を統一する唯一の神が真実であると公言しています。その一人が哲学者で研究者のナスル博士です。彼は、イスラム文明に属する科学の遺産には他の文明の知識も含まれており、その起源を主な内容源としていると考えています。イスラム文明の基礎の原則は普遍的かつ永遠であり、特定の時代に属しません。それらはイスラムの歴史、科学、文化の領域、そしてイスラムの哲学者や思想家の見解の中に見られます。そして、そこに込められた普遍的な原理に基づいて、それらは伝統となります。 (アラミ 166:2008)

シュオンと伝統主義者の見解によれば、イスラム文明は人間生活のあらゆる領域でイスラムの真理を明らかにした場合にのみ頂点に達することができる。イスラム文明が発展するには、次の 2 つの状況が発生する必要があります。

1. 刷新と改革のための批判的分析を実施する。

2. 思想分野におけるイスラム・ルネッサンスの実現(伝統の復活)。 (ナスル 275:2006)

特定のアクションを実行しないと失敗することに注意してください。伝統の調和のとれた役割を維持することを期待して、過去の伝統に基づいて社会を変革する必要がある。 (レーゲンハウゼン 263:2003)

シュオンの理論は多くの場合、西側世界に今後起こる避けられない危機と緊張について警告する警戒的な性質のものである。この見解には多くの不確実性も伴います。すべての宗教の目的は、多くの違いが存在するにもかかわらず、普遍的な真実を指摘して議論することです。シューオンの理論が不確実性を伴うのはこのためである。伝統の信奉者の観点から見た宗教の重要性は、礼拝と奉仕の基礎、基礎です。一神教の公準と本質は、伝統の信奉者と同様に、過激派の考えを克服するための基礎となり得ます。現実は、対立する教えの違いを受け入れず、宗教の真実と和解しないことを示しています。 (モハマディ 336:1995)

伝統の信奉者は予備的な仮説を受け入れ、それに基づいて神聖なる統一の理論を作り出しています。この仮説は、神の統一の現れに関する知識を統一し、普遍的な真実を通じて統一への道を示します。

すべてのアイデアは、その中に真実が含まれているため、注目に値します。宗教の多様性という考えの受け入れは近代主義的であり、上記の仮説に反します。すべての人々に役立つ文化的多様性の現れであるイスラム教の教えにとって、多様性という考えは相容れず、障害となります。これが宗教(イスラム教とその他の伝統)間の違いの原因である限り、それは文化的な大変動を引き起こすでしょう。 (Legenhausen 246:2003) この仮説のあいまいさは、宗教の外部および内部の現れに起因しています。それぞれの宗教はその本質において、全体、つまりその部分が互いに分離できない「不可分」を表しており、個々の構成要素を提示することは不正確であろう。シュオンによれば、外部と内部の現れの分割はイスラム教の発展によって決定されました。その人気と影響力はイスラム法の多大な価値によるものですが、この仮説は全体として深刻な障害をもたらしています。一方、宗教がイスラム教と類似しているということは、その本質の観点からすれば、決してイスラム教の終焉を意味するものではありません。偉大な思想家たち、つまりゲノンやシュオンなどの伝統学派の理論家たちが宗教を離れ、イスラム教を受け入れ、さらには名前を変えた人々について触れてみましょう。

文明の衝突の理論において、ハンティントンはいくつかの証拠となる議論を列挙しています。彼は、実際の構成要素としてだけでなく、歴史、言語、文化、伝統、特に宗教を含む一般的な基盤としても、文明間の差異が存在すると確信しています。それらはすべて、存在に対する受容性や認識の違い、また神と人間、個人と集団、国民と国家、親と子供、夫と妻の関係の結果として互いに異なります。これらの違いには深い根があります。そしてそれはイデオロギー的および政治的秩序よりも根本的なものです。

もちろん、戦争や長く続く過酷な紛争によって引き起こされた文明間の違いは、明らかに既存の違いとなり、衝突があるという意見を生み出します。一方で、世界の急速な変化と国際関係の発展は、文明間の警戒と文明間の違いの存在の認識の原因となっています。文明間の関係の増大は、移民、経済関係、物質的投資などの現象の発展を引き起こします。ハンチントンの理論は、神秘的な見解ではなく、文化と社会的行為の間の相互作用に言及していると結論付けることができます。

研究方法はシューオンの見解を参照しており、宗教の内的本質に基づいて形成された宗教の神聖な統一性を真剣に強調している。これまでのところ、地球上のさまざまな地域での政治的および軍事的混乱のため、上記の理論は世界的に認められておらず、すぐに実行することは不可能です。

観念の世界では、シュオンの宗教的認識と見解は神の統一のテーゼにつながりますが、行為の世界ではあいまいさと彼の教義の実現の不可能性が発見されます。実際、彼は人々が同じ考えを持つという理想主義的な絵を描いています。ハンチントンは、経済的、社会的、文化的現象に基づいた理論で、文明の事例の分野における現実の現実的な見方を示しています。彼の判断の基礎は、歴史的実践と人間の分析によって形成されています。シュオンの宗教的見解は、国際統一の主要な理想主義的な概念となった。

ハンチントンの理論は、経済的、社会的、文化的現象に基づいており、重要かつ基本的なものと考えられており、実際の文明間の衝突の多くの原因の 1 つを示しています。

近代化の方向性と経済的および社会的変化は、既存のアイデンティティの分離とその位置の変化の条件を生み出します。西側世界で二分化状態が発見されつつある。西洋が隆盛を極める一方で、その覇権への抵抗により影響力が低下し、西洋とは異なる文化が徐々に独自性を取り戻しつつある。

この興味深い現象は、その影響力を増大させ、他の非西側諸国に対する西側諸国の強力な抵抗に応え、その権威と自信とともに絶えず成長しています。

その他の特徴としては、経済的、政治的差異と比較して文化間の差異が深まっていることです。これは、より困難な問題解決と文明間の和解のための前提条件です。

文明の会合では、アイデンティティの支配に対する欲求に関する基本的な事例が明らかになります。これは国家現象学の違いのため、簡単にモデル化できる状況ではありません。宗教は国家アイデンティティよりも強力な力であり、各人を互いに区別するため、半分がキリスト教徒、または半分がイスラム教徒であることははるかに困難です。

文献

ペルシア語:

1. アボニ、ゴラムレザ・ハード・ジャビダン。永遠の知恵。研究と人間科学開発のために、2003 年。

2. アラミー、シード・アリレザ。セイド・ホセイン・ナスルの視点から文明とイスラム文明への道を見つける。 // 歴史

およびイスラム文明、III、いいえ。 6、2007 年秋冬。

3. アモリ、アブドラ・ジャバディ。知識の鏡に映るイスラム法。 2.

編Com: 公開用博士。 『ラジャ』、1994年。

4. アフサ、モハマド・ジャファル。文明の衝突理論。 // クサール (cf.

カルチャー)、2000 年 41 月、no. XNUMX.

5. レーゲンハウゼン、ムハンマド。なぜ私は伝統主義者ではないのでしょうか?に対する批判

伝統主義者の意見と考え / トランス。マンスール・ナシリ、ハムシャフリ神父、2007年。

6. マンスール、アユーブ。文明の衝突、新しいものの再構築

ワールドオーダー / トランス。サレハ・ワセリ。准教授政治的なために。科学: シラーズ大学、2001、I、いいえ。 3.

7. モハマディ、マジッド。現代の宗教を知る。テヘラン:カトレ、1995年。

8. ナスル、シード・ホセイン。イスラム教と現代人の困難 / 翻訳

エンショラ・ラフマティ。 2.編テヘラン: 研究室。そして公開。 「スフラヴァルディ」、2006年冬。

9. ナスル、シード・ホセイン。神聖な科学の必要性 / トランス。ハッサン・ミアンダリ。 2.編テヘラン:コム、2003年。

10. ナスル、シード・ホセイン。宗教と自然の秩序 / トランス。エンショラ・ラフマティ。テヘラン、2007 年。

11.サドリ、アハマド。ハンティントンの夢の逆転。テヘラン:セリル、2000年。

12. アルビン・トフラーとハイジ・トフラー。戦争と反戦 / トランス。メフディ・ベシャラット。テヘラン、1995年。

13. アルビン・トフラーとハイジ・トフラー。新しい文明 / トランス。モハマド・レザー・ジャファリ。テヘラン:シムルグ、1997年。

14. ハンティントン、サミュエル。西側のイスラム世界、文明

世界秩序の紛争と再構築 / 翻訳ラフィア。テヘラン: 研究所カルトの為に。研究、1999年。

15. ハンティントン、サミュエル。文明の衝突理論 / 翻訳モジタバ・アミリ・ワヒド。テヘラン: 分。外部作品と編曲について。博士号、2003 年。

16. チティック、ウィリアム。スーフィズムとイスラム神秘主義への入門 / トランス。ジャリル

パーヴィン。テヘラン: ホメイニ師を追跡中だ。インスタ。そしてイスラム革命。

17. シャールディ、モルテザ・ホッセイニ。宗教の定義と起源。 1.

編マシャド:アフタブ・ダーネーシュ、2004年。

18. ショジョイザンド、アリレザ。文明の衝突理論。 // 思考の反映、2001、いいえ。 16.

19. シュオン、フリチョフ、シェイク・イサ・ヌール・アッディン・アハマド。貴重なイスラムの真珠、訳。ミノ・ホジャド。テヘラン: 研究室。そして公開。 「ソルバード」、2002年。

英語で:

20.オックスフォード上級学習者向け辞書。第8版2010年。

21.シュオン、フリスヨフ。原理および方法としての秘教 / 翻訳。ウィリアム・ストッダート。ロンドン:ペレニアル・ブックス、1981年。

22.シュオン、フリスヨフ。イスラム教と永遠の哲学。アル・タジル・トラスト、1976 年。

23.シュオン、フリチョフ。論理と超越 / 翻訳ピーター・N・タウンゼント。ロンドン:ペレニアル・ブックス、1984年。

24.シュオン、フリチョフ。人間の状態の根源。インディアナ州ブルーミントン: World Wisdom Books、1991 年。

25.シュオン、フリスヨフ。スピリチュアルな視点と人間の事実 / 翻訳PNタウンゼント。ロンドン:ペレニアル・ブックス、1987年。

26.シュオン、フリスヨフ。超越的な宗教の統一。イリノイ州ウィートン:神智学出版社、1984 年。

図: 図: 22 つの原則に従って、宗教の構造を表す水平-垂直グラフ (ズルカルナエンを参照。宗教の要点についてのフリチョフ・シューオンの思考の内容。 – In: IOSR Journal of Humanities and Social Science (IOSR- JHSS) 第 6 巻、第 6 号、Ver. 2017 (2279 年 0837 月)、e-ISSN: 10.9790-0837、DOI: 2206068792/90-87、p. 92 (pp. XNUMX-XNUMX)。

注意:

著者: マスード・アフマディ・アフザディ博士、准教授比較宗教と神秘主義、イスラム・アザド大学北テヘラン支部、イラン、テヘラン、[email protected]。 &Dr. Razie Moafi、科学アシスタント。イスラム・アザド大学テヘラン東支部。テヘラン。イラン

ブルガリア語での最初の出版物: アフマディ・アフザディ、マスード。モアフィ、ラジエ。今日の世界における宗教 – 相互理解または対立 (宗教間の相互理解または衝突に関するフリチョフ・シューオンとサミュエル・ハンティントンの見解に従う)。 – 掲載: Vezni、第 9 号、ソフィア、2023 年、99-113 ページ {ハジャール・フィウジ博士によりペルシア語からブルガリア語に翻訳。ブルガリア語版の科学編集者: アレクサンドラ クマノバ教授}。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-