19.1 C
ブリュッセル
6月(木曜日)13、2024
宗教キリスト教教会のろうそくは何を象徴していますか?

教会のろうそくは何を象徴していますか?

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

答えは教父たちによって与えられており、彼らがいつ生きていたかに関係なく、私たちは常に彼らに頼り、彼らの中に答えを見つけます。

テサロニケの聖シメオンは、純粋なろうそくについて言及しながら、ろうそくが象徴する6つのことについて語っています。 – ワックス状のもの。彼は彼女が次のことを描いていると言います。

1) 私たちの魂の純粋さ、

2) 私たちの魂の柔軟性。福音主義の戒めに従って形作らなければなりません。

3) 神の恵みの香り、それはろうそくの甘い香りのように、すべての魂から発せられるべきです。

4) ろうそくの中の本物の蝋が火と混ざり合い、燃えて栄養を与えるように、神の愛に焼かれた魂は徐々に神聖化に達します。

5) キリストの光、

6) クリスチャンの内に君臨し、他の人たちへの道しるべとなる愛と平和。

アトスの聖ニコデモも6つのシンボルとろうそくに火を灯す理由について語っています。

1) 光である神を讃えるため:「わたしは世の光です」(ヨハネ、8:12)。

2) 夜の闇を払拭し、それがもたらす恐怖を追い払うため、

3) 私たちの魂の内なる喜びを表現すること、

4) 殉教者の墓にろうそくを灯した古代キリスト教徒に倣い、私たちの聖人たちを讃えるため、

5) 「あなたの光を人々の前で輝かせなさい」(マタイ 5:16a) というキリストの言葉に従って、私たちの善行を描写すること。

6) ろうそくに火を灯す人々と、ろうそくに火が灯される人々の罪を赦すこと。

キャンドルから炎が出て、炎が発光します。光は私たちのサービスの主要な要素です。神が光であるように、私たちも光になるよう招かれています。事前に神聖化された聖典の最中、司会の司祭は火のついたろうそくを手に信徒に向き直り、「キリストの光がすべての人を照らします」と言いました。修道院の散髪中、修道院長は火のついたろうそくを持って、もう一度言います。「人々があなたの善行を見て、あなたの天の御父を讃えることができるように、あなたの光を人々の前で輝かせてください。」 (マタ 5:16)だけでなく、聖典の終わりにも「真の光を見た」と歌います。私たちの主は常に私たちに、人生、言葉、行いによって光となるよう呼びかけておられます。これは、ろうそくに火を灯すことが単なる日常的または機械的な行為であるべきではなく、神を求め、神とのコミュニケーションの重要な部分となるべきであることを意味します。

ゼニアによる写真: https://www.pexels.com/photo/lighted-candles-11533/

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-