8.7 C
ブリュッセル
4月の金曜日、19、2024
編集者の選択新鮮な空気の息吹: よりきれいな空を目指す EU の大胆な動き

新鮮な空気の息吹: よりきれいな空を目指す EU の大胆な動き

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル - at The European Times ニュース - 主にバックライン。 基本的権利に重点を置いて、ヨーロッパおよび国際的な企業、社会、および政府の倫理問題を報告しています。 また、一般メディアが耳を傾けていない人々に声を上げます。

より環境に優しい未来に向けたエキサイティングな飛躍の中で、欧州連合は、私たちに次のような贈り物を与えることを目的とした革新的な計画に力を入れています きれいな空気。これを想像してみてください。息をするたびに新鮮できれいな空気が吸い込まれるヨーロッパ — 夢のようですね?さて、評議会議長と議会の間の心強い握手のおかげで、それはもはや単なる夢物語ではありません。 欧州議会.

これは単なる合意ではありません。それは、汚染が過去の話となった未来を追い求め、輝くようなきれいな 2050 年を目指すという約束です。そして歓声を先導しているのは誰でしょうか?他ならぬアラン・マロンは、ブリュッセル首都圏地域の環境保護活動家であり、私たち全員が少しでも楽に呼吸できるようにするために全力を尽くしています。

画像 1 新鮮な空気の息吹: よりきれいな空を目指す EU の大胆な動き
新鮮な空気の息吹: よりきれいな空を目指す EU の大胆な動き 3

何が大したことなのですか?私たちの肺を破壊する微粒子や二酸化窒素などの厄介な部分をカットすることに特に焦点を当てて、私たちの周りの空気が大規模なデトックスを受けているところを想像してください。 EUは2030年までに、こうした招かれざる客の数を減らし、空気を新鮮にするだけでなく健康にする計画だ。

しかし、ここがキッカーです。一部の地域で期限までに空気を浄化することが難しいと判断した場合、もう少し時間を要求することができます。それは難しい宿題を延長してもらうようなものですが、それは本当に本当に必要で、一生懸命取り組むと約束した場合に限られます。そして、全員が順調に進んでいることを確認するために、グループ プロジェクトを管理するような感じで、計画や最新情報が全体で共有されます。

画像 2 新鮮な空気の息吹: よりきれいな空を目指す EU の大胆な動き
新鮮な空気の息吹: よりきれいな空を目指す EU の大胆な動き 4

現在、EU は 5 年ごとにこれらの大気質目標に関する健康診断を実施し、その目標が最新の科学と世界保健機関が最善と考える目標に沿っているかどうかを確認します。それは、メガネの処方が最新のものであることを確認するようなものです。常に鮮明に見えたいと思っていますよね?

そして、ここに本当に素晴らしいことがあります。誰かがルールを守らず、そのために空気が汚れた場合、彼らを非難し、補償を受ける方法さえあります。それは、公平性を確保し、個人から地球のことを考える大きなグループに至るまで、誰もが発言権を持っていることを確認することです。

それで、次は何でしょうか?この計画が具体化するまでにはあと数回承認が必要ですが、計画は進行中です。これは、私たちの空気が単に私たちが生活しなければならないものではなく、私たちがより良く生きるのに役立つものであることを確認する、何十年にもわたって続いている旅の大きな一歩です。

これは EU にとって大きく大胆な動きですが、それはすべて私たちと私たちの家を大切にするためです。呼吸を楽にして、明るくクリーンな日々を楽しみにしましょう。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-