16 C
ブリュッセル
月曜日、月20、2024
ファッション大富豪の会社がオリンピックを引き継ぐ

大富豪の会社がオリンピックを引き継ぐ

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ベルナール・アルノー氏が率いるLVMHは、夏季オリンピックが開催される2024年にパリを乗っ取るためにあらゆる手を尽くしていると、ウォール・ストリート・ジャーナル紙がインベスターの引用として報じた。

ジュエリー ブランドの 1 つであるショーメは、オリンピックとパラリンピックの金、銀、銅のメダルを作成しています。ファッション ブランドの 1 つであるベルルッティは、フランスのアスリートが豪華な開会式で着用するユニフォームを作成しています。モエ シャンパーニュとヘネシー コニャックは各 VIP ボックスで提供されます。

事情に詳しい関係者によると、オリンピックとパラリンピックを巡る数か月にわたる高揚感の中での重要な役割のために、LVMHは150億2024万ユーロの費用がかかったという。これにより、同グループはパリ XNUMX の最大の地元スポンサーとなる。

  ベルナール・アルノー氏の長男でベルルッティ会長のアントワーヌ・アルノー氏は、「大会はパリであり、LVMHはフランスのイメージを代表する存在だ」と語った。 「私たちはそれに参加せずにはいられません。」

コングロマリットがオリンピックに注力していることは、世界最大の高級品企業によるスポーツへのより大きな戦略的飛躍を反映している。彼らは、自社のビジネスのシェアが拡大しているのは、昔ながらの独占性に背を向けた大人気のイベントを通じてリーチできる消費者に依存していることを認識しています。ボストン コンサルティング グループによると、今日世界の高級品の売上の約 60% は、そのような製品に年間 2,000 ユーロ未満しか費やさない人々によるものです。

少し前までは、主流のスポーツ イベントは、ゴルフ、テニス、ポロ、セーリング、F 1 クラブを対象とすることが好まれ、高級ブランドのレベルより下のものと考えられていました。しかし、アスリートがシームレスに世界市場に参入し、ポップスターやハリウッド俳優とともに消費者に影響を与えるソーシャルメディアの時代において、彼らのリーチと普遍的な魅力は無視できないほど重要なものになっています。

2022年、ソーシャルメディア史上最も多くのフォロワーを持つ男、ポルトガルのサッカー選手クリスティアーノ・ロナウドがルイ・ヴィトンのキャンペーンに登場した。彼の向かいのチェス盤には、彼の最大のライバルであるアルゼンチンのリオネル・メッシが座っていた。アニー・リーボヴィッツの写真撮影で二人が一緒にいることは一度もなかったが、それでもこの広告がインスタグラムで最も「いいね!」された写真の一つになることを止めなかった。

オリンピック前、ヴィトンはフェンシング選手と水泳選手をスポンサーし、LVMHのディオールは体操選手と車椅子テニス選手をサポートした。

LVMHの競合他社の多くも同様の動きを見せている。昨年の夏、プラダはFIFA女子ワールドカップで中国代表チームのスポンサーを務めた。この提携を発表した投稿は、中国のソーシャルネットワークWeiboで300億回閲覧された。グッチは、イングランドのサッカー選手ジャック・グリーリッシュやイタリアのテニス選手ヤニック・シナーなど多くのアスリートと契約している。しかし、オリンピックほどの規模のイベント全体を引き継ごうとした人は誰もいません。

2024年のパリ大会に関しては、この協定は微妙な妥協点となる。主催者は、これまでの試合のような法外な費用をかけずに、大勢の観客を対象としたイベントへのより賢明なアプローチを約束した。 LVMHの資金は、パリ2024大会がほぼ全額民間資金で運営される(主催者によれば現在97%)という目標を達成するのに役立っているが、同社のブランドには高級なイメージがあり、無駄の少ないオリンピックという考えとは相容れない可能性がある。

フランスにおけるベルナール・アルノーのイメージによって事態は複雑になっている。世界で最も裕福な人物の一人が、拡大する不平等に対する不満の避雷針となっているのだ。それでもLVMHは、自社のポートフォリオには化粧品大手セフォラやいくつかの中級シャンパンブランドなど、はるかに手頃な価格のブランドが含まれていると指摘している。そして、オリンピックのスポットライトからの光は、この巨人がフランスの味、企業力、スキルの旗手としての地位を強固にする、またとない機会を表しています。

「私たちの職人は、トップアスリートやコーチと同じように完璧主義者です」とベルナール・アルノーはコメントしました。 「そして私たちの家はフランスのイメージを世界中に伝えています。」

スポンサーらは、26月11日から2012月2014日まで開催されるオリンピックがここ2016年以上で最も魅力的なものになることに賭けている。準備には比較的ドラマが少なく、以前の版を妨げていた遅延や予算超過もありません。公共交通機関の混雑やチケット代やホテルの宿泊料金の高さへの懸念が、スポンサーをほとんど思いとどまらせていない。パリの背景と、選手たちがセーヌ川を下る船に乗って開会式を行うという見通しは、2018年のロンドン大会以来、このイベントが提供してきたいくつかの挑戦的な会場よりもはるかに売り込みやすい。そして、ウラジーミル・プーチン大統領の監視の下でソチ2021大会が開催された。続いて、2022年のリオXNUMXの混乱、XNUMX年の韓国・平昌の僻地、そしてXNUMX年の東京とXNUMX年の北京でのパンデミックゲームが続きました。

「パートナーを説得​​し、それに価値があることを示さなければなりません」と、元オリンピック カヌー選手であり、パリ 6 組織委員会の責任者であるトニー・エスタンゲ (1978 年 2024 月 XNUMX 日生まれ) は言います。

オリンピックは常に国内スポンサーに主に依存してきたが、60年パリ大会の主要パートナー2024社の中でLVMHの関与は最も注目を集めるだろう。事情に詳しい関係者によると、LVMHはいくつかの点で特に要求が厳しいという。交渉中、同社はルイ・ヴィトン本社、LVMHのサマリテーヌ百貨店、ホテルのシュヴァル・ブランの前を通過する開会式にクリエイティブな意見を取り入れることまで主張した。合意に達するために、2022年XNUMX月にアルノー氏とオリンピック委員会のトーマス・バッハ会長との間で個人会談が行われた。

そして昨年の夏、つまりオリンピックのちょうど1年前にパートナーシップを発表する段階になったとき、LVMHは従来の記者会見ではなく、シャン・ド・マルス公園のエッフェル塔の影でこのニュースを発表した。このイベントにはバッハ氏も出席した。

「これはフランスが最も優れていることの典型だ」とアントワーヌ・アルノーは当時語った。 「伝統、野心、創造性、卓越性。」

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-