6.6 C
ブリュッセル
4月の金曜日、19、2024
編集者の選択欧州委員会、デジタルサービス法に基づきTikTokに対して正式な措置を講じる

欧州委員会、デジタルサービス法に基づきTikTokに対して正式な措置を講じる

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

ブリュッセル、ベルギー – デジタル著作権とユーザーの安全を守るための重要な動きとして、欧州委員会はソーシャルメディア大手TikTokに対する正式な調査手続きを開始した。 潜在的な侵害 デジタルサービス法 (DSA)。この措置は、デジタル空間、特に未成年者の保護、広告の透明性、研究者へのデータアクセス、有害または中毒性があるとみなされるコンテンツの管理に関する分野の規制を目的とした画期的な法律を施行するというEUのコミットメントを強調するものである。

2023年XNUMX月に提出されたTikTokのリスク評価報告書の詳細な分析と委員会の正式な情報要請に対する同社の回答を含む予備調査を経て、委員会はいくつかの懸念領域を特定した。これらには以下が含まれます TikTokアルゴリズム システムが行動依存症を助長したり、ユーザーを有害な「ウサギの穴効果」に導く可能性など、体系的なリスクに関連する DSA 義務の遵守。調査では、年齢確認ツールやデフォルトのプライバシー設定の有効性、広告におけるプラットフォームの透明性、研究目的でのデータアクセスなど、未成年者を保護するためのTikTokの対策も精査される予定だ。

TikTok がこれらの分野で失敗したことが判明した場合、DSA 内の複数の条項の侵害となり、超大規模オンライン プラットフォーム (VLOP) に定められた義務に違反したことになります。 135.9 年 2023 月の時点で EU 内に月間アクティブ ユーザー数が XNUMX 億 XNUMX 万人であると宣言した TikTok は、このカテゴリーに該当するため、DSA に基づく厳格なコンプライアンス要件の対象となります。

この正式な手続きは、欧州委員会による DSA の執行における重要な段階を示しており、委員会は暫定措置や不遵守の決定を含むさらなる措置を講じることができるようになる。委員会はまた、調査中の問題に対処するためにTikTokが行ったいかなる約束も受け入れる可能性がある。これらの手続きの開始は、事前に決定された結果を意味するものではなく、DSA またはその他の規制枠組みに基づく他の潜在的な侵害を調査する委員会の能力を制限するものではないことに注意することが重要です。

捜査が進むにつれ、 手数料 は引き続き証拠を収集し、インタビューや検査を実施し、TikTokに追加の情報要求を送信する可能性があります。この綿密な捜査の期間は、事件の複雑さやTikTokの協力の程度など、さまざまな要因によって異なります。

欧州委員会によるこの措置は、デジタルプラットフォームがユーザー、特に未成年者の権利と安全を保護する方法で運営されることを保証するというEUの決意を明確に示したものである。また、DSA の包括的な性質も強調しています。DSA は EU 内で活動するすべてのオンライン仲介業者に適用され、デジタル規制の世界的なベンチマークを設定します。訴訟の展開に伴って、デジタルコミュニティとTikTokユーザーは、その結果と、その結果がヨーロッパおよびその他の地域におけるデジタルサービス規制の将来に与える影響に熱心に注目することになるだろう。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-