9.5 C
ブリュッセル
4月月曜日、22、2024
編集者の選択欧州連合における宗教の自由と平等: 先行き不透明な道筋

欧州連合における宗教の自由と平等: 先行き不透明な道筋

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュース

マドリード。 サンティアゴカニャマレスアリバス、教会法の教授 マドリードコンプルテンセ大学、教会法教授協会が主催した最近の巡回セミナーで、欧州連合における信教の自由と平等について示唆に富んだ分析を行った。

最近のこの講義では カニャマレス・アリバス教授宗教の自由の分野で著名な学者である彼は、宗教と宗教の法的枠組みとの複雑な関係について深い洞察を共有しました。 European Union。このイベントは、マドリッドの大学やそれ以外の大学の学業と個人の融合における重要な瞬間を記念するもので、進化する大学のダイナミクスを浮き彫りにしました。 宗教の自由 EU内。

カニャマレス・アリバス教授 同氏は、このような有意義なセミナーの伝統を再燃させてくれた協会に感謝の意を表し、講演を始めた。これは、彼が教会法学部に所属していた頃にはよく行われていたものだった。

カニャマレス・アリバス教授のプレゼンテーションの核心は、欧州連合における宗教の役割に関する最近の研究と出版物を中心に展開され、このテーマは彼の長年にわたる学術的探求の焦点となっていた。同氏は、宗教の自由と平等に対するEUのアプローチの矛盾を指摘した。 「EU 議員は、宗教上の理由による特定の規範と例外を通じて宗教の自由と平等へのコミットメントを示していますが、このコミットメントは欧州連合司法裁判所 (CJEU) の判決には反映されていないようです。」彼は観察した。

カニャマレス・アリバス教授は、 CJEU の信教の自由に対する制限的な解釈、EU法内のより広範な許可とは対照的です。彼は最近のことを挙げた。コミューン・ダンズ」事件はその代表的な例であり、ベルギーの裁判所の尋問が判決につながり、雇用の場における宗教的象徴に対するEUの立場についてさらなる議論を引き起こした。

このセミナーでは、EU法内の2つの主要な未解決問題を掘り下げた。それは、保護の対象としての宗教と個人の信念との区別(または区別の欠如)、もう1つは宗教的告白との関係を定義する際の加盟国の自主性である。カニャマレス・アリバス教授は、EU の基本的な経済的焦点を強調したが、 宗教の自由と平等を含む社会的および個人的な側面を無視しないことの重要性.

さらに、カナマレス・アリバス教授は、EUが信徒主義を支持する可能性を批判し、それがEUが守ると主張する基本的権利や価値観と一致するかどうかを疑問視した。彼は「レファ・パルティシ v. トルコ」欧州人権裁判所による訴訟は、国家と宗教の関係の特定のモデルと基本的権利の保護との間に潜在的な矛盾があることを示しています。

カニャマレス・アリバス教授は、EU内の信教の自由と平等について、より微妙な理解と適用を求めた。同氏は、CJEUと欧州人権裁判所との相互学習や法務総局の貢献を通じて、EUが宗教と法律の複雑な領域をどのように乗り越えていくかには楽観視と改善の余地があると示唆した。

このセミナーは学術的な議論の場を提供しただけでなく、欧州連合における信教の自由と平等を強化するための現在進行中の課題と機会にも光を当てました。 EU が進化を続ける中、サンティアゴ・カニャマレス・アリバス教授が共有した洞察は、間違いなく、EU の法的枠組みの中でこれらの基本的権利のバランスをとる最善の方法についての広範な議論に貢献するでしょう。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-