9.2 C
ブリュッセル
4月(火曜日)23、2024
編集者の選択監禁中の悲劇:アレクセイ・ナワリヌイ氏の死で世界的な抗議が起きる

監禁中の悲劇:アレクセイ・ナワリヌイ氏の死で世界的な抗議が起きる

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュース

ロシアの最も著名な野党勢力であり、ウラジーミル・プーチン大統領を声高に批判していたアレクセイ・ナワリヌイ氏の突然の死は、ロシア国内に衝撃を与えた。 国際社会とロシアそのもの。ロシア国営通信社RIAノーボスチが報じたところによると、汚職との容赦ない闘いと民主改革の提唱で知られるナワリヌイ氏は、3年16月2024日にヤマロ・ネネツ自治管区の第XNUMX流刑地で散歩中に倒れた。連邦刑務所局の発言を引用した。

海軍氏の死に対しては、ロシア国内の沈黙や統制された言論から、西側諸国の指導者や国際機関によるあからさまな非難や説明責任の要求に至るまで、さまざまな反応が起こっている。ドミトリー・ペスコフ大統領報道官が伝えたクレムリンの対応は、プーチン大統領に報告し、原因究明は医療専門家に委ねるというものだった一方、ナワリヌイ氏の報道官、キラ・ヤルミシュ氏は確認と死去をめぐる状況の詳細を待ったままとなっている。

ナワリヌイ氏が神経剤中毒による命を狙われた後、2021年にロシアに帰国したことは、リスクにもかかわらず、彼の大義と国家に対する同氏の献身的な姿勢を強調した。この主張は西側の研究所によって実証されたが、クレムリンによって否定された。その後、同氏に懲役19年の判決が言い渡され、同氏の反汚職財団が「過激派組織」に指定されたことは、ロシアにおける反対意見に対する抑圧的な環境が増大していることを浮き彫りにした。

ロシアの独立系報道機関エージェントストボが報じた、親クレムリン政党「統一ロシア」から議員らへのナワリヌイ氏の死に関するコメントを控えるよう指示、および元・現ロシア政府高官らからユーラクティブとモスクワ・タイムズへの匿名の洞察がそれぞれ報じられた。ナワリヌイ氏のような囚人が直面する厳しい現実に対する恐怖、コントロール、認識が複雑に絡み合っていることを示唆している。

国際的には、ナワリヌイ氏の死は、独裁政権に挑戦する人々が直面する危険をはっきりと思い出させるものとして追悼されている。フランスのステファン・セジュルヌ外相、欧州委員会のウルズラ・フォンデア・ライエン委員長、NATO事務総長のイェンス・ストルテンベルグ、欧州議会のロベルタ・メッツォラ議長の声明は、ナワリヌイ氏の勇気と回復力に敬意を表するだけでなく、ナワリヌイ氏の状況を作り出したクレムリンの責任も指摘している。彼の死。

世界がナワリヌイ氏死去の影響に取り組む中、徹底的な調査と説明責任が求められていることは明らかだ。より透明で民主的なロシアを揺るぎなく追求したことを特徴とするナワリヌイ氏の人生の物語は、彼の死を取り巻く沈黙と曖昧さとは全く対照的である。これは悲劇的な結末であり、ロシアにおける人権と表現の自由の現状、そして声を上げようとする人々を支援する国際社会の役割について深刻な疑問を投げかけている。

抑圧に対する抵抗の象徴として、また多くのロシア人にとって希望の光としてのアレクセイ・ナワリヌイ氏の功績は今も衰えることはない。同氏の死は、ロシアの人権状況と政治犯の扱いが改めて精査されるきっかけとなり、より良いロシアを目指す彼の闘いは、同氏不在の間でも継続することを確実にするかもしれない。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-