10.7 C
ブリュッセル
4月(木曜日)18、2024
環境先住民コミュニティとキリスト教コミュニティの協力的な取り組みが神聖な森林の保全を促進します...

先住民族コミュニティとキリスト教徒コミュニティの協力的な取り組みがインドの神聖な森林の保全を促進

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

By ジェフリー・ピーターズ 

    インドで古くからある最も高く評価されている神聖な森林の中心部で、先住民族コミュニティの人々がキリスト教徒と力を合わせて、彼らが貴重で神聖な森林地帯であると考える森林地帯の保存を主張している。

    所在地の村、モープランにちなんで名付けられました。この森はインド北東部メガラヤ州の緑豊かなカーシ丘陵にあります。、インドと中国の国境からそれほど遠くないところにあります。としてさまざまに知られています。自然博物館"と"雲の住処、「モープラング」は「」を意味します。苔むした石」は地元のカーシ語で、おそらく 125の神聖な森の中で最も有名な森 状態インチ 

    村の住民を危害から守る土着の神の住まいと信じられているモープランは、薬用植物、キノコ、鳥、昆虫の密集した 193 エーカーの生物多様性のメッカです。何世紀にもわたって、人々はモープランなどの神聖な森を訪れ、そこに生息すると信じている神に祈り、動物の犠牲を捧げてきました。いかなる冒涜行為も固く禁じられています。ほとんどの森林では、花や葉を摘むという単純な行為さえも禁止されています。  

    「ここでは、人間と神とのコミュニケーションが行われます」と、モーフラングの森を聖別した地元の司祭一族の先祖の血統の一員であるタンバー・リンドー氏はこう語った。 17月XNUMX日の特集記事でAP通信に語った。。 「私たちの先祖は、人間と自然の調和を象徴するために、これらの木立や森林を残しました。」 

    しかし最近では、気候変動、汚染、森林伐採により、モーフラングなどの神聖な森林に大きな被害が及んでいます。 先住民族のキリスト教への改宗19 世紀にイギリスの植民地支配下で始まったこの文化は、地元のエコ文化にも影響を与えてきました。

    モルメン殿下によると、環境活動家でユニテリアン派の元牧師でもあったキリスト教に改宗した人々は、森林や伝統的な信仰との精神的な結びつきを失った。 「彼らは新作を見ました 宗教 AP通信の記事は、モーメン氏の言葉を引用し、「光のように、そしてこれらの儀式は闇のように、異教のように、あるいは悪のようにさえ思える。」と述べた。 

    過去数年にわたり、 環境保護主義者 政府機関とともに、先住民族やキリスト教徒のコミュニティと協力することは、森林の手入れの重要性についての情報を広める上で重要な役割を果たしてきました。生態系は、地域の生態学的バランスと生物多様性にとって非常に貴重であると考えられています。

    「人々がキリスト教に改宗した場所でも、彼らが森林の手入れをしていることがわかってきました」とモーメン氏は語った。

    約 500 世帯が住むジャインティア ヒルズがその典型的な例です。 平文見新羅によると、この地域の首長は助祭でもあり、ほぼすべての住民が長老派、カトリック教徒、または神の教会の会員です。

    「私は森が神聖だとは思っていません」と彼はAP通信に語った。 「しかし、私はそれをとても尊敬しています。」

    ジャインティア丘陵に住むもう一人のクリスチャン、ペトロス・ピルトゥさんは、森林への畏敬の念と尊敬の念を息子に植え付けたいと考え、6歳の息子とともに定期的に村近くの神聖な森に足を運んでいる。 「私たちの世代では、ここが神々の住処だとは信じていません」とピルトゥーさんは語った。 「しかし、私たちの先祖が森を汚してはいけないと教えてくれたので、私たちは森を守る伝統を続けています。」

    - 広告 ​​-

    著者からのより多く

    -独占コンテンツ-スポット画像
    - 広告 ​​-
    - 広告 ​​-
    - 広告 ​​- スポット画像
    - 広告 ​​-

    必読

    最新記事

    - 広告 ​​-