15.2 C
ブリュッセル
2009年5 29、2024
ニュースラドヴァン・カラジッチ、精神科医とサラエボ虐殺

ラドヴァン・カラジッチ、精神科医とサラエボ虐殺

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガブリエル・カリオン・ロペス
ガブリエル・カリオン・ロペスhttps://www.amazon.es/s?k=Gabriel+Carrion+Lopez
ガブリエル・カリオン・ロペス: フミラ、ムルシア (スペイン)、1962 年。作家、脚本家、映画製作者。 彼は 1985 年以来、報道機関、ラジオ、テレビで調査ジャーナリストとして働いてきました。 宗派と新興宗教運動の専門家である彼は、テロ組織ETAに関するXNUMX冊の本を出版しています。 彼は報道の自由と協力し、さまざまなテーマに関する講演を行っています。

90年代初頭、消滅したユーゴスラビアの破壊の結果として、当時のヨーロッパで最大規模の戦争紛争のXNUMXつが発生しました。以下のようなものと呼ばれていました。 バルカン戦争。 13 年 1992 月 XNUMX 日、ラドヴァン カラジッチという名前の精神科医が、いわゆる国家の初代大統領に就任しました。 スルプカス共和国、 カラジッチが史上最大の殺人者、大量虐殺者の一人として知られるには、わずか1996年で十分だった。

ラドヴァン・カラジッチは、19 年 1945 月 XNUMX 日にモンテネグロ地域 (ユーゴスラビア) のサブニク近くの小さな自治体、ペトニツァで生まれました。彼の父親:ヴコ、過激派グループの元メンバー チェトニク、 彼は生まれてから数年後に逮捕されました。彼はなんとか勉強できましたが、そのためにはボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボに行かなければなりませんでした。 1960 年に彼は精神医学と心理学の研究を統合し、コソボの病院で働くことに成功しました。

1986年にセルビア民主党を設立した。第二次世界大戦でユダヤ人と下層階級の絶滅が提案されたとき、ヒトラーの考えが世界にアーリア人種の覇権を確立することであったとしたら、ラドヴァン・カラジッチの考えは、この超正統派ナショナリストが世界に実行することだった。バルカン半島は、ロシアとギリシャの黙認を得て、 大セルビア。 この夢は、今日でも、正教会の族長を含む、この地域の多くの寡頭政治家や政治家にとって見知らぬ人ではありません。

これを達成するために、90年代にはサラエボとボスニア・ヘルツェゴビナの地域に存在するイスラム教徒のコミュニティの問題がありました。この紛争は当初カラジッチによって知的に考案され、当時のセルビア大統領スロボダン・ミロシェビッチの支援を受けて計画された。そしてその日(1992年から1996年)、ヨーロッパの中心部で過去30年間に経験されたイスラム教徒起源のヨーロッパ国民に対する最大の虐殺が始まった。ヨーロッパ諸国はすべて惨めに失敗し、キリスト教ヨーロッパの中心にあるイスラム教徒のコミュニティは時代錯誤だと考えられていました。その凶悪な挟み撃ちについて、おそらく今日最も多くの反響を呼んだのは次の見出しだろう。 サラエボ包囲戦。

Balc1 ラドバン・カラジッチ、精神科医とサラエボ虐殺

サラエボ包囲

サラエボ包囲は、間違いなく絶滅収容所を含む本格的な民族浄化とみなされた。サラエボでは何千人もの女性がレイプされ、さらに数千人がパンの行列の中で手榴弾を投げられ、引き裂かれて殺害された。狙撃兵たちは、子供を含む、道を歩いていた人や食料を買いにあえて外に出ようとした人々を容赦なく殺害した。

数年間誰も何もしなかったが、スロボダンとラドヴァンは虐殺を包囲し容認することで権力を享受し続けた。当時、男性、女性、子供は容赦なく絶滅されたが、1995年にカラジッチ自身がスレブレニツァで命令した虐殺は特に血なまぐさいもので、ボスニアのセルビア人部隊を個人的に指揮し、国連加盟国にとってさえ危険な地域を作るよう彼らに奨励した。実際、数年後に彼が戦争犯罪で告発されたとき、彼は国連メンバーの誘拐を命令したとしても告発された。

これらすべてを達成するために、彼の講演と人間の行動と大衆操作に関する知識は、演説で信奉者たちを怒鳴りつけ、彼らが行っていることすべてが民族のない大セルビアの実現という偉大な目的に利益をもたらすものであると売り込むのに役立った。そのレースには及ばない。

bos3 クロップ ラドバン・カラジッチ、精神科医とサラエボ虐殺

包囲された都市におけるネクロファジー

このようにして、世界の他の国々の無策に直面しながら、数か月が経過しました。ロシアはイスラム教徒の絶滅を歓迎したが、ヨーロッパの他の国々は生ぬるい演説で沈黙を守り、米国は和平計画の進展を期待して語った。しかし、ボスニアの国連大使が包囲された都市での死体貪食事件を非難したとき、政治的に何かが変化したように見えた前述の対立についての意見: おそらく、それらの人々のために何もしていないことの恥。

その狂気の人物によって促進された戦争の野蛮さと不当な行為にさらされた貧しい人々の社会的、人間的劣化は、一部の地域では、自分たちを養い、少しでも生き残るために死者を食べることになったほどでした。さらに日数がかかります。人道援助が届くことを願っています。しかし、このチームには、スロボダン・ミロシェビッチとラドバン・カラジッチというその名前自体に重大な障害があった。

国連本部、スペインの機関EFEが発行したメモの中で、次のように発表した。

「ボスニア・ヘルツェゴビナの東部2都市の生存者が食料不足のため死者を食べていると、同国のモハメド・サシルベイ国連大使が火曜夜に報告した。

ボスニア代表は、この情報はトゥスラ地域の軍司令官から提供されたものであると指摘したが、ザパとセレスカの町で死体貪食の症例が何件登録されているかについては詳細を明らかにしなかった。

セレスカ市に向かう人道支援物資を積んだ車列は、ボスニア・セルビア軍によって国境で4日間封鎖されており、「移動していない」とサシルベイ氏は付け加えた。

「複数の国連機関と調停者のサイラス・ヴァンスは、セルビアのスロボダン・ミロシェビッチ大統領とボスニアのセルビア人指導者ラドバン・カラジッチに、船団がその地域を通過できるよう支援を求めた。」

しかし船団は通過せず、他の多くの船団と同様にセルビア軍によって略奪された。世界各地の紛争でひどい状況下で活動していた国連人道援助機関UNHCRでさえ、ボスニアでの活動の全面停止を発表した。国連難民高等弁務官事務所代表の緒方貞子氏自身が当時、次のように発表した。 …セルビア人は、100,000万人が暮らすボスニア東部の包囲地域への我々の護送船団の接近を拒否し、クロアチア人は他の地域への支援の配分を困難にしている。」

bos2 1 ラドバン・カラジッチ、精神科医とサラエボ虐殺

紛争の終わり

14年1995月XNUMX日にパリでデイトン協定が締結され、ミロシェビッチ、イゼトベゴビッチ、トゥードマンが紛争後の遺灰と死体を分かち合うことで戦争は終結する。領土も同様です。

200,000万人近くが殺害され、1,300,000万人以上の難民や亡命者が発生し、その大多数がイスラム教徒であった。この地域では、紛争前は人口の90%がイスラム教徒でしたが、紛争後はほとんど人が残っていませんでした。

国連軍が到着すると、何百もの集団墓地と強制収容所を発見しました。その写真は、捕虜の状態がナチスの絶滅収容所で経験した恐怖を決して羨ましいものではないことを示しています。一部の年代記ではほとんど語られることのない本格ホラー。約320人の国連兵士も亡くなったことを思い出してください。大人でも子供でも、20,000万人から40,000万人のイスラム教徒女性がセルビア軍によって強姦された。この情報により、民族浄化と大量虐殺を実行するための戦争兵器として集団強姦が初めて考慮されるようになった。

その惨状を目の当たりにした国際刑事裁判所は、1995年に特にラドバン・カラジッチを大量虐殺、人道に対する罪、戦争法違反などの2008件の罪状および長期にわたる罪で起訴することを決定した。しかし、彼は金を持って逃げ出すことに成功したが、何よりも彼の中にヨーロッパ最大のイスラム教徒の要塞を破壊することに成功した指導者を見出した多くの熱狂的な信者たちの助けがあった。それが彼に世界各地の極右運動の共感をもたらした。 XNUMX年にイギリスで逮捕されるまで、彼はドラガン・デイビックという偽名で医師および代替医療の専門家として働いていた。

OIPの代表者ラドバン・カラジッチ、精神科医とサラエボ虐殺

サイコパスの精神科医

医師および精神科医としての知識と訓練により、ラドヴァン カラジッチはドラガン デイビックというキャラクターを作成し、コミュニティ内で注目されるようになりました。彼はウェブサイトさえ持っていました。 ドラガンダビック.comそこから、白髪と同じ調子の長いひげを生やした気さくな外見の彼は、患者を治療し、ゴラン・コギッチがディレクターを務める雑誌『ヘルシー・ライフ』に代替医療に関する記事を執筆することで、代替医師として生計を立てていた。そのニュースを聞いて、彼はこう言った。 「誰もが私が出会った人と友達になりたいと思ったでしょう。

間違いなく、彼の狂信は彼の人生の最も暗い時期の一つに決定的な役割を果たし、また多くの人によると、年長者の世話から何千人もの人々の殺害または殺害命令まで行ったため、ある種の精神病質を伴っていたという。 。

2016年40月、ハーグの刑事裁判所は同氏に懲役1992年の判決を下したが、後に終身刑を言い渡されたが、これは同氏が1995年からXNUMX年にかけて大量虐殺と戦争犯罪で有罪とされたためである。判決が言い渡されたとき、ハーグの国際裁判所では数百人の信者が暴動を組織し、大きな問題を避けるために警察が強硬手段に出た。

著者の注釈:

バルカン戦争と、セルビアの急進的な政治家で精神科医の人物を混ぜ合わせたこの年代記の中で、私はこの紛争の真の根底にある宗教的急進主義を観察する機会を逃したくありませんでした。時々、世界の一部の議会が、現在世界の一部の議会で起こっているように、新しい信念に関連して、それらが宗派であるかどうか、または残念な行動を避けるためにそれらに対抗する方法を決定するために立法するとき、彼らは見られていない。歴史を超え、大宗教間の過激な対立が引き起こすものについて。

宗派や他人の信仰の問題について話すとき、私たち自身の信仰を生み出すイデオロギー的な観点からではなく、オープンな方法で語られると便利です。 1990年代にバルカン半島で起きた紛争は、何よりも民族と宗教の対立である。たとえば、ガザ地区で現在起こっていることとは異なります。何かはまた別の機会に分析したいと思います。

参考文献.

カラジッチ氏、大量虐殺で有罪判決を受けた代替医療の「第一人者」の物語 – BBCニュースムンド

バルカン戦争とカラジッチ自身についての言及については、インターネット検索エンジンを使用して、考慮すべき情報をすべて検索することをお勧めします。同様に、あの紛争で何が起こったのかを示す、さまざまな場所で見つかる恐ろしい写真を見てください。

もともと LaDamadeElche.com

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-