11.3 C
ブリュッセル
4月の金曜日、19、2024
ヨーロッパ海上の安全:船舶からの汚染を阻止するためのより厳格な措置に取り組む

海上の安全:船舶からの汚染を阻止するためのより厳格な措置に取り組む

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

EUの共同議員らは、欧州海域における船舶による汚染の防止と加害者への罰金の確保に関するEU規則を更新することで事前に合意した。

木曜日、議会と評議会の交渉担当者は、船舶による流出油の排出に関する既存の禁止措置を下水とゴミにも拡大するという非公式合意に達した。

船舶からのより多くの種類の流出の禁止

この協定によると、石油や有害な液体物質など、船舶からの排出が禁止されている物質の現在のリストには、下水、ゴミ、スクラバーからの残留物の排出も含まれることになる。

欧州議会議員らは、海洋プラスチックごみ、コンテナの紛失、船舶からのプラスチックペレットの流出も罰則の対象となるかどうかを評価するために、この規則を国内法に置き換えてから5年後に規則を見直す義務をEUに取り付けることに成功した。

より堅牢な検証

欧州議会議員らは、欧州委員会による警告を受けて、EU諸国と欧州委員会が汚染事件、汚染に対処するためのベストプラクティス、フォローアップ措置についてより多くの情報を伝達することを保証した。 欧州言語 石油流出と船舶探知のための衛星システム、 クリーンシーネット。不法放流の拡散を防ぎ、検出できなくなることを防ぐため、合意文書では信頼性の高い CleanSeaNet 警報をすべてデジタルチェックし、その少なくとも 25% を所轄の国家当局が検証することを目標としている。

効果的な罰則

EU諸国は、これらの規則に違反した船舶に対して効果的で抑止力のある罰金を導入する必要があるが、刑事罰は別の法律で対処されており、議員らはすでにEU政府と合意している 最後の11月。暫定合意によれば、EU​​諸国は、抑止力を確保できないほど低い水準の罰則を設定してはならないとされている。

見積もり

EPラポーター マリアン・ジャン・マリネスク (EPP、ルーマニア) 「私たちの海の健全性を確保するには、法律だけでなく、強力な執行も必要です。加盟国は海洋環境を保護する義務を怠ってはならない。不法排出を効果的に根絶するには、衛星監視や現場検査などの先進技術を活用した集中的な取り組みが必要です。罰則はこれらの犯罪の重大さを反映し、真の抑止力として機能する必要があります。私たちのコミットメントは明らかです。よりきれいな海、より厳格な責任、そしてすべての人にとって持続可能な海洋の未来です。」

次のステップ

暫定合意は依然として評議会と議会の承認が必要だ。 EU諸国は、新たな規則を国内法に置き換え、施行の準備をするのに30か月の猶予が与えられる。

経歴

船舶発生源汚染に関する指令の改正に関する合意は、 海上安全パッケージ このパッケージは、安全と汚染防止に関する EU の海事規則を最新化し、強化することを目的としています。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-